ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

子宮癌検査

この前、子宮癌検査に 行ってきました。


イギリスの病院は なんでも 町医者みたいなところに まず登録をします。

もちろん、彼と同じ所に登録しました。

いるものは IDだけでした。

最初は 私達は 今の町に住むかどうか 分からなかったので 私は「テンポラリー」という事で 登録していましたが、結局 この町に住むことに決めたので 正式登録のようなものをしました。


そのさいに 
もちろん 自分の病歴やら 何やらを書き込んで 提出するのですが、もう一つの紙に

「アルコールをどれくらい飲むか?」

という問診票を渡されるので それに YES, NO で答えて 提出しなければなりませんでした。

それを 渡された時に 思わず、

私「えーーーーー!!私、アル中かもしれません。」

って言ったら 病院の受付の人は

「大丈夫よ。みんな そう言ってるから。」
と、言われました。

他にも 色々な情報を書いて 提出します。



そして 恥ずかしながら、わたくし アラフォーだというのに 一回も 婦人科検診をしたことがないので 今回 思い立ったのでした。

イギリスは 18歳以上に 3年ごとに 検査をしなければならないそうです。

しかも もちろん タダ。私も タダで検査を受けられる・・・・・。

ビザに 相当お金を吸い取られたんだから しっかり 元は取らないと!!!!

という思いを抱え 行ってみる決意をしたのでした。



予約をした日に 言葉の不安があるので 彼に一緒に病院まで 来てもらいました。

受付で

「今日の予約なんですけど。」

というと パソコンで 受付のおばさんは 探してくれます。

受「そんな 名前は 今日は入ってないけど・・・。あなた、生年月日言って。」

生年月日を入力して 探すようです。

イギリスでは 日付、月、年 というように言っていくので

私「○日、×月、△×年」

というと、受付のおばさん、じーーーっと 私を見つめ 固まってます。

私「え????数字間違えた?」

自信が全くない 私は 彼に助けを求めます。

彼「あってるよ。 そうです。彼女は 19△×年 生まれです」

その おばさん、静かに口を開きました。

受「・・・・・・・。私と 同じ年だわ。」

私「・・・・・。」

お、思わず 2人で 見つめあってしまいました。

アジア人は若く見えるっていうけど ほんとにそうですね。
まさか、こ、この人と 同じ年だったなんて・・・。

お互いに ガックリです。


受「あー、検査するのね。ドクターの予約じゃないのね。」

私の名前が 見つかったようです。



そして 「トリートメント室」に 行かされます。

すると カッコイイ女性ナースが 出てきます。

「ハロー!!検査にきたのね。どうぞ、入ってください。」

この人、白衣をひっかけ ベテラン・若手が憧れる系ナースに見えます。

「検査の前に 質問します。」

この時も 私は 不安だったので 彼と一緒に 入室していました。

「生年月日を言ってください。」

また、パソコンに入力していきます。

「最近の生理は いつだった?」

「何年前に この検査を受けた?」

この質問に 私は

私「私は 今までに一回も 検査を受けたことがありません。」

と言うと、ナースは

「は????一回も!!???今までに? アナタ、意味分かる?この検査を最後に受けたのは いつ?って聞いてるの。」

こう言われると 私は 自信がなくなるのです。彼に

私「ねー。私、一回もないんだから いいんだよねぇ・・・?」

彼「うん、一回も ないんでしょ? そうです、彼女は 一回も 今までに やったことないそうです。」

ナースは 恐れおののいてました。

分かりますとも。

すいませんね。

この年になって 一回もやった事ないなんて どんな 発展途上国に住んでいるんだ と、思われたかしら・・・・。


入力が終わると ナースは立ち上がり、部屋に カーテンをひき 即席隔離部屋を作ります。

「じゃ、下着もズボンも脱いで そこの椅子に置いてちょうだい。それで これを見えないように かけて このベッドに寝てください。」

そう言って 紙タオルのようなものを 渡されます。

私は 言われたように下着を脱ぎ、ベッドに横たわり、紙タオルで 前を隠します。

ナース「入ってもいい?」

私「はい。大丈夫です。」

そして ナースが入ってきました。

ナース「もし、痛かったり イヤな気分になったら 遠慮なく言ってください。すぐに 止めるからね。大丈夫?」

なんて優しいのかしらーーー!!????

