ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

残り1週間

引っ越しすれば 楽になるかと思いきや、忙しすぎるっ!!!

あと1週間で 前に住んでいたフラットを引き払わないといけないわけなんですが、まだ 終わってないっ!!

もちろん、敷金を返してもらうために 頑張って 修復してるわけなんですが・・・。

マジに大変すぎる・・・・。


まず、第一に カビ。

こんなに カビだらけの部屋の中に住んでいたとは 知りませんでした。
恐ろしいほどのカビ。
この部屋の中で 寝てたのかよ??って 感じです。
カビキラー、1本使い終わっても まだ 足りずに もう1本買いました。

しかも、天井とか 高いんだよ。こっちの昔のフラットっつうのは。

ものすごく ながーい梯子を よっこらと登って使ってます。

それでも届かない所は モップに大量にカビキラーをつけて モップと、風呂場のカーテンレールのつっぱり棒を ガムテープで巻いて 長くして そして ながーい梯子に登って えいこらと 拭く。

これが また 一仕事でね。
もう 汗だくの ドロドロ。

いや、カビなんて うちらは 知ったこっちゃない って言いたいんですが なにせ 大家が「報告してない」とかなんとか 難癖つけて 敷金っから 引かれるのは 目に見えてるんでね。

ここの家の大家は そこまで酷い大家ではなかったし、むしろ いろんな問題にすぐに対応してくれたりして 比較的、良い大家の部類だったけど、そこまで 良い人でもないです。

なぜなら 私は知ってるんです。
今まで 住んでた、このフラット、私達が出て行ったら 大家は台所と風呂場を新しくリフォームする予定なんですね。
なので 別に 風呂場と台所はそこまで 気を使って綺麗にする必要、まったく無し。

でもさ、な~んも 大家は言わないんだぜ。

前に、同じフラットの1階の部屋を 住人が出て行った後にリフォームしている時に ちょっと見させてもらったことがあるんです。
1階の部屋の大家は 違う人なんですけど その人が言ってたのは、
「どうせ、リフォームするから 掃除も何もしなくて そのままでいいよ。ゴミも置いて行っていいから って言ったんだ」
って言ってたので なんて 素敵な大家!!って思いました。
でも、うちの大家は そんな事 一言も言いませんからね。

私が 知ったのは たまたま ビルダーから聞いたからです。
で、
「え~~!なにそれ!次の住居人が羨ましい~! で、どんな風にリフォームするんだって??」
って聞いたら、
「知らないけど、大家からは とにかく 一番安くできるように ってさ。一番安くって・・・・意味 分かるでしょ?」
って言ってたんですけど、大家っていうのは やっぱり 古今東西、ケチなもんなんですねぇ。


さて カビ取りをした後、リビングの壁の修復・・。

紅茶をこぼしたり 絵を掛けたりした後が もろ くっきりなんでね。
穴の中には パテを流し入れ、壁の色を 塗る。

この壁の色が 問題でしてね。とにかく いかにも 修復 って感じで跡が 非情に目立ってしまう。
いろんな 色をためして、混ぜてダメで 義姉のアドバイスで マグノリアとかいう色を買って塗ってみたら 塗った時こそ、ちょっと ブラウンな感じで「え~、ちょっと 違くない??」って感じなんですけど 乾くと 不思議と馴染み増してね。
聞く所によると この色も 安く大量に持てるそうで もっとも ビルダーが よく使う色なんだそうです。


壁は 随分と目立たなくなりまして 良しとしてます。

そして 恐ろしいほどの 大量なゴミがあったので リサイクルセンターまで ゴミを運び 捨てました。
これだってね、4階から 階段で えっちら 一人で車まで運ぶって ほんと 大変なんですよ。

後は 一応 台所の床を拭いて 小さいものを捨てるのと こっちに持ってくるものと別けて 片付け、梯子を 新しいフラットまで運んだら 終りです。

あ、あ、プリペイドの電気とガスも入れとかなくちゃいけないっ!!
契約書に そう書いてあったので・・・・。

あと 少し。
頑張ります。

でも これが終ったら 新しいフラットを片付けなくちゃ。
とりあえず 住めてますが まったく 片付いてないんで・・・。
あぁ エンドレス・・・。



[PR]
by otanko-aubergine | 2016-07-24 21:35 | イギリス生活 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード