ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ロイヤル・ウェディングを見ていて 思い出したんですけど・・・・。

真っ白な馬が颯爽と走る、馬車に乗って 沿道のみなの衆に手を振るという・・・。

あれ、日本で ○○高原の教会が有名ですよね。
あれをやりたいがばっかりに あそこで式をした友達、いました。

また、広告も 風そよぐ緑をバックに 素敵な花嫁が馬車の上から 笑顔で手を振っているという、まるで ロイヤル・ウェディングのような そんな雰囲気でした。 今 思えば・・・・。

で、当時、私も招待され、その広告の印象に胸をふくらませ、参加しました。
当時は 私も若かったので これでも もっと 純真だったのですよ・・・。

し、しかし、出てきた馬が・・・・。
真っ白の馬ではなく、はげっちょろげの ブチというか、なんというか・・・。

しかも 園内を1周だけして終わり という まさかの すげー短さ。
「えぇ?もう終わり??」
って 目を疑いましたわよ。

だって ロイヤルウェディングだったら 遠くかなたの見えなくなるまで 見送るわけじゃないですか。
その印象が強すぎたためなのか かなり びっくりしましたね。
だって 速攻に 戻ってきちゃうわけですからね。

まるで、ディズニーランドのアトラクションのようでした・・・。

個人的には あれで 夢砕かれました。
所詮、こんなもん・・・って。

あぁ、大人になるって こういうこと・・・・。
世の中の 大人の事情を知っていくという・・・。


それと、印象に残っているのは 都会の中に 新しくそびえ立った、結婚式場。

なんかねぇー、、、、、最初 見たとき ラブ・ホテルかと思いました。

その中のチャペルっていうのも なんだか、一生懸命 ヨーロッパの歴史ある教会の真似してる という感じで やっぱり 印象は ディズニーランドのアトラクションでした。


まぁ そんなんで 大人になって 夢を見れなくなったというのもありますが 私は まったく 結婚式といものに こだわりはなかったです。
むしろ、仰々しくやりたくなかったので、今でも 招待客は証人のたった2人だけ というスタイルの私達の結婚式は誇りに思ってます。

写真は 数枚あるけど それだけ。
ふふ・・・。
思い出はプライスレスなのだよ・・・。


で、今回のロイヤル・ウェディングと言えば あの、例の司教があまりにも興奮して 身振り手振りで大袈裟に話していため、私は 司教の前にあるキャンドルが 落ちるんじゃないかと はらはらしながら見てましたよ。
結構 揺れてたんで・・・。

落ちちゃったら それこそ、「You've Been Framed!」という、ハプニング大賞みたいな番組に 使われるんじゃないかとか いろいろ思ってししまいまして。

うちの近くのおばちゃんは その司教のなっが~い、だっる~い 話に
「誰か、うるさい!黙れ!って 言えばいいのに。」

と言ってましたが・・・・・。









[PR]
by otanko-aubergine | 2018-05-21 22:26 | 単なる 独り言 | Comments(6)
今週末に迫りましたね~~。
ロイヤル・ウェディング。

でも、何回も言うようだけど ここは 田舎。
ロンドンなんて 日本からロンドン見てるのと なんら、変わらないんですけど・・・と、いう感じ。

盛り上ってるのかといったら 微妙だし・・。

ただ、それに便乗して ティーパーティーが開かれるらしいっすよ。ここの建物内で。
もちろん、私は バリバリ 不参加ですけど。

いや、土曜日ったって 忙しいから そんなことしている暇はないのじゃ!


一応、国際結婚なんですよね。あの方達も。。

いろいろ 言われてますが、王位継承順位から見たら 限りなくないでしょう って感じの方なので ゆる~いんじゃないですかね?
勝手な想像ですけど。

今 ものすごく大変な思いをしているのは 嫁になる本人よりか キャサリン妃のような気がします。
結婚式で 完璧な着こなしをするため 毎日 必死こいて 産後の体を鍛えてると思いますよー。

それでもって
「まぁ!3人目を数週間前に出産なさったばっかりなのに!なんとまぁ!この スリムなボディー!!」

と言われたいがため っていうか。
なんか 目に見えてんだよね~~~。


そして これからは あつーい女同士の戦いが始まるんじゃなかろうかね・・・

別々な公務の場合はいいけど・・・。

エリザベス女王の誕生日のような みなが一緒に集まる場では・・・。

ものすごそう。。。
もちろん 水面下でね・・・。

そしてマスコミがこぞって 書きたてるんじゃないのかねぇ~・・・。

それでもって 誰それが着てるコートのブランドがどーとか、クリームがどーとかって・・・。

国の最高レベルの人達の 持ち物とかなんかねぇ・・・・。
うちら庶民と 違いすぎて 興味すら もてないんだけど。


まぁ こんなことを言うのもなんですが 長く続くといいねぇ~・・・・って思うのは 私だけかしらね・・。


[PR]
by otanko-aubergine | 2018-05-17 22:50 | 単なる 独り言 | Comments(10)
日本もらしいですが ここイギリスでも 先週の前半は 寒くて凍えてたのに 最近は 良いお天気が続いてます。

また 寒くなるらしいですが・・・。

この「お天気」っていうのが やっかいで、とても嬉しいんですが、家に引きこもってると ものすごく罪の意識に悩まされます。

っていうのも、ここは すぐにまた くらーい、どんよりした空になるので 日がさんさんと輝くと もったいないから 1分でも無駄にしないように なんでも中断して 何を差し置いてでも 外に出て日光浴しなくちゃ!
ってな意識になるんです。
それは とてもよく分かります。
普通の人ならば・・・。

なので、何もない日に天気が良いと 実は とっても 嫌な気分になるんですね・・・。
だって 外に出なくちゃいけない、強迫観念にかられるので・・・。
これが 休みの日に雨とかだと 家に引きこもってる言い訳が出来るから 結構 好きなんですが・・・。


で、そんな罪の意識を感じるならば 外に出てしまえ!っと思い立ち、重い腰を上げて夫を連れて 公園に行ったのです。

外に出れば、出たで、やはり 気持ちはいいし、来てよかったな とは思うんですけどね。

そして 天気の悪い後の お天気というのは みな 外に出たがりますから 結構 混みあうんですね。

なので そこのベンチに座って 行きかう人を眺めてました。

カップルやら、家族連れやら、犬の散歩かな?という人など たくさんの人達が 行きかいます。

前にも書きましたが 私は犬が嫌いです。

可愛いとは思うんですが あの バフバフされると 汚い って思ってしまいます。
撫でてあげたいのは やまやまなのですが その前に 撫ぜた後のこの手はえどうするのか?? ということが頭をよぎり、安易に触れたくないという・・・・。

犬も人間と同じで こちらの気持ちを察してくれ シカトしたり ぷいっと 向こうに行ったりする犬もいるんですが、空気の読めない犬は そんな こっちの気持ちはお構いなしにに すりすり寄ってきたりするんです。

飼い主の手前、邪険にも扱えないし、ほんとに 困るんですよ~~。

で、夫とベンチに座って 行き交う人を眺めていると・・・。

犬を連れた、ちょっと若めのおばさん・・・。
その犬が うちらのすぐ横に座り込んだんです。

また~・・・。
空気読めない犬が来たな~ 程度に思ってました。

飼い主の ちょっと若めのおばさんが
「ほら、何やってんの!そんな所で! 行くわよ!!」
と促し、引っ張っても その犬は うんともすんとも動かない。

いやだー、
ほんとに この犬 空気読めないわぁ。
うちらが 犬 嫌いだっつうのに、ぴったりと隣に来て 動かないなんて・・・・・

と思っていると・・・・・。
なんと その犬は!!!!ブツをしだしたじゃあ あ~りませんか!!

おばさん「あらっ!!まぁ~~~、超~失礼ねぇ!!!」
と、あわててたけど、う、うちらは 固まって そこから動けず・・・・。

見ないように・・・と思っても すぐ隣なので どうしても 最後まで見守るはめに・・・。

もちろん、その飼い主の、ちょっと若めのおばさんは 平謝りをしながら ビニールで 後始末はしましたが・・・・。

こいつ・・・・。うちらが犬が嫌いというのを感じ取って わざと やりやがった、確信犯だな。。。と、この犬の顔をみたら ふつふつと怒りが湧いてきました。 でもこの犬は 全く動じず、何食わぬ顔をして 行ってしまいました。

・・・・・。
罪悪感を払拭するために むりやり外に出たけどさ・・・・。
せっかく やっぱり来てよかったと思ってたのに・・・・。
こ、この仕打ち・・・??
・・・・・・と、がっくりきた 週末の出来事でした・・。

くそーーーっ!!(←おやじギャグです)

[PR]
by otanko-aubergine | 2018-05-10 06:48 | イギリス生活 | Comments(4)

by otanko-aubergine