ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

介護問題について考える

前の記事からの続きっちゃあ そうなんですが、今 改めて いろいろ介護のことが 今 取り出されてますよね。

「決して他人事じゃない」
「綺麗ごとじゃない」

って 月並みな言葉が並べられて終わってますけど。

一口に介護と言っても それが同じ病名であったとしても 個人差はありますし、性格もありますし、全くといっていいほど 違うと思います。
特に脳の病気は どの場所を、どの程度やられたかで 後遺症は全く違います。


今、よく見かけるのが
「介護地獄にならないために」
「専門家はこう見る」
みたいな記事なんですね。

で、へ~ どんなことが書いてあるんだろ?
って思ってみると、

全部一人で背負い込まない
任せるところは任せる
専門家に任せりゃいい

要は 自分ひとりで なにもかもやらず、誰かに頼んで、あたなの休息も大事だよ! ということが多く書いてあります。

で、私が思ったのは 小室さんの奥さんのような状態の人が じゃぁ どれだけの介護が受けられるのか?ってところだと思うんです。

この奥さんは 幸いにも身体的なダメージは残らなかったというとこと。

それでも 突然 男が家事の一切をするのは 大変。
けれど、お金があれば それこそ 家事の代行を頼むこともできるでしょうけどね。
日用品の買い物とかだったら 今はネットで スーパーから買い物も出来ますし、宅配を利用してる人も こちらでは多いですね。
あ、ちなみに宅配は 自分が受け取れる日じゃないとダメという難点はありますが。
だって
「ちょっと 受け取っておいて」
って頼めるレベルじゃないと思うんで。


身体的ダメージがあったなら・・・
例えば 排泄も介護が必要とか 体が不自由で入浴の介護も必要とか そういうのなら たとえば オムツを着用だとか 入浴の手伝いをしてくれる介護士を頼むとかで ダメージの度合いにもよりますが 解決すると思うんです。
そこにお金は発生しますが。

でも、そういうのは自分で出来る→もちろん、入浴中に突然 不安になって叫んだりとか そういう感情のコントロール意外は 
ということになれば そこに介護士を頼む必要がないわけです。

で、じゃぁ あとは何かといえば 自分が長時間出かけるときに一人にしてしまうのは不安 ということだと思うんです。
それも、介護士が 頼んだ時間に様子を見に来てくれる とか もっと長い時間、介護士を雇って そばについていさせることもできるでしょう。

ただ、問題は それを 患者が受け入れられるか ということですね。
この病気の人は 新しいことに適応するのが難しいんです。
しかも、知らない人の顔を覚える ということに多大なる時間がかかると思います。
そして 自分でそんなのはいらない、大丈夫だと思ってる人もいると思います。

この記事を読んでるあなた自身も、もし 知らない人が自分の事をチェックしにくる って言ったら どうですか?
やっぱり 気分の良いものではないでしょう。
いらないよ、そんなの。 って思うでしょう。
それと 同じ考えなんだと思います。 だって 自分では大丈夫だと思ってるから。

介護士の顔なんて 覚えられないだろうし、感覚的には 突然 知らない人が家の中に 鍵開けて入ってきた という気持ちになって 怖がるかもしれません。
だって チェックするだけで 何もそれ以外に理由はないんですから。

はたまた「私を監視しにきた人」と思って 徹底的に憎んで、敵対意識を持つかもしれない。
物とか投げつけるかもしれない。
怒鳴りつけるかもしれません。
そして そこは密室。 何が起こるのかは 分かりません・・・。どっちが正しい言い分なのかも 分かりません・・。

なので 介護士と一緒にお留守番といって 出来る人もいるかもしれませんが 出来る患者ばかりじゃないということです。

介護士との相性もあるでしょうけどね。

となると、一人で長時間 誰とも喋らないで部屋にいることになる。
精神的にも良くないですし、余計に悪くなるんじゃないか と普通は思うと思います。

じゃぁ 金があるならば それ専門の施設に入れればいいじゃないか というふうに思うかたもいるでしょう。
それは 本人が望めばいいと思います。

でも、もし 本人が嫌がったら どうしますか?
新しいことに適応できないんですよ。
そんな新しい環境の中に 突然 「今日から この部屋に あたな一人で泊まるのよ」って言われたら 嫌がるだろうな って容易に想像がつきます。
無理やり泊まらせても、泣き叫んで「帰りたい!」と繰り返すかもしれない。
脱走を試みるかもしれない。

そういう姿を見ても 鬼となって そのままそこに滞在させることができるのか。

これ、もし 別々に住んでたりしたら(たとえば 自分のご両親とかの場合で)「でも しょうがない」と苦渋の決断をするかもしれませんが、もともと 一緒に住んでいた、特に 自分のパートナーの場合・・。
難しいでしょうね。
それでも そこに滞在させることにした、自分の鬼具合に 自分を責めてしまうかもしれませんね。。。

誰だって 自分のベッドが一番 最高だと思うものでしょうし。

なので そうなった場合、やはり そんなことは出来ない と思ってしまうと思います。
少なくとも 私だったら そう思いますね。
まぁ これが 冷え切っている離婚寸前の夫婦だった場合には また考え方も違うでしょうが。

実際に こちらの施設でも そういう方が 帰りたさのあまり、夜中に放火した という事件がありました。

なので そうなると やっぱり 頼めるのは 家族か友達。。。
定期的に頼めるとなると やはり家族しかいないと思うんです。

これが現実だと思います。
「介護」と 一口に言っても 介護される側も する側も 様々です。

その上に 有名人の場合は 病状がもれないように とか 口外されないようにとか 介護士一つ雇うのにも いろいろ 大変でしょうしね・・・・。

と 勝手に想像してしまいました。

私が言いたかったのは
「こうすりゃいいじゃん」
って簡単に言える問題じゃないんじゃないの??ってことです。







[PR]
by otanko-aubergine | 2018-01-24 20:46 | 単なる 独り言 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード