ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

前の記事で英語について書いたついでに 海外に暮らしてみて、私なりの 日本の英語教育に対する考えを
調子ぶっこいて書いてみようと思います。

よく 日本人は 中学、高校と合わせて6年間も勉強しているのに 英語が喋れないのは 日本の英語の教育が悪いからだ!!!
とか言われてますよね。

そして 私も もちろん ここに、数年いたって いまだ 英語で苦労している・・・。

なので みなさん、私が さぞかし日本の英語教育に恨み、つらみを持っていると思うでしょう・・・・。

残念でした。
私は こんなに英語が出来なくても 日本の英語教育のせいとは思ってません。

というのは そんな何十年も前の大昔の事、たいして よく覚えてない!!!というのが本当の所です。(爆)


たいがい、
日本の教育が悪いから あんなんじゃ 英語なんて 喋れるようになれない!
海外に来て 日本の教科書で学んだことなんて まったく意味がなかった、
だから 日本の教育はだめなんだ、
とか言って その理由をこまごま書いてるような人は 留学したり、ワ―ホリしたり、もともと英語に大層興味があって 英語が大好きな人たちなんです。

私は はっきり言って 英語なんて なんの興味もありませんし、夫と出会わなければ、夫が あのまま日本に住み続けていたら、英語なんて 一生縁がなく、普通に 日本語オンリーで暮らしていましたね。そして フツーに一生を終えてたでしょう。

英語がとにかく大好きで 英語を使った仕事がしたい、とか海外に住みたいとか そういう人達は別として、大概の人は そうなんじゃないですか?
英語なんて 関係ない職種の方もたくさんいるでしょうし。実際、私もそうでしたし。

英語を使う時と言えば、海外旅行に行った時に 英語が喋れれば、もっと楽しめるのに・・とか、たまたま外人が道を聞いてきて それにうまく答えられなかった時に あぁ 英語が喋れれば・・・。
なんて気分になることはあるでしょうが。
でも、その程度でしょ。


よく主婦の方で これから英語を使う会社に再就職したい とかいうわけでもないのに 「英語くらい」話せるようになりたいからって 英会話を習ったりしてますが そもそも せいぜい海外旅行に行くくらいで 英会話を高い金だして 習う必要があるのか?
とさえ、思ってしまいます。


英語大好きな人達の言分には 日本の教育は 文法ばっかりだとか 話す事が圧倒的に足りないだとか なんだとか言いますが、そもそも 話せるための英語なのか?って話しなんですよ。私にとっては。
だって 古文とか数学とかと同じく、「一般教養」としての英語なんだと思ってたんで。
当然、それだけで 喋れるようにならないんじゃない?とか 思ってしまいます。

なので ペラペラ話せるようになりたい人は 受業外で個人的に特訓したらいいんじゃないの?
だって 学校で、当然、毎日何時間も英語の授業だけ してるわけにもいかないんだからさ。
それがやりたい人は 個人で 英語の専門学校にでも行ってよ と。

話す事を中心の授業にする っつったって、
今は1クラス、何人いるのかしれませんが うちらの時は40人くらいでした。
それで 会話しろって言われてもねぇ~・・。
どうやって??って感じだし、
隣の席の日本人同士で 会話しろっつったって こういう、私のように英語に 特に興味のない生徒っつうのは 恥ずかしいわけですよ。
そりゃ 英語大好き!!発音とかも 自信ありあり!の人は そういうの やりたくてしょうがないでしょうが。
だいたい、イギリスに住んでたって 日本人同士で英語で話すって バカみたいで嫌ですもん。例えば 誰か日本語の分からない人が混じっていて その人のために 日本人同士でも英語で会話する っていうのなら分かりますけど・・・。

なので 例えば日本の学校教育の中の授業で会話を取り入れたとしても、
英語の出来る人が ぺらぺら~って すんげーいい発音で話して みんな すげーー!!ってなって 
私だって それくらい出来るわ!っていう人達が 後からペラペラ対抗して話してきて、
うちらみたいな英語ダメ人間は 誰も この人達の後に話したくないよ~みたいになって もっと英語が嫌いになって 授業が終るんじゃないですか?予想ですけど。


でも、不思議なのは 
グローバル化だか 国際人だか知りませんが 今や小学生から英語教育が始まってるとのことだし、
小さい頃から英会話に通ってる子供はたくさんいるし、
おまけに英検2級とかも 椅子に座ると床に足の届かないような小さな子供が受けて受かるという時代らしいし、
若者はみんな留学だの、ワ―ホリだの海外によく行くし、
みんな 英語、英語、騒いでるし、
これだけやってりゃ、そりゃ みんな 昔より英語出来るようになってんじゃないのぉ? 

