ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

2013年 10月 26日 ( 1 )

この前、友達から 映画のDVDを借りていたんですけど すっかり 忘れていて 催促されたので 慌てて 見ました。

ってか、この映画, 特に 私が見たいと思って 借りたものじゃないんだけど なぜか 友達が 突然 無理矢理に近い形で貸してくれたのです。

で、自分の趣味じゃない映画って ほんとーに見るのが 苦痛じゃありません?
どんなに ナントカ賞をとってる 傑作と言われる映画であっても 趣味じゃないと めんどー・・・・。

けれど 明日返さなくちゃいけないし・・・っていうんで 仕事のように 半ば強制で見たのですが、今の私にとっては ものすごーく なんだか 複雑な気分にさせられる映画だったんですよ。

思うんですけど やっぱり 「死」っていうのは ドラマティックな要素を含んでるから 映画やドラマになりやすいんですよね。

けど 今 現実に差し迫っている私達のような、見てる側としたら、特に 旦那と一緒に見ていると ものすごく 気まずい雰囲気になり こっちも 色々 考えちゃうし ほんとに まったく 楽しくも、感動もありません。

それだけ 心が異常になっているのかもしれないけれど 感情移入がしにくいのです。

私は 感想を言わないといけないから 途中で止められない・・・・と思いながら、なかば しょうがない って気持ちで 最後まで見ましたが 正直、なんで この映画を突然 私に勧めたのか、意味が分からず その人の人格まで疑ってしまいましたよ。(因みに その人は日本人ではありません)


今、ほんとに 多いんです。ドラマにしても 映画にしても。

病気で 死ぬとか 事故死で帰らぬ人となるとか、そういうたぐいのものが。

なので、じゃぁ 面白い、コメディードラマでも見ようと思って 見てると 最初は楽しいんですけれど、突然 お笑いの中に 
「○○の病気になって オレは もう、すぐに死ぬんだー」
とか 笑う所で入ってたりするんですけど まったく 笑えず、しかも その病名が旦那の病名とぴったりと同じだった時には 2人で凍りつきましたよ。

せっかく楽しく見てたのに ぶち壊される。

なので テレビというのも 時に ものすごく 怖いんです。
突然 楽しかった時間が ほんの一瞬で凍りついてしまって お互いに よそよそしてくなってしまったりするんですもん。


軽々しく笑いの中に入れてほしくもないし、話の筋として ドラマティックだから といって そういうのも 止めてほしい。

「感動」ったって それは ちょっと 違うんじゃないの?って 今の私は 思ってしまいます。

それは まったく 関係のない、まったく世界の違う人間が見るから 「あー、可哀想」って 感動と呼ばれている涙を流すのかもしれませんが(昔は 私も そうでした) 常にそこの世界にいる私達にとっては 現実なので まったく そんな気分にならないんですよね。


「死」というテーマを簡単にとりあげすぎているんじゃなかろうか。

「感動の傑作」といっても 結局は 誰しもが 涙できてしまう、「死」というもので 涙を誘う。

あまりにも 簡単というか 安易というか・・・・。

もちろん、人間は生まれて 死んでいく。どんなに 仲良く家族として連れ添ってきても 必ず別れが待っている。どんな形であれ。

それは 分かってます。

でも 私達からしたら そんな簡単なものじゃないんですよね。

どんな気持ちで、どんな思いで、「死」と向き合っていると思ってるのか。

って ほんと 腹だたしくなるんです。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2013-10-26 05:05 | イギリス生活 | Comments(14)

by otanko-aubergine