人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

ささやかな楽しみ

私が 毎日のささやかな楽しみにしているものに フレンチ・三國シェフの ホテル・ドゥ・ミクニさんの動画があります。

毎日、簡単レシピを紹介してくれて、月初めには その月のレストランでのメニュー。
そのメニューが どうやって作られていくか。
普段、簡単レシピを紹介してくれる時とは 全く違う、厳しい仕事の顔が見れたり、夢のような アートというべき一皿に ただただ ため息ものだったり、いろいろと 非常に興味深いです。

簡単レシピも 本当に簡単なので 私でも作れるし、ちょっとした ポイントを教えてくれたり、この動画のお陰で レパートリーが増えましたし、こっちにいるうちに 手に入れやすいものを買って試してみよう っていう気持ちになりました。
日本では なんでも手に入るとはいえ、お高いですからね。
例えば、マッシュルームったって こっちは 1パック 100円くらいなもんですからね。

で、年始めの動画は シェフの自伝のお話だったんです。
スイス大使館の料理長に任命され、スイスに赴き、コース料理すら作ったことないのに・・・・と、ひたすら 現地のレストランに研修に行き 学んだと・・・。

で、もちろん 門前払いされることもあった と。。。
まぁ 詳しくは ホテルドゥミクニさんの 今年の1月1日の動画を見ることをお勧めしますが、なんか 心にぐっときました。

っていうのは こっちにいると、アジア人が どういう扱いを受けるか、どういう風に 思われてるのか、が 分かってしまうので 断られ方とか そのほか もろもろ想像がついてしまって・・・。
ましてや、約50年前の話ですからね・・・。

でも、若さとは ほんとに いろんな意味で すごい!!!
やっぱり 外国って 若いうちに、何もない、マッサラなうちに 来るところなんじゃないか・・・と 考えてしまいました。
間違っても 私のように 縁もゆかりもないのに 年老いて、のこのこ来ては行けない!!と・・・・!!

でもね、万人が万人、三國シェフと同じようにやって 三國シェフのようになれるとは限らない。
まぁ 試さなければ 道は開けませんが・・・。
そこが いろいろと難しいですよね。
成功した人の話を聞くと 「自分もできる!」と 若者だったら 思ってしまうと思うんですが それは 才能も、そして運にも恵まれている、ほんの一握りの人だと思うんです。
運というのは もちろん、人との出会いも含まれます。

そして 三国シェフも 別の動画でおっしゃってましたが、
「本物のフランス料理は やっぱり フランス人にしか作れない」
という事実に直面して 挫折して日本に帰ってきた と、おっしゃってます。

それも、こっちにいると その感覚は 痛いほど分かります。
やっぱり 食は「文化」なので いくら技術だけが長けていても、こちらの人の舌に合わせるのは 大変だろうなぁ と 想像は 簡単につきます。
シェフって調理するだけじゃなく、新しいメニューを考案しなくてはいけませんからね。。。。
それも 毎月、毎月、、、それを続けている限り ずっと・・・・。
創造の仕事でもあるんですよね。

あぁ 日本に帰ったら 絶対に ホテル・ドゥ・ミクニさんに行きたいと これまた 私の夢です。
ランチだったら 頑張れば一生に1回くらい行けそうかな。

あ、でもね、それこそ 私はこっちで 同レベルの高級レストランになんて 恥ずかしくて行けません。
日本の高級レストランは お金さえあれば 別に誰でも行けますが こっちでは やっぱり そこに行ける 品格というものがあるので 品格のかけらもない私は とても そんな所に行って 食事をするという勇気はありません。
それは 観光地化をされてるという、ロンドンの有名な紅茶のお店の アフタヌーンもしかりです。

知らなかったときのほうが 何も知らずに行けてたかもしれませんけどね・・・。
いまでは 絶対に行けません。。。。


さて 明日のレシピはなにかな~?


by otanko-aubergine | 2022-01-04 08:31 | 単なる 独り言 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード