ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

ということで 前々から 思って、書こう、書こうと思っていた 真面目なテーマです。

「日本の移民の受け入れ」

に ついてです。

ちょっと 外国に留学だ、ワーホリだで行って 数年、住んだ事ある人は
「受け入れるべき!」
って 言うでしょうね。

そういう事を言ってる、若者のブログも たくさん 見たことあります。

すっごく インターナショナルー!的な、発言ですよね。

まぁ 「留学やワーホリで住んだ」 ったって その中での出会う人達だって 限られてるし、所詮は お客様で 住んでるだけですからね・・・。


で、私がこの国で 目の当たりにしてきて 思うことは

移民を受け入れる イコール 宗教を受け入れる

と言うことになるんだと思うのです。

ハッキリいって これが 全て と言ってもいいのではないのでしょうかね。

で、今の日本に それが はたして出来るのか?
ってことですよ。

だいたい、「宗教だから」という 切り札をだされたら もう 部外者は何も言えないんですから。

フランスのように 宗教をくつがえすような 法律を作れるか?ってことになってきますよね。

日本人は ほとんど 宗教というものに 固執してないじゃないですか。

もちろん、日本人だって いろんな宗教な人はいるでしょう。

でも 大概は 結婚式は ウェディングドレス着て 教会であげて、葬式は お坊さんが お経を唱えてるのが 一般的な日本家庭ですよね。

そういう感覚なんかとは 全然 レベルが違いますから 甘くみていると 大変な事になると思います。

そんなレベルじゃないです。 「宗教を受け入れる」と言うことは。

ちょっと 考えただけでも じゃぁ 学校給食や 刑務所の食事でさえも、選択が出来るように 数種類用意する という事になりますよね。
コストが 今よりも かかるようになると いうことになります。

学校に於いて 女子は体操着にブルマーっていうのだって イスラム教からしたら ありえないので それは 出来ないでしょうし、制服の上にも スカーフをかけなければいけないでしょうね。
それを 誰も 咎めることはできません。

職場の人も 大切な宗教行事となれば 仕事よりも 宗教の方が もちのろんたで大事なので 普通に有給を使って 休むでしょう。
それも 1日とかじゃなくて 1週間とか 休むかもしれません。
仕事の忙殺時期とか そんなの 彼らには 関係ありませんから。

宗教のきまりで 自分の両親とは 一緒に住まなければならない と言われたら 家族の呼び寄せを 拒否できませんよね。 
まぁ イギリスの場合は この呼び寄せについても ものすごく 厳しくなって 拒否してるようですけど。
でも 定められた条件をクリアすれば 受け入れる他 ないんです。


日本のデパートで 祈りの場所のスペースが出来た とか いかにも 宗教に寛容的なニュースを聞いたことがあるのですけど そんな あまっちょろいもんじゃないです。

宗教というのは。

「宗教は 国をも変える」 と言っても 過言でないですね。

というのが 私が ここで ひしひしと感じていることです。
[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-06-21 01:08 | 単なる 独り言 | Comments(19)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-06-20 23:58 | ファン限定記事
なんだか 肉体的にも 精神的にも 疲れ果てて パソコンすら 開けれなかったという・・。

私が パソコンを開けられない とかって 異常事態ですよ。

そんな時に ふ、と、鏡を見たんですけど、すんごい・・・っ!!

むっちゃ ババアだった・・・。

ちょっと ぎょっ としました。

年取って 疲れると ものすごい おばーちゃんに見えるんだから・・。

やっぱり 睡眠第一ですね・・・。

ということで 昨日は10時間寝たら ちょっと 復活しました。


なぜ こんなに 疲れてるのかというと、ワケあって ロンドンに行って来ました。

疲れてる所に ロンドンなんて 行ったもんで 更に 立ちあがれないくらい 疲れちゃったんです。


でもね、ロンドンに行く前は 色々と ワクワクしてたんです。

けれど・・・・。

あまりにも・・・・。

あまりにも・・・・。

あまりにも 人が多すぎて はっきり言って 人酔いしました。

そして 買物ったって・・・・。

すみません・・。

欲しい物がない という・・・・。

ねぇ 若いころって なんだって あんなに 欲しいものが いっぱいあったの??

洋服だ、鞄だ、靴だ、って、それは それは 精力的に買物してました。

見て回ってました。

あっち行ったり こっち行ったり、混んでる中を 潜り抜けて 買物してました。

でもさ・・・。

こんな 尋常じゃない混雑の中を 潜り抜けて 買物する気にもなれないし、そもそも 気力がない。

ちょっと 店に入ってみるも まったく 欲しいものもない。

洋服ったって、こんな服着て、一体 どこに行くんだ??

とか 考えると 別に 欲しくもないしぃ・・・・・。

仕事してる人とかは 仕事場に着て行く っていうのがあるけど こちとら 別に着て行く所なんてないんですよね。
あえて言えば、病院・・・・・????

アクセサリーとか もともと 興味、全く ないし・・・。

あぁ これが 物欲からの解脱 とでもいうのか・・・。

だって 欲しいものが ないんだもん。

母が 昔 よく言ってました。

「年取ると 欲しいものなんて なーんもなくなるのよ」

これ、本当に しみじみ分かります。

あの時は 意味が分からなかった私・・・。

でも ほんとに 欲しいものなんて なんもない という事実が 確実に 年寄りくさくなっているという事実・・。

欲しいものが たくさんある、あなた!!

若い証拠です! 心も若いんです! そして それが 健全です!

