人気ブログランキング |
ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

# by otanko-aubergine | 2019-06-19 22:54 | ファン限定記事
もう 6月も半ばになってしまいました・・・。

平成最後のブログを書きたかったのですが 書けず・・・・、今日に至ります。

なんと、これが 令和最初のブログとなりますが、すっかり ブログ熱も冷めた、今日この頃。
すみませんねー。

だって 平和すぎて なんのネタもないんですのよ・・・。
昔は いろいろ あつーく、かっかっ きてましたけど(笑) 一切 係わらなくなると 心穏やかな生活をおくれるんですが 平和すぎて みなさんの期待するような(?) 吠えネタがないんですよね。

もちろん、ちょこちょこ ありますが 慣れなのか 忘れられるレベルになるんですね。

年齢が上がって そんな 怒る体力もなくなったのかな・・・。
それは それで 寂しい・・・・。


ここまで達観できた、理由を考えてみました。

まず、第一に 一人でいること

人間関係って やっぱり いろいろあると ストレスになりますよね。
なので 一人で謳歌する。全て、一人。
みなさん それぞれ 家庭を持ってると いろいろ忙しいし、結局のところ 一人なんじゃないかと思うんですが。

だって たとえば どんなに気があったお友達が出来たとしても こっちの都合にばかり 相手は合わせることができないだろうし、逆もしかりなわけで。
やっぱり お互い いろいろ 忙しいですからね。 

なので つまるところ 結局は 一人なんですよね。
なので わずらわしいこともなければ 嫌な思いをすることもない という。

え?全然 快適ですけど。
快適すぎて こわいくらい。笑

二番目に 自分のブログを見ない・書かない、人のブログも見ない

ネットをしない日というのはないですが ブログ熱が冷めたからか 昔のようにブログ村に行ったりして ネタを探しに いろんな人のブログを見たりなんだり っていうのは してませんね。

なので ブログ、放置してました。

そもそもブログって いまだ 流行ってるんですかね?
と、自分が熱が冷めると とたんに 世間もそうなんじゃないの?とか思ってしまう、自己チューっぷりなんですが。笑

自分に対しても 人に対しても、興味がなくなってるのかなぁ。



三番目には 忙しくして 暇をなくすこと

来たばっかりのころは やることないんですよ。 ほんと。暇ですから。
だから まぁ ネットを見て あーでもない、こーでもない、って もやもやしたりしてたんでしょうが。

私は故意に忙しくしたわけではないんですが いろいろと生活の中であるし、みなさん 年数経てば それこそ 生活なんですから そりゃ 落ち着くところに 落ち着くんじゃないでしょうか? 


というのが 私の見解です。

いやー、こんなに 心穏やかに 落ち着く日が来るなんて・・・!!!
あのころの 私には想像できませんでしたわよ・・・。
あのころっていうのは、もちろん いろいろ 吠えまくってた昔の記事のころのことね。
おほほほ・・・・。



# by otanko-aubergine | 2019-06-16 07:38 | 単なる 独り言 | Comments(2)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

# by otanko-aubergine | 2019-04-01 22:36 | ファン限定記事
あー、ほんとに EU離脱問題、馬鹿みたい!

声を大にして言いたい!

この国では 私は外国人、しかも完全アウェイ・エリアに住んでるので 「ばかじゃねぇ?」とか やっぱり 言えない、微妙な立場なんですのよ・・・。
なので ちょっと ここで 吠えさせてね。ほほほ・・・。

もう一回 国民投票とか言ってるけどさ、それって 意味あんの?
と私は思うわけです。
だって それって 自分の思うとおりの結果になるまで やり続けるってこと?
って思うんで。

だいたい 2年も時間があったにも 係わらず、 何一つ ディールできないって ほんとに アホとしかいいようが・・・・。

私もさ、ギリギリにならないとやる気が出ないダメ人間ですよ。
試験勉強、1週間きっても やる気になれない人でしたから。
そんで2、3日前から 焦ってやる、まさに  正真正銘のダメダメ人間。

でも、ここの人間、政治家達もそうだったとは 知りませんでしたわ。
土壇場になって やっと 本気モード。

いやー、首相も可哀想っていうか、すごいね。
忍耐力あるねぇ。
私だったら 単細胞だから 国会で暴れてるよ。 刃物でも振り回して。
「だったら どうすりゃ いいっつうんだよ!!!??」
とか 逆ギレして。

あー、やだやだ。
私の周りの人間は ニュースを見ないようにしてる って言ってました。
見ると ウツになるから って。

ほんとに離脱したら ヨーロッパからのものは 高くなるんでしょうね。

でもさ、いまでさえ そんなに安くはないのよね。私は 日本にいるときは もっと 安いのかと思ってました。

ということで ムリくり話題を変えるべく、私が思ってたよりも 意外と高いと思ったものです。

まず、スモーク・サーモン!

私はスモークサーモン、好きでした。スモークサーモンとクリームチーズって 私の中では王道です!
日本で買うと ちっこいパッケージで その当時で700円くらいしたという。
ひっくり返して 原産国をみると スコットランドと。
なので こっちに来たら さぞかし、スモークサーモンって 安く手に入るんだろう って思ってました。
でも、結構 高いよね。 スモークサーモン。
ほんの2、3枚しか入ってなくても £3とか£4とか。 たいして 安くもないのに 驚きました。

つづいて 生ハム。
生ハム、便利で大好きですが これも 結構 安くなくて びっくりしました。
ピンきりなんでしょうが、ピンのほうでも 大して安くもなくて 日本と ほぼ 同じという印象。
期待しすぎてたんでしょうかね・・。

オリーブ
日本でも あの瓶は1000円近くしたと記憶してますが こっちでも そんなに安くないなぁ と思ったのでした。
もちろん フレッシュオリーブとか サラダーバーのような オリーブ・バーで いろんなオリーブを試せたり 種類は豊富です。
でも そんなに 安くないよね。オリーブって。


反対に チーズは安いです。
チーズ王国とか カルディとかで ほっそーい三角形型の ブリチーズで 1000円以上だったような。
でも ここでは £1くらい。
あまりの安さに感動しました。

食べ物ばっかり書きましたが 私がイギリスに来て 一番びっくりした高いものといえば トイレットペーパーや ティッシュペーパー!
必需品だし、高いしで 驚きました。

みなさんは なんですか?




# by otanko-aubergine | 2019-03-24 21:32 | 単なる 独り言 | Comments(6)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

# by otanko-aubergine | 2019-03-05 02:49 | ファン限定記事
随分と 日が長くなって 明るくなってきましたね。
おまけに 不気味に暖かいし!
まぁ また どうせ 寒くはなるでしょうけど 春は すぐそこ!もうすこしの辛抱ですね!!


春といえば 日本にいたころは ピンク色をイメージしてたのですが こっちに来てから 春といえば「黄色」に イメージカラーは変わりました。

春が近くなると スーパーでさえも売り出す、黄色い水仙を見ると あ~~もうすぐ春!!って思うし、
一面の菜の花畑は 本当に圧巻です。
あの黄色は 春の色として 私の中にインプットされてます。

桜もこんな田舎にも ちょこっとあったりします。並木みたいのは もちろんありませんが。
で、桜が咲き出すと なぜか分からないけど、ちょっと 嬉しくなってしまうという。

あぁ、今年の日本の桜は 例年より 開花が早いのかしら・・・・??


ということで 日本にいるときと イメージが変わったものといえば・・・。

私の中では 断然、「看護婦さん」なんですよね。

日本では「白衣の天使」とか言うし、白衣を着た、若くて、かわいらしい看護婦さんを連想していたんですが ここに来て そういうイメージは一切 なくなりましたね。

そう・・・。
ここに住む方は お分かりいただけると思いますが・・・。

看護婦といえば・・・・。

青い上着を着た、でっぷりとしたオバサン・・・・。
でっぷりを通りこして すんごいデブ・・・・。

そんなおばさんが 体をゆさゆさしながら歩いている・・・・。

そんなイメージです。

白衣の天使なんてイメージ、こっぱみじんに破壊されてます。


そして ドクターといえば・・・・

インド系の方々。

私たちが たまたまなのかもしれませんが、ドクターというと、そちらの方々を連想してしまいます。


あなたの イメージが変わったものは 何かしら?









