ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

再び必要書類

その日は 金曜日でした。

仕事から 必死に帰ってきて 弁護士に連絡をとります。

そして

弁「では 今日 申請用紙にサインを記入して submitボタンを 押しましょう!!」

申請用紙の最後に サインを求められる画面になりますが これをして つぎのページに行くと もう 戻れなくなります。

私「えーー!!こわいーー!!」

私は 恐ろしくなって もう 出来ない気がしてきました。

弁「あのー・・。いつかは 押さなくてはならないんですから。」

それも そうなんだけど・・・。

私は電話で 弁護士の師事に従い 申請用紙にサインをし、震える指で クリックをし、次のページに行きました。

すると 申請用紙が完了した事を伝えるページになりました。

もう 後には 戻れません。

それを 印刷をし、そして ビザセンターに予約をして 完了です。

他にも 英文が書いてありましたが すっとばして 私は よく読みもしませんでした。


予約をする日は 私は なるべく早くしたかったのですが 仕事の都合で行ける日が限られていました。

弁護士は

弁「早くしたい気持ちも 分かりますが 万が一 何かあった場合 対処ができなくなるので 余裕を持つ事をオススメします。結局 時差の関係で 日本時間の夜中しか コンタクトがとれないから 何もできなくなってしまうので。」

私は しぶしぶ 少し 余裕をみて 木曜日に申請するべく 予約をとりました。

これで 完了です。

弁護士とも 電話を切りました。


電話をきった後、予約の画面や 自分のEメールアドレスにきた 予約完了のメールを見てみると・・・・。

提出書類の中に 自分の住所の証明がいる

という風に 書いてありました。

は!!!!???

それ、聞いてないんだけど???

今まで 誰も 言ってないけど?????

私は あわてて そのメールを 弁護士に転送しました。

これって、これって、どうすりゃいいの!!???


すると すぐに弁護士から また電話がかかってきました。

弁「これは 今まで わたくしは 聞いた事ないんですけど・・・!!」

弁護士もかなり 慌てていました。

弁「普通、settlement タイプの人は 日本の住所は さほど 重要じゃないのです。これが 働くビザなどだったら 別ですが。」

私は 呆然と聞いていました。

弁「uk border agencyは コロコロ変えてきますので もしかしたら このように変わったのかも・・・。」

弁護士は カナリ動揺していました。そして

弁「もうーーー!!UK border agencyのバカーーーー!!!」

と 叫びました。

弁「もう いつもいつも 変更してーー!!私には UK border agencyが ベロを出して 笑っているように 思えるんです!!!」

弁護士は 怒りだしました。

弁「私達は 日々 この ルール変更と 戦わなければならないのです!!!!」

あまりに 弁護士が 怒っていたので 私は 返って 冷静になれました。

私「あのー。じゃぁ 住民票をとって また 翻訳会社に頼めばいいんですよねぇ?」

また、追加だよ。けれど しょうがない。

しかし、ほんとに 申請日は 余裕をもっといて よかったーーー!!

助かったーーー!!!

みなさんも 余裕をもって 予約する事を お勧めします。

何が あるか 分からないんで。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2010-10-05 03:30 | ビザ取得への戦い | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード