ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

更に 呆れる続きがあるんです。

やっとこさ とった病院の予約を 「病院側の都合で」 その日に突然 キャンセルされて 数日が過ぎました。

最初は感情的になっていた私も 落ち着きを取り戻し もう じたばたしても仕方ない・・・と 諦めの境地に。

そして1週間が過ぎようとしたころ。

GPのドクターから 電話がありました。 

私「もしもし?」

と、お気楽な感じで電話に出ると 突然、ドクターの怒鳴り声が・・・。

ドクター「何故 君たちは この間の病院の予約に行かなかったんだ!!!???」

・・・・・・・・・・・・・・・・・。
いやー、このドクター、いつもいつも 先手必勝で 怒ってくるんですけど。
マジに びっくりしましたよ。

私「・・・え・・そ、その日は びょ、病院側がキャンセルって 言ったアルよ!!。」

ドクター「はぁ?僕の報告書には 君たちは現れなかった ってなってるけど、なぜ 行かなかったんだ!!?」

私「だから、病院側がキャンセルしたよ! 私達、病院の迎えの車を頼んだネ。で、待ってたね。そしたら 1時間前くらいに電話が来て 病院側がキャンセルした 言ったよ!」

因みに 迎えの車とは 病院側から救急車が来て 運び出してくれるんですが、これまた 予約をするのに GPに電話して ドクターの許可を得て 頼むので これまた ものすごっく大変なんです。義姉が全て やってくれましたけど。

ドクター「・・・・・・。なんだか 話がよく分からない。ちょっと 確認して また 後で電話するから!」

ガチャッ!!!

プ―ッ、プーッ・・・・

私も 何がなんだか分からない・・・。

またもや 急いで 義姉に私も 電話しました。

私「かくかくしかじかで ドクターが怒ってんですけどぉ・・・」

義姉「変ねぇ。確かに 言ったわよ。 病院側が予約をキャンセルした って。 で、私が なんで?ストライキだから? って聞いたら たぶんね って言っていた。」

・・・・・・・・・。ますます わけが分からん。


少しすると ドクターから 電話がありました。

しかし、このドクター、名乗らずに いきなり 話始めるんですよねぇ・・。


ドクター「事実が分かったぞ!あの日、病院は普通にやってたんだけど ジュニアドクターのストライキの日で 救急車の人達が 混乱して キャンセルだと思ってしまったらしい。」

私「・・・・・・・・・・・・・・・・。」

つーか!!
そんな 理由!!??
そんな理由で私が 苦労して やっとこさ取った 実にスキャンから3カ月以上たった予約は 奴らの バカみたいな思いこみで勝手にキャンセルさせられて うちらは行けなかった ってこと!!???

瞬間湯沸かし器のように 一気に カァ~ッと来ました。

私「なんなんですか!!?それはっ!!??だいたい うちの旦那、去年の11月の終りにスキャン、撮ったよ!今、3月アルね。これから また予約って 一体 いつなのか!!??うちの旦那は もう一回 スキャンが必要アルと思うよ!!」

ドクター「あー・・・。僕の頭は爆発する・・・。次の予約は4月の下旬なんだよね。スキャンから5カ月・・・・。もうちょっと 早くならないか もう一回 プッシュしてみるから。 」

私「お願いします。」

ドクター「よし、今度こそ 救急車も全部予約して 万全で行こう!」

私「はぁ・・・」

万全って・・・。
一体 誰が狂わせてるというの!!!???
誰が 勝手にキャンセルさせたのよ!!??
ありえないんだけど。

ドクターがもう少し早くならないか 聞いてくれるそうだけど もちろん 無理っしょ。 今までの流れからすると ありえません。 もう4月だし・・。

スキャンから まさかの5カ月・・・・!!!

義姉に報告すると 
「もう 次の時に 救急車に頼むの、怖いわ。だって 信用ならない ってことでしょ? 」

と言いだしまして・・・。

確かに。
そもそも 病院側がキャンセルしたってデマは 誰が流したのか!?
めんどくさくなって やりたくないから もっともらしいウソを流して 自分たちが 勝手にストライキしたんじゃないか??

もう 誰を信用していいのか さっぱり。。。
イギリス人ですら 怖がる この医療体制・・。
こ、これって どうなのさ。

まじに まじに
○っきん あんびりーばぼーな国,UK・・・・




[PR]
by otanko-aubergine | 2016-03-31 01:06 | イギリス生活 | Comments(5)
続きです。
続きがあるんです・・。

やっとこさ 病院の予約を3月の初旬にとれたし まぁ スキャンは11月の終りだったけれども もう どうにもならないし、とりあえず 専門医に会えるみたいなので 良しとしようと。

いや、何 この 超ー低いハードル。
専門医に会えるだけで 良し的な・・・。


病院の予約と同時に 私達は 迎えの車もお願いしました。
夫を外に連れ出すのが 私一人では 困難だからです。
義姉が 手続きしてくれました。

うちらの予約は 4時半だったのですが 迎えの車は いつ行けるか 正確な時間は分からない。けれども 午後1時からは 行ける体勢にしててくれ と言われたんです。
いや、そこの病院までは30分弱なんですけどねぇ・・・。