私のようになっちゃダメです!!



そして 何より ロンドンを楽しめなかった自分に ちょっと 愕然・・・。

若かったら ものすごーく 刺激的で 楽しくて、

「あぁ、やっぱり ロンドンは いいなぁ~。住みたいな~!!」

とか 思うんでしょうが、私は これーーーっぽっちも 思わなかったんです。

むしろ ロンドンに住んでなくてよかった とか思ってしまいました。

帰ってきて ほっとしてしまいました。

あぁ 田舎はいいねぇ。

人は ほとんど いないし、電車も1時間に1本とかだけどさ。

いや、空気が 全然 違うねぇ。

自然もたくさんあって、ゴミゴミしてないし。

財布まるだしだって 全然 OKだし あぁ~、ほんとに ラクで いいねぇ・・・。



人は 変わるもんです。

ここに来る前には 想像ができなかった自分になってます。

東京の金曜日の新宿とか もう行けないだろうなぁ・・・。

日本に戻っても 行くこともないかな・・・。
[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-06-18 01:02 | イギリス生活 | Comments(13)
いつも ブログに 英語が出来ないと 書いているのに、メッセージをいただいた中で この、私に !!!
「英語の勉強方法を教えてくれ」 と言う奇特な方がいらしたので 私の勉強方法を書きたいところなんですが・・・・。

そもそも、英語勉強方法だけ ネットで検索して 終わるという 典型的なダメ女のパターン・・・・。

勉強もしてないし、結果も伴ってないのに 勉強もくそもないと思いまして・・・。

しかも、いまだ 「カプチーノ」を頼んでも 「紅茶」が出てくるというのに・・・・。

ただ、何回も言いますけど こういう状況に慣れるんです。
「あぁ~、また 私の発音が悪過ぎて 紅茶が出て来たよ・・・」
みたいな。

不定期に
「一体 なんだって 誰も 私の言ってることを 理解してくれないの・・・。私は 何年 ここにいるの・・・??ぐっすん・・・(涙)」

ということもあるんですが 結論は開き直るしか 道はないのです。

ブロークンは ブロークンのまま・・。
年数が経っても ブロークンです。(きっぱり!)

ただ、私が ブログに 会話の内容とかを書くので 英語が出来るのかと 勘違いされる方もいるようなのですが、私が書いてる、このブログの内容の会話は「イメージ」ですから!!

多分、本当は
「ワタシ、ソレ、ホシイネ。 タブン アシタネ。」

とか そう言う感じに聞こえてるでしょう。


というころで 前置き長くなりましたが、私がやった 勉強法で ダメだった というのを 書きます。
そもそも きちんと 勉強出来る人は きっと 人もうらやむ ペラペラなんだろうなぁ・・・・。


① 英語の王道の文法書「English Grammar in Use」

これは こちらに住むにあたって あまりにも英語が出来ない私に心配した友達がくれました。
分かりやすいし、「へぇ~~!」と思うこともあるんですが なにせ これをやろうとすると 睡魔が襲ってくるのです。
左の説明をやっとこさ読んで 右の練習問題をやろうとすると すでに 意識は遠のいている・・・。
なので なかなか進まず、 いまだ 終わってません。
そして それが 会話に生きてるか と言えば 生きません。(きっぱり)
すっかり 前やった事なんて 忘れてます。


② 音読

これも 英語の練習の王道と言われてます。
私の場合、音読を試みたことがあったんですが、夫に
「ねぇ otankoの発音、気持ち悪いし、頭がいたくなるから 止めてくれない?」
・・・・・。
更にめげずにやってたら
「ったく!君の口は なんで そんなに レイジーなんだっ!!気持ち悪いから お願だから 止めてくれ!」
と 再三 真剣に言われたので 止めました・・・。


③ DVDやテレビを見る

さっぱり理解できないもんを 見てるのって 苦痛を通り越して これまた ものすごい睡魔に襲われるんです。で、気が付くと 気絶してます。

字幕を付けて見ると まだマシですが、基本と言われているBBCニュースなどは 生放送なので、字幕とアナウンサーの喋りが かなり ずれており、余計に ワケ分からなくなります。

また、映画やドラマなどは 映像があるため、ストーリーが理解でき、分かった気になりますが 実は 映像で理解してるだけで 言葉を理解しているのか と言ったら ぼんやりと、というだけで 多分、理解してないんだと思います。


④ 英語で日記

「ここに行った」「何をした」「楽しかった」「驚いた」
など、書いてることは おそろしいほど 簡単なことで まったく 膨らみがなく(つうか 表現不足で できない)しかも それを 毎日書いたところで ずっと 同じことの繰り返してるだけで まったく 表現は増えないし、合ってるのか、間違ってるのかも 分からないしで、つまらなくなり 続きません。


⑤ 本を読む

本ったって ハリーポッターみたいなのなんんて もう お手上げで 読む気もないです。(きっぱり)
+9歳 っていうのだって おそろしいほど 知らない語彙だらけで 辞書なしでは読めませんし、これまた 睡魔が 襲ってくるのです。
眠れない時など 最高なのですが やぱり いつまでたっても 読み終わりません。


⑥ 友達を作る

そもそも 友達なんて できません。
知り合い程度なら いますけど そこでなされる会話なんて
「all right?」
程度の挨拶だし、とりあえず ひたすら聞いて 適当にあいずちしてるだけで 分かったふりしてますが 実は 全然 分かってなかったりします。
笑う所だけは なぜか 分かってきますので、全然 意味が分からなくても 笑うタイミングは 掴めます。(なんの自慢??)



ということで まったく ダメなワタシ・・・・。

基本的に 眠くなります。

誰か、睡魔に勝てる方法を 教えてください。
[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-06-03 07:57 | イギリス生活 | Comments(14)
ちょっと 前回の記事で 真面目な事を書いたので また どーでもいい内容の かる~い記事 行きま~す。(笑)


私が渡英して よく イラついた質問、ナンバーワンが

「どこから来たの?」

です。

今もたまに 聞かれますが こっちに来たころ、なぜだか 本当に よく聞かれたんですよね。

今は もう 目新しい人にも会わないんで そういうことも 少なくなったんでしょうけど。

で、
「日本です」

って 応えると・・・。

「あ~、そうなの! 実は ロンドンに住んでる うちの息子の嫁が 日本人なのよ。」

ほぉ~。だから なに??って感じなんですけど これは まだいい。

「私、日本料理、大好きなの! 」

ま、日本料理って言ったって 大抵 「寿司が好き」ってだけなんですけどね・・・。
これも 微笑ましい。

「うちの親戚が 日本人にフラットを貸したら ものすごく 綺麗に使ってくれて おまけに 出て行く時も きれーに 掃除してくれて 本当に びっくりしたって 言ってたわ!」

なーんていうのは 嬉しくなります。
あら~ そうなんですか!
って 低い鼻が たか~くなった気分になって 笑顔になります。


でも むかっ腹たつのは

「あっ・・・・・・・そう・・・」

って意外そうな顔されて その後 突然、無言になる人。

多分、私の口から
「中国です」
っていうのを あきらか 予測してたんだと思うんですけどね。

こんな田舎街で 日本人の認知度は低いので まぁ アジア人を見れば みんな 中国人と思われる っていうのもあるのかもしれませんが 友達の発見によると 中国人は ガニ股らしく、私も ガニ股で ドスドス歩いてるので 中国人と思われるんじゃ・・・ という結論になりました。

うちの夫も言ってましたが 「日本人」っていうのは ウチまたで 背中丸めて ちょこちょこ歩く 印象らしいですよ。 んで、
「それが 可愛いと思ってるんでしょ?日本人って」
って言われました・・・・。
考えたら なぜ ウチまたが 可愛いのかは謎だけど・・・。


話しは戻りまして で、例え 私が 中国人じゃなく 日本人だったとして なんなのさ??
じゃぁ 私が 中国人だったとして なんなのさ??

って 強く憤ってました。

あまりにも いつも 
「日本人です」

「あっ・・そう・・・。」

し~ん・・・・

というパターンに 怒り狂って よく うちの夫に 文句たれてました。

「一体、なんだって どこの国の人なのかを 気にするわけ??どこの国だろうが 関係ないでしょ?
見りゃ分かる、典型的なアジア人なのに その上、なんで どこの国かを聞きたいのよ! 
しかも、聞いといて その国について なんか コメントがあると思いきや その後 無反応。 一体 なんなのよ!!!???
これって 一種の人種差別じゃない!!?
何人かを 問う って 差別だと思う!!!ほんとに腹立つ!!!!」

と、ぶちまけてたんですね。

夫の経験では 日本では 白人を見れば「アメリカ人」と 断定して 話してくるそうで、それは それで 不快だったと言ってましたが・・・。


で、ある時 夫が歯医者に行ったとき、その歯科医が イギリス人じゃなく、外国人だったそうで、

「どこの国の人なんだろ・・??」

って思って 聞きたい衝動にかられたんだそうです。
でも 私が 再三、「どこの国の人か 聞くこと自体が 失礼!」と 連呼していたので 夫は カナリ気を使いながら

「失礼かもしれないんですけど ちょっと聞いていいですか? どこの国から 来たんですか?」
って聞いたらしいです。

そしたら

「ポーランド」

と、返ってきたそうで、夫は まさか ポーランド人とは思わなかったそうで その意外な答えに

「あ・・・そう・・・」

と 絶句してしまい、更に 私が 怒り狂っている姿を思い出し 何か言わなくちゃ!と思ったらしいんですが まったく 何を言っていいか 分からない・・・・きっと このポーランドの歯科医も otankoと同じように「それ聞いて なんなのさ?」って思ってるだろう・・・と 気をもみ、だけども その後、何も言葉が見つからず、困ったと・・・言ってました。

まったく!!!



変わって ティーンの子達。
私が日本人だと知ると、

「ねぇ 日本語喋れるの?」

って 聞いてきた子。

マジで 笑わせてもらいましたよ。 一体 こんなに英語喋れないのに 日本語喋れなかったら 一体 何語で喋ってんのよ??宇宙語??

「もちろん 喋れるよ。」

って言うと その子は 目を輝かせ 自分が知ってる 日本語や ひらがなを披露し始めました。 んで、

「ねぇ 会うたびに 毎回 1個づつ 日本語教えて~」

なんて なんとも 可愛い事を 言ってくるのです。

なんて 可愛いのかしら。

日本に興味を持ってくれるなんて!
なので 私も すかさず言いました。

「だったら あなたも 私に 毎回 単語を教えてね。」

というと その子、

「・・・・え・・・・??」

と とまどい顔。そして

「何を 教えるの??」

「もちろん、 英語よ。英語、教えてね。」

というと その子は 顔をくもらせました。

「あの・・・。私 ドイツ人なんだけど・・」

・・・・・・・・・。
あ~!納得!

どうりで!!どうりで!!!

んな 日本に興味を持ってくれる イギリス人なんて マレだと思ってたわ!!!
あなた、ドイツ人なのね~~~!!!???

やっぱり 同じ外国人同士っていうのは 仲よくなりやすいんですよね。

しかし 15、16歳の子どもと 仲よくしてもらう、40過ぎのおばさんって なによ・・・・・
と 我に返りましたが・・・・・。
[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-06-01 01:42 | 単なる 独り言 | Comments(9)
という事で 最近、メッセージを戴いた中にもあったのですが 車について 私が思うことを 書きます。


イギリスに住むならば 私は マニュアル車が運転出来ることは とても 重要だと思うんです。

私のように オートマ限定でしか 免許をとってない人は 日本で 限定解除して 練習してくることを 強く薦めます。

でも ご主人の車が オートマ車の場合は 良いのかもしれませんが 私のように マニュアル車を1回も運転したことなくて 出来ないのと 運転したことあるけど したくないのと 全然 違うからです。

ワーホリとか留学とかの人は そんな必要、全然ないと思いますが、永住するのであれば マニュアル車が運転出来ると 経済的にも ラクだし、車種は多いし いい事ばっかりです。

私は 何十年も前にとったのですが それでも オートマ限定の免許がある時代になっていて 教習所の先生も

「女の人なんかは特に、これから運転する車が マニュアル車じゃなければ マニュアル免許なんて ほぼ 必要ない。」

って言われて オートマ限定の免許に とびついたわけなんです。

そもそも 車庫代が部屋の家賃なみの 東京で 車を持って 運転する という事もないと思ってたし、身分証明の一環・・・なんて 思ってたんです。


なので ここにきて 免許を持っていて よかったぜー と 初めて 役にたった次第です。

ですが、「オートマ限定」っていうのが ある意味 ネックですね。

マニュアル車が運転できたら どんなにか ラクか・・・・と いつも 考えますし、ディラーの人とかに

「私、マニュアル車 運転できません。 オートマ車しか 運転できないんです。」

っていうと 「え??」って 顔されて 失笑されます。

まじに。

んで カチ―ン!ときて

「つうか、日本はね ほぼ 95%は オートマ車なわけで(otanko感覚なので 数字は適当) マニュアル車の人なんて ほんとに少ないの。ここに来て ほぼ マニュアル車という状態を見て 私は ほんとに 驚きましたわ。」

と、なかば 言い訳がましく 言ったりするわけですが、含み笑いをした顔から 察するに 裏では プゲラされてることは 間違いありません。


「オートマ車しか 運転できない」っていうのは すんごい お年寄りか 障害者か っていう印象らしいっすよ。

実際、脳卒中のグループの人達、みんな すんごい年よりで、妻が運転しなければならない人達の車は オートマ車・・・・。


けれど ロンドンとかの 多きな町の中に暮らすのであれば 車なんて 必要ないのかもしれませんけどね。
実際、義兄が ロンドンのど真ん中に住んでたころ、車は売り払って、タクシー生活してました。
なにかっつうと すぐに タクシー。

タクシーのが 車の維持費と比べたら 安いでしょうし、流しで捕まえることも出来ますからね。

田舎だと タクシーを流しで 捕まえるなんて ほぼ ありえないし、タクシー会社の窓口は 5時には閉まるし、電話しても まったく 親切じゃないし、ドライバーの名刺をもらって 電話をして タクシーを頼んでも 断られることもある という ほんとに 不便な状況なんです。

電車やバスで 行けることは 行けますが 時間はかかりますね。
車を持つと やっぱり 行動範囲は広まるとは 思います。


で、余談なんですが 脳卒中になると 免許を 一定期間取り上げられるらしいです。

もちろん、運転なんてされたら 危ないですからね。

自分の状況から 怖がって 二度と 運転したくない と言う人もいるんですが 大体は 誰かに頼まないと自分が動けないという状況に ストレスを感じ、「運転をしたい」と思うようです。

で、運転免許が返ってきたら テストを受けて それに 合格したら もう一度 運転してもいいんだそうです。

そして テストにパスした人は もちろん オートマ車の しかも ギアがボタンで代えられるようなのに 改造して 片手で運転できるようにして 運転なさってます。

でも 思うんですけど「運転」って すごく 高い能力がいると思うんです。

様々なミラーを見て 安全確認をしたり、咄嗟の判断をしなけばならない事など 瞬時に たくさんの事を 考えて こなさなければいけなくて それにパスして 運転できる って・・・・・・ 言ってしまうと 「たいしたことない脳卒中」って 思ってしまうんですね。

うちの夫は 絶対にムリだし、他にも テストを受けてもパスできない方もいらっしゃいます。

いや、その方 どう考えても無理なんですね。

逆にあれで パスしてしまったら 奥さんも言ってましたが 速効に自分が死ぬか、人を殺してるか どっちかだ・・・と。 

でも、「人権」とやらで 「あなたは 運転出来ない」とは 言ってはいけないらしいんです。

なので その方は 性懲りもなく テストを受けるために せっせと申請して テストを受けては 失敗しているらしいのです。

テストに失敗すると 3週間後だったかから また テストを受ける申請が出来るらしいんです。

もちろん、お金は発生します。

その方の奥さん・・・。

「はっきりいって お金の無駄よ。 っつうか、医者から はっきり言ってほしいんだけど、「人権」とやらで 「一生 出来ない」って 言えないっていうの。」

でもさ・・・・。

それって どうなんだろ・・・。

優しいのか 優しくないのか 分からない・・。
もちろん 奇跡的に状態が変わることもあるかもしれませんよね。

でも・・・・・・・・。

今の状況じゃ無理・・・・だし、たとえ それこそ 故障したり 事故を起こした時に きちっと 対応が出来るのか というのは 私は 今回の事で とても 感じました。

運転っていうのは「運転」だけでなく やっぱり 運転者の責任で 事故の時の対応、故障の時の対応、しっかり判断をする能力がなければならない と 強く思ったんですね。

私は 今回は 運よく 義姉に助けてもらえましたけど これが 一人で 遠い所にいて 英語で全部 手続きをこなす というのは とてもハードルが高く (少なくとも 私にとっては) それに パニックも入るので 英語で聞けるものも 聞けなくなったり 応えられなくなったり 精神的なダメ―ジも ものすごく あります。


なので、現地でレンタカーを借りて旅行する方や 車を買ってラウンドだとかしてる ワーホリの方。
その他の方、責任をしっかり持って 心して 運転してください。

国際結婚のみなさんは ご主人が いらっしゃるから やっぱり安心ですよね。
何かとなれば 助けを求められますもの。
こういう人が いると いないでは 全然 違います。
心の余裕も違うと思うんです。


自分が気を付けてても 巻き込まれることもありますから。
こればっかりは しょうがないです。

でも 車って そうやって 常に心をただして 乗らないといけないものなんだな と 今回 改めて思いました。

いや、これは 東京生活してたら 一生 車なんて 縁がないから こんなことも 感じなかったんでしょうけどね。
[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-05-29 02:15 | イギリス生活 | Comments(2)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-05-28 10:09 | ファン限定記事
書きかけの記事があったのですが 知らない間に コンピューターが再起動され、しかも なにやかんやで コンピューターの調子も よくなくて あーだこーだ やってるうちに 記事が消えました。

下書きの記事って 保管されてたような気がするんですけど どうやって 下書きの記事を探し当てるのか 忘れたので(まったく IT音痴なわたくし・・・) もう一度 気を取り直して記事を書きます。

これって 簡単なようで すごく 難しいんですよね。

なんたって テンションが違ってしまうんですよ。

その時の気分と同じような気持ちになる ということが 難しいわけなんです。

みなさんも もちろん そうでしょうけど 毎日、いろいろあって その時によって 落ち込んだり 立ち直ったり、元気だったり 疲れてたりで 感情というのは 違ってくるので・・・。

突然 全てに興味がなくなったり、
書きかけてた記事に 興味がなくなったり・・・。

ほんとに 人の心は 微妙ですね・・・。

そして 新たに ネタを探したりするんですが これまた 至難の業だったりして。


いやー、プロじゃないんで こうなんでしょうね。
きっと プロフェッショナルは どんな状況であっても 書けるんでしょうね・・・・。



えっと・・・・。

実は 今から 考えると 背筋も凍るような出来事がありまして・・・。

私のバカさ加減を 全世界に公開するのも なんなので 次の記事で ファン限定で書かせていただきますが・・・・。

みなさんっ!!!

これだけは 言わせてくださいっ!!

車のメンテナンスは 怠らずに!!

異変を感じたら さっさと 見てもらいましょう。

でないと 大惨事になります・・・・。

多くの人を巻き込んで・・・・。

そして 取り返しのつかないことになります。

とりあえず 私も夫も 無事で 元気ですし、誰も怪我人は 出ませんでしたが・・・・。

これは 奇跡としか 言いようがありません。

では ファン限定で。
[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-05-28 09:18 | イギリス生活 | Comments(0)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-05-17 09:18 | ファン限定記事
日本にも帰ってないし、だんだんと 日本の友達との繋がりもなくなっていく 今日この頃・・・。

来てすぐの頃というのは なんだかんだで 日本のお友達も連絡をくれるし 頻繁に連絡をとるんですが、だんだんと 薄れていくんです。

それに、お互い、色々な状況も 年を重ねるごとに 違ってきますからね。
家族が増えたり、親が 具合悪くなったり・・
家族が減ったり・・・。

私は ラインとかいうやつも やってないので がっつりメールのみ。

日本の人って みんな忙しいから ほぼ メールなんて 来ないですよねぇ。
来て それも 一回きりで終り で 次は 半年か1年後 っていうのも 多いです。

それと 何度も このブログでも言ってますけど 勝手にフィルターをかけられて こっちの生活の様子を美化してくる人が多いので ほんとに 困るんですよね。

まず、言われること 第1位は

「いいなぁ~」

何がいいのか 良く分かりません。
旅行で滞在しているぶんには もちろん「いいな~」ですよ。
私も羨ましいです。

見るもの全てが新鮮だし、「こんなことも カルチャーショック!」なんて言って それ自体も楽しめるんです。
でも、旅行ではなく、無期限で住まなくてはいけない 
生活していかなければならない。
というのは 旅行で来るのとは まったく違った景色なんですよね。

外国人として 外国で暮らして行くのって 相当なエネルギーを要します。

しかも 夫がシリアスな病気だというのに 能天気に
「変わってあげたいわ」
と言われた時には 本当に びっくりしました。


続いて第2位は

「英語、ペラペラだね」

これも 口を酸っぱくしていいますが 住んだだけ、英語環境なだけで 英語が喋れるようになれば 苦労はしません。

来た頃は 「英語が出来ない」なんだかんだ で 大騒ぎするんですが この「出来ない」状況にも 慣れてくるんです。 
いつも 聞きかえされる、言ってることが分からない、うまく説明できない、
と言ったことに 恐ろしいい事に慣れるんです。

ただ、年月いると ブロークンでも 躊躇なく話す事が出来る
要は ただ単に 外人慣れしてるだけなんです。
ブロークンは ブロークンのまま、そして 定期的に 落ち込んだり、開き直ったりを繰り返して 年月が過ぎて行くんです。

ああ、恐ろしや・・・。


続いて 第3位は

「日本に 一時帰国しないの?」

いやー、これも 毎年帰ってるような人は とっても 羨ましいですよ。
意気揚々と「一時帰国」。
私の憧れです。
日本の友達と会って 居酒屋に行ったり お寿司食べたりして 楽しい時間を過ごすんだろうなぁ。
また 日本から ごっそりと日本の物を持って帰れるしね。

私の場合、夫が病人なのに 一人残して 日本になんて とても帰れる状況ではないし、また 連れて行くなんて ありえない話しだし これ 言われると 返答に窮します。
そんなに 無邪気に聞かれてもね・・・。
きっと 私が 日本に帰る時は・・・・・・・と 考えると 暗くなるので 考えたくないのが 本当の気持ちです。



いかがでしょう。
きっと 海外在住の人は 1度は必ず 言われたことがあることでしょう。


あ、そうそう、これは 聞いた話しなんですが、お土産に何か買って行こうか と日本在住の友達に聞くと、ロンドンでしか手に入らないようなもんとか ブランド指定で頼まれるらしいです。

いや、ロンドンに住んでる人なら いいんですよ。
私らのように ロンドンから 遠く離れている めったに行けないような人は それを言われても 無理なんですよねぇ。

せいぜい、スーパーマーケット・ブランドくらいで 許してね。
私から お願しちゃいます。
[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-05-12 08:45 | 単なる 独り言 | Comments(24)
最近、どこもかしこも 道路工事してんですけど。

お陰で 信号待ちで混むし、遠回りしなくちゃいけなかったり 一方通行になってたり、いつもの駐車スペースがとっぱらわれてたり、本当に ストレスたまります。

日本のように 夜間の工事なんて ありえない国ですから 人々が一番 道路を使う時間帯とか そういうの お構いなし。

しかも、5時になったら 途中でも ほっぽり出して 帰るし、それが そのまま 土日は放置されてたりします。

ほんとに これ いつになったら 終わるのよっ!!
と 腹わた煮えくりかえってくることも 多々あります。


だもんでですね、この間 いつもの所に駐車できないので ぐるぐる迂回して 駐車スペースを探し、やっとこさ 空いてるスペースを見つけたんですね。

隣は工事現場だったんだけど もう しょうがない。
そこしか 停められないんだもの・・。

そこまでは よかったんですが、予定を終えて、さぁ、車を移動して 出発!

と 思ったら・・・。

ガ、ガ、ガ、ガ・・・・


ええーーー!!

なんか ヘンなんですけどっ!!

こ、これは・・・・・!!

も、もしや・・・・・!!

パ、パンク・・!!!???

自転車がパンクした時と すこぶる 感覚が似てるんですけど・・・・。

やけに揺れるし、座っていながら 地面を感じる感と、それに 怖いことに ハンドルが とられる・・・!!

いや、これ、ぜってー パンクしてると思うっ!!

確信に変わり、車を降りて 確認してみると・・・。

タ、タイヤが なんと ぺったんこ!!

マンガで見るように ぺったんこ!!!
こんなの 初めて見たよ・・・。

ど、どうしよー・・・。
どうしよー・・・。

あっ!ディラーのもとに 持っていっちゃえばいいんだ!

幸いにも この車種の営業ショップは そう離れてない。

あそこまで 運転していくしかないっ!!


そう決めて そこの営業所まで向かったのですが 途中、何人もの運転手や、道行く人に タイヤがパンクしていると 指さして 言われるんです。

わ、わかーってる っつうの・・・・。

でも この状況で どうすればいいのさっ!!

運転して 営業所まで行くしかないじゃないのさっ!!!

女一人じゃ 押して行くことも 無理なんだし。。。

パンク修理なんて やれないもん。


やっとこさ、車の営業所に着き、無事に駐車し、安堵感。
よ、よかったーーーー。

一目散に 中に走っていき 営業所の人に云いました。

私「すいません!車がパンクしちゃったんですけど~~!!」

そこで、ふ、と・・・・。

あの~~、、、パンクって 英語なのかしら・・・・。

だって この男、きょとんとした顔してんですけど。。。。

男 「punctual?」

私には こう聞こえたんです・・・。つうか、似た発音では この単語しか知らんかった・・・・。

私「(時間を守る って 一体 何 この人 言ってんの???) ち、違います。 パンク!!」

男「。。。???」

困った顔してます。

私は 助手席に乗せたままにした夫の所まで 走っていき

「ねぇ、パンクって 英語でなんて言うの?」

と聞きました。

夫「え??パンクは パンクじゃないの? 英語でしょ?」

夫の英語力なんて こんなもん・・・・。 もう日本語と 混ざってるんでねぇ・・。

私は もう一回 お店の中まで 走っていき

「パンクしました」

と繰り返したんですが 

「punctual?」

と言われるんです。(実際に この人が言ってたのは もちろん puncture)
もう 拉致が空かないので 車の所まで連れて行って 状況を見せると、、、

「ひぃーーーーー!!!!!」

と その男が びっくりするほど タイヤはぺったんこ・・・・。

しかし、私達の車の保険が 特別なため、ここでは 出来ない と言われる始末・・・。

男「すぐそこに 修理工場があるから そこに 持って行きな。 ほんとに すぐそこだから。」

私「えええーーー!! これで また 運転するの?? 私、やりたくない。だって 怖いんだもん。
すいませんけど、あなた 運転していってくれない?」

男「ええー、無理、それは。 法律違反になるから。 大丈夫、あなたは ここまで 運転してきたじゃない!すぐそこだから! ゆっくり 運転していけば 大丈夫!出来る!」

と、なかば むりやり励まされ・・・。

もう一度 ぺったんこのタイヤで 運転をして 近くの修理工場まで 持っていきました。

そこで 無事に修理してもらい、すっかり 元通りになったのですが・・・。

いやー、マジで パニクリました。

ぺったんこのタイヤで運転する、しかも 私、一人なら まだいいものの、夫を助手席に乗せ、人の命まで預かってると思うと ほんとに 恐ろしくて 口の中 カラカラになりました。

もう二度と あの恐怖は味わいたくないので ものすごく 敏感になってしまってます。

それしてにも パンクは 和製英語だったなんて・・・。

夫は
「え?そうだっけ?パンクって 英語じゃないんだっけ???」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

これで みなさん、私が どんだけ 英語が上達しないか 分かっていただけたかと思います。
[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-05-09 21:32 | イギリス生活 | Comments(19)
この前、友達の 友達の娘さんだかで 国際結婚して 外国に嫁いだ人の話しを聞きまして・・・。

その娘さんの ご両親は 大喜びだったそうです・・・。

若いと 両親って 嬉しいんだろうか。 娘が外国なんていう 遠くで 容易に帰ってこれないような所に暮らすのに・・・。

これって ほんとに みんな家族が元気だから 喜んでいられるんですよね。
若いねぇ。


うちらの年齢になると 両親揃っているだけで ものすごく ありがたいですよね。

どちらかが 亡くなって 片方だけになって、一人で 日本に暮らさなければならない 老いた両親の事を 思うと 本当に 胸が痛いです。

それも 元気なら まだいいです。

この先、具合が悪くなっていったら・・・・・

と考えると 本当に 国際結婚、国際移住の現実って ものすごく つらいと思います。

あ、ケアホームとかに 突っ込んで あとは ぜーんぜん平気って 言う人は 除外しますが。


色々 聞くところによると やっぱり 年老いた片親が 具合が悪くて 年中 帰国してる方とか・・・。

久しぶりに会った 片親が 結構 ボケていて 一人置いて 日本を後にするのに ものすごく つらい思いをした とか・・・・。

聞いている、こちらまで 胸が詰まるような話しを 年齢柄か、よく 聞きます。


また、覚悟を決めて 離れてい暮らしていて、その時は なんとも 思わなかったのに ご両親が死別して 何十年も経った 後から じわじわと 
「なぜ、あの時 一緒にいてあげられなかったんだろう・・」
と、後悔の念にかられる人もいます。


自分の両親って やっぱり 特別ですよね。

外国に永住をしてしまって 離れて暮らしている場合、あと 何回 自分の両親に会う事が出来るのか・・・。

別れる時に いつも そう思うんじゃないでしょうか。

元気でいてくれることが どんなに ありがたいことか。


若くて 両親がご健在だと そういう考えには 到底ならないようです。

「え、うちの両親は 強いから 一人になっても 大丈夫よ」

なんて言ってる人がいて びっくりしたのですが そなんこと 今 現在、健康で元気だから そうなんです。

一人になって 年老いて しょぼくれていくのを 見るって 本当に 本当に つらいと思います・・・。
[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-05-05 08:41 | 単なる 独り言 | Comments(5)
この前 といっても 3月の話なんですけど 「栄養管理士」の方が 家に来ました。

「食」の栄養指導とやらです。もちろん、夫のためにね。


もうさ~~。

栄養管理士の人には 申し訳ないけど 人の食生活にケチつけて お金を戴くって ものすごく 良い暮らしやねぇ~~ と嫌味の一つでも言いたくなるんですけど。

だいたい、バカじゃないんだから 何がダメとか みんな 一般常識の範囲で知ってるでしょ。

ってか、「食」って ある意味 宗教だと思うんですね。

ベジタリアンの人。
ベジタリアンにも程度があるし、
ビーガンだ、
グルテンフリーだ、 
カフェインフリーだ、なんだかんだと 人々は それが良いと信じて やってるわけじゃないですか。

それを 信じてるのは ある意味 宗教だと思うから 人は口出せないんですよね。

キリスト教か モスリムか 仏教か と 言ってるようなもんだからです。

実際 宗教によって 豚肉がダメだとか 牛がダメだとか いろいろ ありますよね。

宗教上の教えだから と言われたら もう それには 触れられないじゃないですか。

ある種 「食」って そういう宗教観があると思うんですよね。

私も ある意味、自分の信じているスタイルがあるわけですよ。

それを メンドクサイ事、ちょっと調べれば インターネットですぐに 出てくるようなことを また くどくど言われるのかと思うと ほんとに 憂鬱になったのです・・・・。



さて、来たのは 20代のわかーい ものすごく強い オーストラリアのアクセントを持つ子でした。

「あなた達 一体 毎日 何を食べてるの?」

・・・・・・・・・・・・・・・。

つうかさ、もう 何がダメって言われるのか とか 分かってるんですけど。

私達は 特に ものすごく厳しい食事制限をしてるわけでもありません。

フツーに 何でも食べてます。

で、そこで ちょっとでも
「ベーコン」
とか言おうものなら 待ってましたとばかりに

「ベーコンは 動物の脂だから 身体に良くないのよ。」

知ってますけど。

ましてや
「イングリッシュ・ブレックファースト」
なんて 言おうものなら

「イングリッシュ・ブレックファーストは ソーセージやベーコンには たくさん脂肪が含まれているし、ビーンズは 砂糖がたくさん含まれてるし 良くないわ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

つうか、私が作るイングリッシュ・ブレックファーストは ソーセージ1本だけで ベーコンは付けないし ビーンズも無しです。

つうか、そんなこと くどくど言うのも ブログに書くのも 馬鹿らしいんですけど。

そもそも 夫はイギリス人で 自分の国の食べ物、イングリッシュ・ブレックファーストを週に1回だけ食べるのを 楽しみにしてるのに それさえも 奪われるんですか??

そのたった 週に1回でも????
夫は 楽しみにしているのに????
それをやった所で どれだけの違いがあるんでしょうかね??

反論する気も なく、めんどくさくなったので ハイハイ 聞いてました。

だって ここで 真面目に戦ったって たかだか 経験のない 20歳くらいの 若い子どもに 分かるわけがないでしょ と思ってしまったんですね。


最後には 夫も

「いや、僕 バカじゃないんでぇ・・」

って言ってましたよ。


その出来事を 脳卒中グループの人に言ったら、ある人が

「あー!うちも来た!あの オーストラリアの若い子どもでしょ?」

・・・・・・・・・。

「だいたい あんな子どもに何が分かるのよ。」

みなさん、すごかったです。

ま、そりゃ そうですよ。

みなさん、自分の食の宗教観があるわけじゃないですか。
ましてや みなさん 年より。
それが 経験のない子どもに あれこれ指導される って・・・・。

で、私 あのオーストラリアの子に 同情してしまいました。

みんなに あんな態度を取られるなんて 「人の食生活にケチをつけて 恨まれて お金を戴く人」という職業に 私の中では 認識が変わりました。

「管理栄養士」って職業も 大変なんだなぁ~・・・と・・。

これを読んでいる 「栄養管理士」の方、お疲れ様です。
きっと 多大なるストレスを抱えているでしょうね・・・。
[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-04-27 08:34 | イギリス生活 | Comments(5)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-04-26 00:55 | ファン限定記事
頑張って 週1回は 更新しようと思ってはいるのですが 中々 時間がとれなくて すびばせん。

いや、なんだかんだやって やっと 一息・・・
と思ってると もう 夕飯の支度が・・・・

ってこととなり パソコン自体を ゆっくり開いている時間がないのが 現状です。

今日は 一日 なんもないので のんびりと・・・・。


この前 夫の産まれたころの写真や 夫の両親の結婚式の写真など 昔の古い写真を見せてもらいました。

もちろん 白黒写真です。

で 思ったんですけど 今と 写真の価値というものが まったく違う!と思ってしまいました。

いい顔をしてるわけでもなかったり よそ見してたり 目をつぶっていたり。

それでも それが また とても自然で いいんですよね。

数年前の 義甥っ子のクリスニングの時の写真と比べて見ると 今は 本当に みんなが 写真に撮り慣れていて 表情も何もかもが 自分も含めて 作られている人工的なように感じるんですね。

いや、小さい子供なんて 特に。

カメラを向けると 自然にポージングしているという・・・。

そして 写真の枚数自体も 今は もう 何百枚・・・??という 勢いで ものすごい量ですよね。


昔の写真って 不思議で 見てると その時の事が ものすごく前向きに映って見えるし、良いことだけ、思いだしたりするんですよね。

うちは、夫が半身不随になってから 夫は 極端に写真を嫌うようになりました。

こんな姿になってしまった自分を 再確認させられるようで きっと 嫌なんだと思います。

前に日本から 友達が来たとき、そうとは知らずに バシャバシャと撮っていて 思わず 止めてくれ って言ってしまいましたよ・・。

もちろん 彼らは 休暇で 非現実なこの国に来てるわけで テンションが違うわけなんですよね。

見る物全てが 興味深いんだろうし・・・。

そして なぜだか分からないけど 物的証拠として 行った事実を写真として 残したいという思い・・・。


分かるけどね。

でも 今は 逆に 写真に関して みなさん 敏感でもありますよね。
ネットという、世界中に垂れ流されるという事もあるので みんな写真に 映りたがらないし、知らない人に カメラを向けられたら 恐怖さえ覚えますよね。

何に悪用されるんだろう??って。

何でも撮ってもいい、昔とは 時代が また 変わってます。

駅や電車などの 公共の場所での撮影っていのも NGな所が多いんじゃないでしょうか。

なんだか 自由なんだか 窮屈なんだか よく分からない世の中になってますね。

これから 写真っていうのは どうなっていくんでしょうか・・・。

次世代の人達は 今の時代の写真を見て 懐かしく思い出すことがあるのでしょうか・・・・。
[PR]
# by otanko-aubergine | 2015-04-25 23:59 | 単なる 独り言 | Comments(0)