# by otanko-aubergine | 2019-03-03 23:01 | 単なる 独り言 | Comments(8)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

# by otanko-aubergine | 2019-02-05 01:07 | ファン限定記事
あまりにも 長いこと ブログを書いてなかったので まず リハビリしたいと思いまして。

書き慣れないと 何を書いていいか分からないんですよね。

なので まずは とりあえず カンを戻すところから スタートです。



さて、1月も もう終盤にさしかかってるのですが、1月は 軒並み、ダイエット、ダイエットですよね。

最近、全力で広告してる、1月はドライ month、すなわち アルコールフリーの月にする というもの。
これは 数年前から聞いてました。

で、最近はこれに加え、1月だけ ベジタリアンだとか ビーガンになる というもの。
もう うんざりするほど 新聞記事やテレビやラジオの広告などでも押してきます。

これ、もともと ベジタリアンだ、なんだ ってしてる人なら そうだよね!とか思うんでしょうけど 私のキャラクターをお分かりの皆さんは 分かってくれると思うんですが ほんと、うざったいんです。

っていうか、じゃぁ あんたら どんだけ 年末、年始に 肉食べてんのさ!?
って思っちゃうっていうか。

でも、ビーガンだ、ベジタリアンだ って言ったって チョコレートやら ポテトチップスなんかは 食べられるという 摩訶不思議。
それのが よっぽど不健康じゃないの??


友達のお子さんは ベジタリアン。
というか、顔のあるものは 食べないと 言っていると、両親は嬉しそうに話してました。

で、レストランとか行っても ベジタリアンバーガーとか食べてます。
けど ジュースをたんまり。
フライドポテトやら デザートのケーキやら なんやらは 嬉しそうに食べてます。
一番びっくりしたのは コーヒーとかに入れる、角砂糖を そのまま ボリボリ食べるという・・・。

・・・・・・。
ベジタリアンつうか、単なるワガママじゃないの?
って 思いましたよ。

都合いい言い訳だねぇ~~~っ・・としか思えない。


いや、別にいいんですよ。人の好き好きなんで。

でもさ、今 タバコはダメだ、酒はダメだ、塩はダメ、砂糖はダメ、肉はダメ、なんでも ダメ、ダメで もう ほんと 一体 なんなんだろ?って思います。

これが 飽食時代の末の現象なんですかね。





# by otanko-aubergine | 2019-01-20 07:23 | 単なる 独り言 | Comments(4)
久しぶりのブログ更新です。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

新年なんて 2、3ヶ月前の遠い昔の出来事のように感じるんですが ほんの2週間弱しか 経ってないんですよね。

そして 今年も矢のように時が過ぎていくことでしょう・・・。
一瞬、一瞬を大切に しなければ・・・。

あぁ すっかり ブログの書き方も忘れて まとまりのない文章・・・。

# by otanko-aubergine | 2019-01-13 22:52 | 単なる 独り言 | Comments(4)
イギリスに在住のみなさんは この間の 日本の恥を世界にさらすような 不快な番組、見たでしょうか?

ただでさえ、完全アウェイな地域にいるのに ああいうのを見せられると ほんとーに もっと心が病みますね。
日本にいて あれを見るのと イギリスに住んでる中で ああいうのを見るのとじゃ 感覚が全く違うんです。
何から 何まで 不快にしかならない番組でした。

イギリス在住でない読者の方たちに説明すると、しおり という記者志望の当時、学生だった女性が 就職相談にのってもらっていた、当時TBS ワシントン市局長というお偉い地位の記者にレイプされたと訴えてるやつ。
詳しくは どっかのまとめサイトでも見てください。
私も まったく こんな話があったのは 知りませんでした
本人が顔出し、記者会見をしたのは 去年の話らしいですが。

あの番組の中で 日本のおばちゃんとかが 一丸となって
「日本は遅れている!!」
と叫んでましてねぇ。

私も あの番組を見て、まじ、日本は遅れてる って思いましたよ。

まず、あの 超ー幼稚な学級会レベルの国会・・・・。

なんなんでしょうか。あれは・・。
まさに 日本の恥なんですけど。

なんでもかんでも総理大臣と結びつけて 怪しいだの疑問だの言ってる っつうのも びっくりを通りこして 呆れるレベルだし・・
国会議員も 税金泥棒と言われても 仕方ないわよねぇ・・って。


あの番組自体は 全て女性側のストーリー目線で出来ているので あれだけ見て 真に受けたら なんてひどい!って思うんでしょうが 何の前知識もなく見た、私でさえ、あれを見て いくつかの疑問が沸きましたし、本当のところは 密室で起こった、2人にしか分からない グレーゾーンだし。
そこに 安倍総理を下ろしをしたい、新聞などのマスコミがのっかった感は 否めませんねぇ。
どっちが利用したのか されたのかは 分かりませんが。


「日本は言論の自由がない」
とか あの方は いろんな国で訴えてるそうですが いやー、本まで出版しといて 言論の自由がない っていうのもね・・・。

顔出し、名前だししてるっていうことは 賛同だけじゃなく もちろん 批判もされるっていうことを覚悟で出てきてるわけだと思うんですよね。
今は、ネット時代だし、こんな 私のような どーでもいいブログにまで ごちゃごちゃ言ってくる輩もいるわけですから そりゃ 名前、顔出ししたら 当然、バッシングする人だっている っていうのは想定内だったんじゃないのかな?と。
それを見て 失望して、がっくり肩を落とすような映像がありましたが そんなのを気にするようなら 顔や名前なんて出さなきゃよかったのに・・・・と、どういう覚悟でやってるのか よく分かりません。

私の尊敬するけど 絶対に会いたくない、中島義道先生も 名前と顔出してるからには刺される覚悟でやってる っておっしゃってましたけど 私には そんな覚悟は 全くないので 素性を隠して 好き勝手 書いてるわけです。

それと 思ったのは こんなお粗末だといわんばかりの 日本の被害者の支援センターを取材をして 政府が何もしてくれないと 外国に訴えるんじゃなくて その本の売り上げの印税の全額でも、一部でも その被害者の支援センターに寄付したり、ご自分でチャリティー団体を立ち上げたり、寄付をつのったりすればいいんじゃないかな と思ってしまうんですが。
あのテレビ番組によると 彼女を支援している日本の方々もたくさんいるようなんですから。

 
私はどっちの肩を持つ気もないのですが
こういう番組を見ると 私は どうしても 男性側の苦しみだってある と思ってしまうんです。

痴漢冤罪はもちろん、DV冤罪なんかも された側の男性の記事を読んだことありますが 涙出ましたよ。嗚咽もんです。

このDV法律だって 訴えてる側、すなわち女性側がウソをつくということを想定して 作られてないですから。
警察側は 申し立てている、本人の言うことを聞くしかないんです。
法律上 DV加害者側に確認さえ取れないわけですから。
すなわち 妻側の話は全て真実で 夫側は たとえ 自分がDV加害者であることを知ったとして 反論しても 全てウソ・・・って決められてるって どう考えても おかしいと思うんですよね。

なんでもそうですけど、「やってない」ことを 証明することが いかに難しいか ということに つきるんですが。


で、私が最大限 日本が遅れていると思うのは 女性の社会進出などではなく、

「離婚した場合、親権がどちらか 一方に行き、共同親権にならない」こと。

ま、私は子供もいませんし、別に関係ない話なので 私個人的には どう変わろうとまったく影響はないのですが なんで 日本は いまだ 離婚をすると、片親親権で しかも ほとんど女性が取れるのか? と思ってしまうんですね。

そして 父親には会わせない・・・・・
子供も一生 父親にも 父親の家族にも会えない・・・・。
しかし、父親は子供に一生会えないのに 養育費は払い続けなくてはいけない・・・・
・・・というのって 大変に日本は遅れてると思うんですが。

共同親権の大変さも分かりますよ。
週末も半分づつ。学校などの進学や どっかに旅行に行くときは いちいち許可がいる などなど。

そのために 子供もたくさんのことを諦めなくてはいけないことも出てきてしまって、本当に子供が可哀想です。
でもだからといって いきなり片方の親を取り去る というのも 酷いと思うんです。


一番いいのは 離婚せずに 仲良く家族で暮らす ということに 尽きるんですがね・・・・・・。








# by otanko-aubergine | 2018-07-02 19:57 | 単なる 独り言 | Comments(14)
いやー、先日の 日本VSセネガル、テレビでやっていて 日曜日で なんもやることがないので 見てみたら すっごい 手に汗握る試合でしたねぇ~~~~。

しかし、同じ日、イギリスはパナマに6点も入れて 圧勝したので もう 連日、そればっか。
もー分かったよ~~ってくらいです。


ところで ヤフージャパンを見ていたら 日本のサポーターのゴミ拾いについて 海外メディアが絶賛 とかなんとか書かれておりまして セネガルのサポーターも それにならって 会場をきちんと綺麗にしたとか。

で、ほんとぉ~~?
って思ってたんですね。
いや、だいたい 日本ってすぐに「海外メディアが」っていうのを すごく誇張して 大袈裟に言うじゃないですか。

そんなに外国メディアから褒められると 嬉しいのかよ? ってくらいに。

で、調べてみたんですけど コロンビア戦のあとでしたけど 新聞にのってました。
まぁ すんごい小さくですけどね。
見逃してしまうくらいの 小ささでしたけど。

日本の記事では 日本が初出場した1998年のフランス杯から 続けられてると書いてありましたが ここの新聞では
4年前のブラジル杯のときも やっていたことと、日本のサポーターのゴミ拾いについては 特に日本のサッカー文化ではなく、日本では どのスポーツの後でも 同じようにゴミを拾って片付けることから 日本の文化の一部だ と書かれていくらいで 他に 特にどうとも言及はしてなかったですけど。

で、その記事を受けて 次の日の新聞の「読者の声」欄で とりあげられていた意見では、
日本は 小学校から 子供たち自身が 毎日 掃除をするらしいから それを考えると これは 驚くべき行為でもないと。
イギリスでも そういう子供たちの教育に変えることが必要だ というもの。

そうだー、変えろ、変えろー!!
絶対に変わらないと思うけど。(笑)

ちなみに私が買っている新聞は i というやつ。
これ、創刊当時は20p、20円くらいだったんですよー。それが あれよあれよという間に値上がりして、今や 60p!それでも 新聞って値段の割りに読むところが多くて 一番お安いと思うんですけどね。
全部読まなくても 数行で止めて 即、次の記事にいけるし。(笑)


話を戻しますと だからといって 今 そこらへんで会う人が 日本のサッカーのゴミ拾いについて なんか言うかといったら 別にそんなの知らないレベルなんじゃないですかね?って思います。(笑)


で、思うんですけど スタジアムを後にする前に みんな 自分のゴミを片付けることが 根付くか?って言ったら・・・ 
私は 絶対にないと思います。

いや、セネガルのサポーターやウルグアイのサポーターが ゴミを一箇所にまとめるなどした模様ですが・・・
じゃぁ 嫌な、やりたくない仕事は 全部移民にやらせて 自分はやらない白人様らが 自ら やるかって?
ぜってー やらないでしょ!!(爆)

こっちに住んだことある人、住んでる人なら 分かると思いますが この人たちが そんなことをやるわけない、ない、絶対ないから。

やるのは 出稼ぎ労働者としてくるような人種だけだと思いますよー。

もしも、この人たちが やるようになったら 私は この人たちへの見方、改めますわ。


でもね、日本のサポーターにお願い。
これが海外で報道されてるからって これ見よがしに ゴミ拾いしないでね。
さりげなく、お願いします。
「立つ鳥、後を濁さず」っていうだけの 私たちからしたら 普通のことなんだから・・・。


私なんて 洋服のたたみ方まで 軍隊式だと夫に言われてんですけど・・・。
軍隊式って なに!?
フツーでしょ!っていう・・・。


考えたら 幼稚園のころから すでにお片づけタイムってありましたよね。
「お片づけ~、お片づけ~ さあさ、みんなでお方付け~~」
って 先生がピアノ弾いて 子供たちは みんなで片付けるという・・・。

私は お片づけタイムのときに トイレに行きたくなって行ったんですが さぼったとみなされて みんなの前で つるし上げられ、お尻ぺんぺんされたのを 40年以上たった今でも 忘れられませんっ!!!

ほんとに あの時 行きたかったのに・・・・。



# by otanko-aubergine | 2018-06-26 20:28 | 単なる 独り言 | Comments(3)
文明は進化してますけど その反面怖いですね。

サイバー攻撃とか??

コメントでわけの分からん、広告のような 英語のコメントが来てますが あれ、IPで調べると ほぼロシアからなんですけど・・・。

ほんと、怖いねぇ~~。

私は 昭和の人間ですので 何もかも コンピューターっていうのは やっぱり 嫌ですねぇ。

たとえば、電子書籍。

やっぱり 紙の本が読みたい。こんな画面で読みたくないです。

それに、ネットショッピング。

やっぱり 直に目で見て 確かめたいですね。 そして 現金で払いたい。

音楽も映画でも なんでもかんでもダウンロード。
やっぱり CDやDVDで 聞きたいし 見たいです。
ウォークマン世代の私としては カセットテープやビデオの あのころが 懐かしい・・・。

メールは唯一 便利ですけど ラインだとか facebookだとか Twitterだとか そういう めんどくさいものは やりたくないですね。

今 流行の 音声認識して すぐに ネットを通じて返事をしてくれるというやつ。
「今日の天気は?」
とか聞けば すぐにネットを通じて 回答してくれるという。

名前が分からないですが、接続しだいでは
「電気を着けて」
とか言えば 電気が着いたりする らしいっすよね。

私が小学校のころ、遠足で 東芝科学技術館に行って そういうのがありましてねぇ。
あのころは ほんとに びっくりしましたが 30年くらい経って、まさか あれが 一般家庭におこりうるとは 思いもしませんでした・・・。


なんか、全てがコンピューターに管理される っていうのも 嫌ですよねー。
「あなたへのおすすめ」とかで 勝手に私が 見ている、開けたサイトを全て 把握して おすすめを送ってくる っていうのも 本当に 不気味・・。

コンピューターが一番のスパイだっつう・・・。






# by otanko-aubergine | 2018-06-17 21:21 | 単なる 独り言 | Comments(6)
この前、パスポートの更新で ロンドンの日本大使館に行きました。

日本のパスポートは 日本国内でも いちいち 申請しに行って しかも、受け取りは本人じゃないと絶対にダメですよね。

でも、イギリスのパスポートって オンラインで申請できて しかも そのまま 送られてくんですよね。
日本は厳しいけど、でも それって そんくらい厳しくて 当たり前じゃない??って思っちゃう。。
むしろ、イギリスの適当さは 恐ろしく思いますね。

で、久しぶりの 治外法権である日本大使館に行きました。

日本の雑誌がおいてあって 日本のテレビが着いてて・・・。
感動してしまいましたよ。

それに ここにいる人は ほぼ 日本人なのよね・・・と思うと こんなに たくさんの日本人を見たのは 久しぶりで 嬉しくなっちゃいました。
話しかけたいんだけど なんか 話しかけられない雰囲気で みな押し黙って 大人しく座ってます・・・。

しかも、さすがロンドン!!
雑誌から出てきたような 格好の人とか 化粧方法とか たっかーいハイヒールとか、ふわふわ巻き髪とか・・・。

すてきぃ~~~!て 思わず 思って 凝視しちゃいました。(笑)
きらきらブログのような 素敵なロンドンライフを この方々は送っているんだろうか・・と、想像力がむくむくと沸いてきちゃいます。

ひっつめ髪で ダサダサの洋服に運動靴姿な 自分の格好と見比べると はぁ~~って ため息が出ちゃうほどでしたよ。
いやー、都会だねぇ。しみじみ・・。
この田舎では こんな格好でも許されるんですよ・・・・。

しかも、みなさん優しい旦那さんがついて来てくれて、いいねぇ~~。
羨ましいねぇ~~・・・。

ほんと、だっさい格好して 一人で押し黙って あそこに座ってると なんだかねぇー。。。って 暗い気分になりました。


それでもって これが終わったら せっかくのロンドンなので どこに行こうかと いろいろ調べて準備してきました。
ところが・・・。
すごく混んでいて・・・・。

すっかり終わって 外に出たら 電車の時間まで あと1時間半・・・・。
1時間半って いったって そこの駅まで行かなくちゃならないから 正味1時間。

。。。。
ということで ロンドンでの観光は夢となって 終わったのでした・・・

でも 地元まで帰ってきて思ったのですが・・・。

あぁー、やっぱ 田舎はいいねぇ~。
広々してるし、人少ないし、緑は多いし 空気美味しいし。
お店なんて ロンドンに比べたら しょぼすぎるけどさ。

でも やっぱ 田舎はいい・・・。

住めば都とは よく言ったもんですね。  

# by otanko-aubergine | 2018-06-10 06:54 | イギリス生活 | Comments(2)
ロイヤル・ウェディングを見ていて 思い出したんですけど・・・・。

真っ白な馬が颯爽と走る、馬車に乗って 沿道のみなの衆に手を振るという・・・。

あれ、日本で ○○高原の教会が有名ですよね。
あれをやりたいがばっかりに あそこで式をした友達、いました。

また、広告も 風そよぐ緑をバックに 素敵な花嫁が馬車の上から 笑顔で手を振っているという、まるで ロイヤル・ウェディングのような そんな雰囲気でした。 今 思えば・・・・。