って 英語を知らない、私なんかからしたら 思っちゃうんですけど。

だって 私らの時代なんて ここまで英語の教材も氾濫してないし、そもそも英語にふれることだって 少なかったと思うんですよね。
ゴダイゴが英語の歌詞で歌ってるのを見て かっこい~!!!って、衝撃を受けてた時代ですから。
いやー、古くてすみませんが。
知らない人は ゴダイゴをぐぐってね。


なので、私なりの持論。
みんながみんな、そんなに英語、英語言わなくていいんでないかと思うし、
学校の授業の英語だけで ペラペラ話せるようになんて 当たり前だけどならないんじゃない?
英語環境にいる私だって いまだブロークンなんだから・・・。

イギリス人だって フランス語を学校で習ってたって ほとんど喋れないし。
そして フランス語は諦めて、英語に近いスペイン語に変える人が まぁ なんと多いことか。
なので フランス語が出来る人は 日本で言う所の「英語が出来る人」のような扱いで 尊敬、憧れの存在であることが この人達の言動や行動を見ていれば分かります。


ちなみに 日本の教育で ちょっと こうしてほしかった・・・っていう所を あえてあげてみるならば・・・

文法用語も英語で教えてほしかった
ということと、

短い作文でも、英語で自分の気持ちや意見を表現することを 宿題なり なんなりでやれば よかったんじゃない?ってこと。

あとは、歴史の、条約の名前とか人名を 英語で教えてほしいし、人名に関してはフルネームで教えるべき って思います。
例えば 1853年 黒船でのペリー来航。
ペリーさんは 誰もが知ってると思うんですが フルネームがマシュー・ペリーなんて知りませんでしたわよ・・・。




[PR]
by otanko-aubergine | 2017-09-19 20:02 | 単なる 独り言 | Comments(7)
ご質問戴いただきました。
えーごが大嫌いで ろくに喋れない私が どうやって周りの人と、コミュニケーションをとってるか ということなんですが・・・・。

これ、私も常々、他の方のブログを見ると思ってました。

「私はしゃべれない」
とか書いてあるけど すんげー誰かと会話してて しかも難しい事をペラペラと話してたりして 全く しゃべれなくない っつうの!っていう。

ま、だいたい みなさん 御謙遜で 本当はすっごく出来る人ばっかりなんですよね。
「しゃべれない」
と、考えてるレベルが違うっていうか。

で、前にも 誰かに
「そんなこといって otankoさん、実は英語ができるんでしょ?」
みたいな事、言われたことあります。

はっきり言いますと、私は ほんとに文字通り えーごがダメです。
えーごというものに 興味すら持てません。 今でも。
というか、言語、そのものに 私は興味が全くないです。

よく、「スペイン語もやってみたい」「フランス語もやってみたい」とかいう方達をブログで見かけますが わたくし、そういうの まーーーーったく興味なし。
むしろ、全然 やりたくないです。
いや、英語でさえ やりたくないです。


でも、こちらの人が言ってくれるには
「あなた!!話せるようになったじゃない!来た頃は 一言も話せなかったのに!!!」

と、一応 褒めていただいてます。

でも・・・・・。

私にしたら 一応 来た当時でも 立派に喋ってたんですけど・・・・・。
えーごを!!!
って感じなんです。

だって 前もどっかの記事に書きましたが 日本の人は 義務教育で英語を習うじゃないですか。
だから 「英語力ゼロ」っつったって 一応 This is a pen.は知ってるわけで。
いろんな単語も知ってるわけで。

じゃぁ これを 例えば、ロシア語で言え っつったら This is a pen.すら 言えないし、テーブルやソックス、シューズ、ソルトなんて ぜーんぶ ロシア語で なんて言うのか知らないじゃないですか。
それを思えば 私たちっていうのは 英語は もともと ゼロではないと思うんです。

なので 私も 来た当時から 私なりに一応 喋ってるつもりでした。
ま、言ってる内容っていうか、「言える」内容なんて 限られてるし ほとんど 変わってない。いや、むしろ 全く成長してない って感じなんですけど・・・。

なので・・・・。
一応 英語っぽく聞こえるようになった という事なんでしょうか・・・?

でも、なんて言ったらいいか 分からなくて 辞書見たり、ネットで調べたりなんて しょっちゅうだし、理解してくれないことも 日常茶飯事です。
「あんたは bad Englishだもんね。」
とか、面と向かって言われると ほんと へこみます・・・。

私にとっては 落ち込んだり、涙したり、開き直ったり、どーでもよくなったり、やっぱり きちんと勉強しようと決意してみたり、気が遠くなって、やる気がなくなったり・・・・の繰り返しですね。いまだに。

で、そんなんで どうやって 会話をしてるかなんですけど・・・。

まったくもって ブロークンですっ!!!

いばってどうする? こんなに長い事 いるくせに・・・。いや~、ほんと だって ブロークンなんだもん。
いや、みなさん!ちまたで言われてるので 言うまでもないですが 年数いたって きちんと勉強しなくちゃ、ブロークンはブロークンのままでっせ。。。

とりあえず 単語並べてれば 通じます。通じるでしょ。
「ワタシ ココ、イクネ、ソシタラ コレ、クルネ」
みたいでも 日本語だって 分かるじゃないですか。

それと ジェスチャーとか すごくオーバーに使ってます。無意識で。
だって みんな 分かってくれないから。
芸人?ってくらい、説明するために いろんな寸劇してるし・・・。

前に誰かのブログで「もやし」が英語名で出てこなくて それを説明するのに 手でぴょろ~んと、表現するのが 大変だった と書いてあったんですが 超ーーーー分かりますっ!!!
もやしは表現したことないですが、いろんなものを 体当たりで表現して 説明してます。


一番 嫌なのは やっぱり 電話!!!!
知ってる人とか 広告、セールスだったら まだ いいんですが 一番 困るのは 車のディーラーやら プラマーみたいな人達。
だだーーーーーーーって すんごい早口で理解不明な事を言われましても、

・・・・・・・・は?

みたいな・・・。
分かんない って言っても 同じ速度で 同じ事を もう一回 だだーーーっと言うだけなんですよね。
で、全然 解決にならないという・・。

この前なんて 前に乗ってた車のディーラーから電話かかってきて 今の車のディーラーだと思って 一生懸命 説明するも なぜか話しが噛みあわなくて どうしようと思っていたら 違う会社のディーラーだということが発覚して お互いにまったく 会話がかみ合わないまま、長い事喋っていたという・・・・。
ほんと 愕然でしたよ・・・。

電話をかける場合のが まだマシ。
でも、進んではやりたくないです。
どうしても、かけなければいけない場合、アンチョコを書いて いろんな返され方を想定して 文章を作って、何回も練習してから望みます。
ほんと、どんだけ~~??ですよね。


聞く方っていうも 最初に来た当時に比べれば それは すごく聞こえるようにはなりました。
でも、それだって 何言ってるか、分からない事なんて しょっちゅうだし、だから なんて返して言えばいいのかも分からなかったり。
イギリス人同士、3人くらいで話していたら もう全然ダメですね。トピックは分かるけど 細かい事なんて さっぱり 分からないし、テレビだって 字幕をつけたって さっぱり分かりません。
ま、テレビって映像があるから 分かった気にはなりやすいですけどね。
実は全然 分かってないという・・・。


けれど、それはそれで 受け入れなくてはいけないというか、出来ない自分に慣れるというか、「なんとも思わない」と言ったら 言いすぎかもしれませんが、それが 当たり前になってしまうというか。

来たばかりのころっていうのは「英語、英語、英語が出来ない!!」って 常に心にあるのですが、年数が経つうちに、そこまで こだわらなくなるというか。
最近は
「だって 私 外国人なんだから 間違えてもしょうがないじゃない?」
とかまで思うようになってきました。

そんな逆ギレしてっから いまだブロークンなんだって・・・・。
誰か どうやったら ブロークンを脱出できるのか おせーてください・・・





[PR]
by otanko-aubergine | 2017-09-17 01:01 | イギリス生活 | Comments(4)
今、エレベーター付きのフラットに住んでいて エレベーター利用しています。

で、この前 エレベーターに乗ってた時に、このエレベーターのメ―カ―は何だろう?と、ふ、と疑問に思ったんですよね。
まさか・・・。
シンドラー社じゃぁ・・・???
と、思いましてね。

で、見てみたんですが シンドラー社ではありませんでした。
それはいいんですが、非常ボタンの所に「24時間サービス」となってたんですね。
まぁ 当然ですが。

でも・・・。
私、イギリスの24時間サービスって 全く信じてないんですけど みなさん どうですか?

「24時間いつでも電話OK」って 結構、よく見かけるんですが、私 笑っちゃうんですよね。
だって 絶対にウソですから。
だって ここ 日本じゃないのよ?
イギリスよ?
絶対に ないでしょ~~。


前にうちのエレベーターが故障しました。
出先から帰ってきたら 修理中だったんですね。
で、前にも そういう事があって ちょっと待ってたら すぐに直ったので 待ってたんです。
というのも、私は 階段で上がれますが 夫が無理なので。

しかし、待てど暮らせど 直らない。
作業員は
「これ、明日の朝まで無理なんだけど~・・・。」
とか言いだしまして・・・。
そこで ここの事務所の人が慌てだしましてね。
だって 夫が階段を使えないのは前提でここに入居してるわけなので、うちらは家に帰れない ということになってしまうわけなんです。

一応 作業員は頑張ってましたが、諦めた時間、夜の7時。
ちょっとー、7時なんて まだ宵の口じゃないのー・・・って感じなんですが 事務所の人が救急隊員をよんで 夫を運んでくれるのを見届けると 速効に帰って行きましたね。
で、次の日も 半日は直らず 午後から やっと 使えるようになったんですが・・・・。

これを見ると 24時間対応ったって 絶対にないでしょ って思います。
たとえば 夜中に利用して閉じ込められた場合でも
「こんな夜中にエレベーターなんて使うから悪い」
と、多分 こちらに非があるような事を言われるでしょうね。


他にも、知り合いの人が言ってましたが ボイラーの故障ってのも 結構 ある話しなんですね。
私も 前に住んでた所で 経験してます。
しかも、1回どころじゃないです。 数回ありました。 数年のうちで・・・。(どんだけの頻度??って感じですが)
でも、すぐに直らなくて 真冬の暖房ナシは辛いので 義姉の家に数日、避難したこともあったっけ・・・。
ボイラーが故障すると、暖房だってつかないし、お湯もでない という、真冬だったら 最悪な事態になるわけですから。

なので、24時間対応の保険に入る方も多いんです。
その方も そのために保険に入ってたそうです。
で、壊れたのは 真冬の日曜日の午後。

早速 電話しますが まったく繋がらない・・・
いろんな所に電話をかけて あちこちと たらいまわしにされた揚句に すぐに直しに来てくれるわけでないことは確定。
もちろん、日曜日ですもんね・・・。しかも午後・・・。日本じゃありえませんが、イギリスに住んでる人だったら うなずけるでしょう。

そして そこから 地獄のような手続きやら なにやらが始まり、結局 いくらだったか 多大なる額を要求されたらしく 納得できないと、その方 すんごい怒りまくってました。
だって 24時間対応というのに そうではない ということと、更に金額を払って 直さなくちゃいけない という2重苦ですもん。
で、永遠と保険会社とやりあっていて
「え??まだ 直ってないの??」
っていうくらい 数か月は直ってませんでしたから。

それを聞いた別の人が
「ボイラーはねぇ~・・。○○ガスがテレビのコマーシャルでは すぐにトラブルがあったら来るような事言ってるけど そんなことはない って言ってた人がいたわ。」
とか、ほんと、この24時間対応っていうのを信じちゃいけないんですね。イギリスでは。


それに比べると、日本は 素晴らしすぎるというか。
そこまで素晴らしくなくてもいいんじゃない?って 今や 思ってしまうことも多々。

24時間営業のお店、そこまで必要??って思ってしまいます。
ファミリーレストランとか ありすぎるコンビニや、朝5時まで営業の居酒屋とか・・・。
普通に11時閉店でいいんじゃないか と、今や10時には寝てしまう私は思ってしまう 今日この頃・・。




[PR]
by otanko-aubergine | 2017-09-03 22:14 | 単なる 独り言 | Comments(4)