これ 日本だったら おやじ医者とかに やられるんでしょー?

あぁ、神様 ほんとに 感謝。

しかも、フツーのベッドに寝れるし、お腹から カーテンが引かれる事もないし 私は この方が 不安がないんじゃないか?と、思いました。

って、私は 日本では 受けた事ないので 人の話から 聞いたのの想像ですが。


器具を突っ込まれて もちろん イイ気分であるわけは ありません。

痛みは 鋭い痛みではないですが 鈍痛みたいな感じで、ガマンできなくはないです。
でも、うっすら汗かきました。

ナース「これは もちろん あんまり いい気はしないわよね。もう すぐ終わるからね。」


本当にそれから すぐに終わりました。


ナース「ハイ。終わりよ。結果は 2週間後に 自宅に郵送されるからね。」

サバサバしてて とっても 感じのいい人でした。

洋服を着て

「ありがとうございました!」

と言って 部屋を出ていこうとすると

ナース「じゃ、また 3年後ね。バイバイ!良い 午後を!」

と言ってくれました。


ともかく よかったーーーーー。

終わったーーーーーー。


と、ほっとしました。
結果は まだ来てません!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2011-04-04 06:32 | イギリス生活 | Comments(4)
Commented at 2011-04-04 16:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by otanko-aubergine at 2011-04-04 23:22
くっきー様
私と たいして変わらない年齢なのですねー。親近感。^^;
ビザ申請までには 時間がかかりますから 銀行の残高ウンタラは まだやらなくていいです。
とりあえず お二人の証拠資料に とりかかったら どうでしょう?
写真や、メールのやりとりなど 付き合った期間分のものを 提出できるように整理しておくと良いと思います。
「結婚するんだー」なんて ほんわかした思いなんて すぐに吹き飛ぶくらい 大変にハードなものなので 覚悟のほどを!!
ちなみに わたくしは あまり 結婚には 興味もなかったし 状況が状況だったので 全く そんな気分には なりませんでしけどね。

もちろん、なんでも 聞いてくださいね。
個人的な事だったら 非公開にして 書いてくださってもいいですよ。
Commented by くっきー at 2011-04-05 08:39 x
otanko様 
私も正直結婚なんて興味はまったくありませんでした。(今もかも)2人で日本にいる時も私の方が夫のように支えていて、疲れてイライラすることが多くて、頼りねーナ!!なんて感じでした。ここでは外人、UKでは浦島太郎。かなり心配です。しかし、一緒にいるにはを考えると結婚にたどりついてしまします。日本で入籍した方が早いかな?とか今色々調べております。彼はロンドンではなく、少し田舎です。去年彼の実家に二人でいきましたが、寒いし本当に住めるのか?住めば都になるのか?不安もあります。ゆっくり考える一方で、準備を進めたいと思います。
Commented by otanko-aubergine at 2011-04-05 18:04
くっきー様
私も含め みなさんビザの為に結婚するしかない方 たくさん いますよ~。もう ほんと 結婚したいから ビザが欲しいのか、ビザが欲しいから 結婚するのか 分からなくなりますから。

結婚の日取りとかにこだわらないのであれば 日本で 入籍して 配偶者を申請するのが一番 安あがりです。日本での入籍は 本人がいなくても 書類のやりとりだけで 大丈夫ですので。
そうすれば、くっきー様がすぐにUKで働く事もできます。
私が調べた時は 夫婦ともに貯金額もすくなかった方でしたが、(確か10万くらいって書いてあったような) このように進められて、もう 日本で すでにUKでの就職先が決まっている方でしたので 申請が通ったようでしたよ。
配偶者ビザもフィアンセビザも 日本から申請するには 書類は大差ありません。

私も 生まれてから ずーと、東京の都会に住んでおりましたので ここでは 1時間に電車が 数本しかないような所で 最初はカルチャーショックでしたが、すぐに慣れます。人間とは 適応能力があるのです!!
たまに ロンドンに行くと地下鉄なんか 1分おきごとにくるのに 感動しますから。
もう すっかり田舎っぺです~

名前
URL
画像認証
削除用パスワード