で、当時、私も招待され、その広告の印象に胸をふくらませ、参加しました。
当時は 私も若かったので これでも もっと 純真だったのですよ・・・。

し、しかし、出てきた馬が・・・・。
真っ白の馬ではなく、はげっちょろげの ブチというか、なんというか・・・。

しかも 園内を1周だけして終わり という まさかの すげー短さ。
「えぇ?もう終わり??」
って 目を疑いましたわよ。

だって ロイヤルウェディングだったら 遠くかなたの見えなくなるまで 見送るわけじゃないですか。
その印象が強すぎたためなのか かなり びっくりしましたね。
だって 速攻に 戻ってきちゃうわけですからね。

まるで、ディズニーランドのアトラクションのようでした・・・。

個人的には あれで 夢砕かれました。
所詮、こんなもん・・・って。

あぁ、大人になるって こういうこと・・・・。
世の中の 大人の事情を知っていくという・・・。


それと、印象に残っているのは 都会の中に 新しくそびえ立った、結婚式場。

なんかねぇー、、、、、最初 見たとき ラブ・ホテルかと思いました。

その中のチャペルっていうのも なんだか、一生懸命 ヨーロッパの歴史ある教会の真似してる という感じで やっぱり 印象は ディズニーランドのアトラクションでした。


まぁ そんなんで 大人になって 夢を見れなくなったというのもありますが 私は まったく 結婚式といものに こだわりはなかったです。
むしろ、仰々しくやりたくなかったので、今でも 招待客は証人のたった2人だけ というスタイルの私達の結婚式は誇りに思ってます。

写真は 数枚あるけど それだけ。
ふふ・・・。
思い出はプライスレスなのだよ・・・。


で、今回のロイヤル・ウェディングと言えば あの、例の司教があまりにも興奮して 身振り手振りで大袈裟に話していため、私は 司教の前にあるキャンドルが 落ちるんじゃないかと はらはらしながら見てましたよ。
結構 揺れてたんで・・・。

落ちちゃったら それこそ、「You've Been Framed!」という、ハプニング大賞みたいな番組に 使われるんじゃないかとか いろいろ思ってししまいまして。

うちの近くのおばちゃんは その司教のなっが~い、だっる~い 話に
「誰か、うるさい!黙れ!って 言えばいいのに。」

と言ってましたが・・・・・。









# by otanko-aubergine | 2018-05-21 22:26 | 単なる 独り言 | Comments(6)
今週末に迫りましたね~~。
ロイヤル・ウェディング。

でも、何回も言うようだけど ここは 田舎。
ロンドンなんて 日本からロンドン見てるのと なんら、変わらないんですけど・・・と、いう感じ。

盛り上ってるのかといったら 微妙だし・・。

ただ、それに便乗して ティーパーティーが開かれるらしいっすよ。ここの建物内で。
もちろん、私は バリバリ 不参加ですけど。

いや、土曜日ったって 忙しいから そんなことしている暇はないのじゃ!


一応、国際結婚なんですよね。あの方達も。。

いろいろ 言われてますが、王位継承順位から見たら 限りなくないでしょう って感じの方なので ゆる~いんじゃないですかね?
勝手な想像ですけど。

今 ものすごく大変な思いをしているのは 嫁になる本人よりか キャサリン妃のような気がします。
結婚式で 完璧な着こなしをするため 毎日 必死こいて 産後の体を鍛えてると思いますよー。

それでもって
「まぁ!3人目を数週間前に出産なさったばっかりなのに!なんとまぁ!この スリムなボディー!!」

と言われたいがため っていうか。
なんか 目に見えてんだよね~~~。


そして これからは あつーい女同士の戦いが始まるんじゃなかろうかね・・・

別々な公務の場合はいいけど・・・。

エリザベス女王の誕生日のような みなが一緒に集まる場では・・・。

ものすごそう。。。
もちろん 水面下でね・・・。

そしてマスコミがこぞって 書きたてるんじゃないのかねぇ~・・・。

それでもって 誰それが着てるコートのブランドがどーとか、クリームがどーとかって・・・。

国の最高レベルの人達の 持ち物とかなんかねぇ・・・・。
うちら庶民と 違いすぎて 興味すら もてないんだけど。


まぁ こんなことを言うのもなんですが 長く続くといいねぇ~・・・・って思うのは 私だけかしらね・・。


# by otanko-aubergine | 2018-05-17 22:50 | 単なる 独り言 | Comments(10)