ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

もしも 一人の時間が出来たら どうしますか??

まる1日じゃなく、実質、6時間くらいですが・・・。
ちょっと 微妙な時間ですよね。 うんと長くもなく 短くもなく・・・・。

誰かを誘って お茶してみるとか・・??

って、誰か って誰よ・・・。 と、友達 いなかった・・・。
つうか、なんだかんだで みんな 忙しいんだよねぇー。そんな都合よく空いてる人なんて いないのよ。
私の友達の数から言って・・・・・。

でもさー、なんといっても 天気によるでしょー??
快晴!だったら いいけど 雨降って さむーい中、出掛けたくない気も・・・。
でも、もし 友達と約束をしてしまったら
「雨降ってるから 止めよ」
なんて言えないから やっぱり これは 一人で 一人きままを楽しむべし!!!

なーんて思って 心の準備をして その日を迎えました。


その日は 天気もよくて 少し 寒かったですが とっても 気持ちいいような天気だったんです。

旦那が出掛けて、いなくなって、 さあて・・・。何をしようかな。

まずは 台所を片付け、部屋を掃除しようっと・・・・・。

そこで、掃除機の吸い込みが悪くなっていたので 中身のごみ袋を交換・・・。(旧式の掃除機です)

と、同時に 部屋のいらないものの整理が始まり、大量にゴミを分けて ゴミ出しをして 午前中を 終えました。

お昼を食べて、夜ご飯の買物に行こうと 出かけることに。

今日は時間があるから じっくり焼く ローストものにしようかなー・・・。
ついでに お菓子とかも 焼いちゃおうかな・・・。

1件目の近くのスーパーに行ったのですが 

「時間もあるし、やっぱり あっちの大きいスーパーに行ってみよう!」

と 少し離れた大きいスーパーに行くことに。

しかしですねー・・。いつも この大きなスーパーに来るときは 旦那が一緒なため、障害者用のスペースに車を置いてたんです。

でも 今日は私 一人ですので もちろん 使えないし、遠い所に駐車するのも構わないのですが なんたって駐車スペースがない!!

ぐるぐるその辺を周りまくって、苦労して やっとこさ 駐車スペースを見つけて いざ スーパーに!

駐車スペースが物語っているように 店内は 混んでました。

あれやこれや いつもは 旦那を待たせているので じっくり見たりできないのですが 店内をウロウロ行ったり 来たりして 普段、混んでる店内に殺気だって買物する中、ぶつかってくるトロリーにも 余裕の笑みで かわし、ゆっくりと 買物を終え・・・・。

今日は 旦那の大好きなローストディナーよ!!
さ、帰って 準備しよ!!

と、車を走らせ 家に帰ってきました。
たくさんの荷物だったので 2回にわたって 運び出したのですが その2回目に行く途中・・・・。

だ、旦那が帰って来た!!!

ええー!も、もう そんな時間!!!????

しかも まだ 帰って来ないと思って 玄関に 買物袋、第1段を 広げたままで 旦那は またいだりできないから 通れないよー・・・。

私は また 部屋まで(ちなみに 4階です)もどって 玄関の買物袋を台所に運び、もう1度 車まで 戻るはめに・・・。

今日は 一体、何回 この階段を往復してんじゃ・・・・。


ということで 私の期待していた 一人の6時間は 掃除と買物で 終了してしまいました・・・。

ほんとは ブログ更新やら ネットでレシピ探したり、お菓子作ったり、 DVDを一人で日本のもの見るとか いろいろ 考えてたんですけど なんもできずに終わりました。(涙)

しかも ローストディナーは 旦那が予定より早く帰ってきたため(自分の中では) 下準備が遅くなり 遅めのディナーになってしまい ちっとも 予定通りに事は はこびませんでした・・・・。


そして 次の日は 普段の日より もっと 疲労感を味わったという・・・。

は、張り切りすぎた・・????




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2013-11-25 23:29 | イギリス生活 | Comments(9)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2013-11-21 21:31 | ファン限定記事
この前、いつものように 旦那を脳卒中の人達のためのジムクラスに連れて行って 待ってる間 他の奥さん達と お茶しているとき 一人の奥さんが こう言いました。

「この前、聞いた話なんだけどさ~。 ある奥さんの旦那が 脳卒中になって 介護が必要になって その奥さんは 8年間 旦那につきっきりで介護をしてたんだって。
でも、その後、突然 心臓発作で倒れて そのまま 亡くなったんだって。
それを聞いたら ほんと 人生楽しまなくちゃねーって思って。あんた達も 自分の好きな事をした方がいいわよ。」

と 言ってたんですが、それを聞いて 私は そうは思わないんですよね。

8年間介護を 必死にやり その後 亡くなってしまって 可哀想と、人が見たら 思うかもしれない。

でも、もしかしたら その人は それで 幸せだったのかもしれないじゃないですか。

私も もし とつぜん 心臓発作で帰らぬ人となってしまったら 今は 旦那の事が 心配で死んでも死にきれないと思いますが その他の部分では 自分は 今まで さんざん好きなことやってきたし 本望だと思ってます。

でも 人から見たら
「otankoちゃん、イギリスくんだりまで行って 旦那の介護して それで 今度は自分が倒れて そのまま死んじゃったなんて 可哀想だね~」

ってなるのかもしれまんせんよね。

でも 別に私は そうは思ってなくて むしろ 人生を十分に謳歌した、幸せの人生だった くらい思うだろうし、そして それを 人に判断される事でもないと思うんです。



やっぱり 「旦那の介護」と 一口に言っても その家族構成や背景や、関係も それぞれに 全く異なるので それぞれに 違う考えになるんだなぁ と思いました。

基本的に 脳卒中の人達の 家族の悩みというのは どれくらいの間、この治る見込みのない介護をして生活しなけばならないのか

という 見えない先と戦わなければならないのが 焦点なんですよね。

その話をしてくれた奥さんは 脳卒中で 動けない旦那さんを ケア・ホームに一時 預けて ご自分で ホリディーで 旅行に行ってました。

その方は それで 息抜きになって 楽めるなら いいんじゃないですかね。

その方の旦那さんも ケア・ホームは快適だとおっしゃってたし、彼女が出来た!(冗談??)って 言ってましたから 両方が 楽しめているんですもの。



・・・・でも、私たちは・・・・・。

「限られた時間を 最大限に 普通に生活をして一緒に楽しみたい」

これに尽きるのです。

ほんの些細なこと、一緒に ご飯を食べたり、買物に行ったり、今日の予定を決めたり、テレビを見る・・・・

もちろん 文句言ったり 言い合いになることもあるけど、そんなことが あと どれくらいの間 平和に続けられるのかと考えると すごく貴重な事に思えて、そして これが 今の私の最大の幸せと喜びなんです。

私は もっともっと 日常が欲しいから・・・。


よく子供のころ言われました。

「あれ、ほしー。みんな あれ持ってるもん!」

「よそはよそ、ウチはウチ!」

これは 大人になっても 当てはまると思います。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2013-11-16 23:21 | イギリス生活 | Comments(20)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2013-11-12 02:55 | ファン限定記事
私、パーセンテージが嫌いなんです。

よく
「○%の人が ××になる」
「△%の人は □×している」
とかなるものを 見かけます。

それが 80%の人なら、 ほぼ 「ほとんどの人が」と言う風にとられるでしょうね。

でも それだって 20%の、あてはまらない人だっているわけですよ。

だったら そんな 統計なんて 意味がないじゃないか って 思ってしまうわけなんです。


私が ものすごく 感じたのはですね・・・・。

私が日本にいる時に聞いた話ですが

「40歳以上になると 初婚で結婚出来る可能性は 1%」
って言われてたんですよね。

1%ですよ??それって ほとんど 無理 ということを言ってますよね。
まぁ マスコミも そうやって 煽りますよね。

でもね、私 40歳以上で 初婚同士で結婚している人 たくさん知ってます。

50歳で 初婚同士で結婚した人も知ってます。

ってことは ほんの1%だけれども その1%の人が たまたま 私の周りに たくさんいたということでしょうか??

そう考えると なんだか パーセンテージに縛られるのって アホらしくありませんか?

大切なのは 人それぞれ だと思うんです。

無理と言われてても 無理じゃなことを証明出来る 第一人者になれるかもしれない。

なったら いいじゃん。


人それぞれの 生き方、価値観、体があって 全てにおいて 一般的にと ひとくくりに出来ないんじゃないかと思うのです。


そして そこは 自分を信じる という所に 繋がっていくんだと思うんです。

自分を信じられるからこそ、自分だけの記録を作っていけるし、
「才能」というのも どれだけ自分を信じられるか ということにかかってると思うんです。

けれども 「自分を信じる」ということが 一番 難しいことなのかもしれませんけどね・・・。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2013-11-09 22:53 | Comments(17)
なんだかんだと 忙しかったり 体調悪かったりで ブログ更新できませんでした。

で、ブログって やり始めると 無限にアイディアが沸いてくるんですけど ちょっと 書かないと 何を書いていいか分からなくなる・・・・という 不思議なやつです。

なので 何から 書いていいか 分からないんですが・・・。

この前、 牡蠣食べたら あたりました・・・・。

私だけ・・・。

でも 私だけでよかったよ・・・。神様、ありがとう。旦那は無事にしてくれて・・・。


いや、私達 牡蠣が だーい好きなんです。

私の牡蠣好きの原点は 広島でして・・・・。

友達が広島に住んでいて 会いに行った時、 観光で 宮島に行きました。

で、その時 私 牡蠣って 興味なかったんです。

父が好きで いつも 父の誕生日は 牡蠣フライだったんですけど 正直 生臭くて 食べられなくないけど あまり好きとはいえなかったんです。

で、宮島に来て ランチで なんかを頼んだ私だったのですが 友達が、食べていた牡蠣フライを 一つくれたんです。最初は そこまで 牡蠣フライのファンじゃないから いいよ と断ったんですが 無理矢理に近い形で くれたんです。

そして 食べてみたら・・・。

ぜんぜん 生臭くない!!

お、おいし~~~~!!何これ!!?? と、東京で 今まで食べてきた牡蠣とは 全然 違うやないかーい!!!

ふわふわの さくさく~~!!

ってことで その場で目覚めまして 1分後には 焼き牡蠣を たんまり注文していた私・・・・。

そこから 牡蠣に、それも 広島の牡蠣に目覚めまして よく 会社のみんなと この時期になると 食べに行ったり、仕事半分の出張で 行ったりして よく 牡蠣づくし の料理を食べたりしてました。

あー、懐かしい・・・・。


それでもってですね、 この間 魚屋に行ったら 岩ガキがあったので たんまり買ってきたんです。

でも もちろん 怖いから 生では 食べたくないので グリルしたんですが 焼きが甘かった所があったんじゃないかと 推測・・・。

食べた翌日は ずっと なんだか具合が良くなくて 夕方には 嘔吐、発熱しましたので 多分 ノロだと思われます。

でも すっかりと 立ち直ったので 大丈夫です。

それでも 牡蠣は また 食べたいと思います。

でもね、殻を開けるの ものすごーーーく 大変なんです。すんごい 時間かかるんです。

でも その分 すんごーーーく 美味しいんです。


オイスターバーで たんまり 食べるのが 私の夢なんですけど やっぱり 広島の牡蠣も捨てがたい。

また 魚屋で発見したら 買っちゃうと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2013-11-03 22:16 | イギリス生活 | Comments(12)

by otanko-aubergine