まぁ 午後がまるまる潰れるのも 仕方ないとして・・・。
全てに目をつぶり、そして 全てを手配しおえて 準備万端。

当日を迎えました。
1時に来られたら こまるので 持ち物やコートを準備して 待ちます。

・・・・。
2時・・・
2時半・・・・。
3時・・・・・。

まだ 来ません。
待ちくたびれて 眠くなる・・。
夫は 寝てます。

3時半・・。
えー。
3時半だよ、3時半。
ほんとに 来るのかなぁ・・。

心配になったその時、夫の携帯が鳴りました。

ぷるぷる~~

夫が出ると 病院からのよう。

ふ、と 嫌な予感が・・・・。

電話を切った夫が言うには
「今日の予約はないんだって。」

はぁ~~????
なによ。それ??
どういうこと???

「キャンセルなんだってさ。」

な、なぜ~~~~!!!?????

「知らない。」

知らない理由で 納得するな~~~~!!!

私は すぐさま 義姉に電話しました。

「ちょっと 今 夫の所に電話かかってきて キャンセルだと言ってるんだけど なんで!!??」

すると、義姉は
「も、もしかしたら ストライキだからかも。」

・・・。そうだった。
今日は ジュニア・ドクターのストライキの日だった。
テレビや新聞で やってたわ。
でも、ジュニア・ドクターだよ!!??
うちの夫の担当医は ジュニア・ドクターなのかい??

義姉は 迎えの車に電話して聞いてくれることになりました。

数分後に電話がかかってきて

「病院側が 全ての予約を 今日と明日、キャンセルしたんだって。 緊急病棟意外は 全てキャンセルなんだってさ。この予約の代わりは また 追って 連絡するって。」

・・・・・・・・・・・・・。
いや、この時の私は 発狂してしまいましたよ。
マンガでいうと バイオレンス化してましたね。

前回の記事の私の努力は 全て 水の泡として消えたんです。
それも ストライキとかいう うちらの文化からは 到底考えられない、バカみたいな理由で。

医者が、生死がかかっている重大な患者をキャンセルして ほったらかして
「もっと 金よこせー、もっと やすみをくれー」
って ストライキって バカかよ と思いましたよ。
しかも 2日間もキャンセルって どんだけの人達が 同じ思いをしてることか・・・。

私は義姉に聞きました。
私「で、じゃぁ これから この予約はどうなるんですか??」

姉「さぁ・・。誰もどうなるのか 分からないと思う。」

私「まさかの 次の予約が5月とか6月とか 下手したら 7月とか・・・??あぁーーーー!!」

私は 絶叫しましたよ。

2日間の患者の予約の埋め合わせが そう簡単にすぐに出来るとは まったく 思わないからです。


でも いくら文句を言ったところで どうしようもない。
うちらは 何も出来ないんです。
なすすべがないんです。
次の予約が来るまで 大人しくしてるしかない・・・。

つうか そもそも予約が来るのか??
また 私は闘わなければならないのか??
あぁー・・・・
と、遠い目になってしまいました。

努力しても報われない国、UK・・・。
まじに ○ぁっきん あんびりーばぼー・・。





[PR]
by otanko-aubergine | 2016-03-27 01:35 | Comments(4)
まったく ありえない話です。

去年の話なんですが 夫の具合が急変したので 緊急で スキャンを撮りました。

これ、11月の終りの話。

その結果が 良くないので 専門医と話合った方がいい と言われ、そのようにお願いしたのは クリスマスの数週間前。

クリスマスの時期は なにしろ混むんで 諦めていたのですが それにしても 1月も終りの週になろうとしているのに まったく その後、なんの音沙汰もないんです。

私は心配になって GPに聞きに行きましたよ。
受付の人に 事情を話すと、コンピューターで調べてくれましたが
「確かに、クリスマス前に 専門医に会うように申請されてるけど・・・。おかしいわね。その後が なんもないわ。。。」
首をかしげてます。
「あなたのために 調べといてあげるから!」

そんな心強い言葉を聞いて 安堵してたんですが、その後 GPドクターから電話がかかってきて
「なんで 今まで ほったらかしにしてたんだ!」
と、わたくし 怒鳴られました。

「だいたい 緊急でスキャンを撮った意味がないじゃないか! それに あんたの旦那はシリアスな状態だっつうのに!!」
なぜに私が怒られる羽目に・・??
怒りたいのは こっちなんですけど・・・・。

いやー、学んだね。
先手必勝だねぇ。 そんな こっちが 問い詰める前から まさかの 逆ギレ攻撃されるとは 夢にも思ってなかったので あたしゃ ぽか~ん・・・でしたよ。

そんなんで これで 予約の手紙が病院から来るだろう、と思って 待つこと 1週間。
これまた 何の 音沙汰もねぇ。

これまた 私はGPに行って 聞いてみたんですが 受付の人が この前の人とは 違って また 一から 話すはめに。
そして この前の人と同じように コンピューター画面を見て
「ほんとだわ・・・。クリスマス前に申請はされてるけど。。。。」
と 首をかしげます。
「分かったわ。 調べておくから。」
だけど その日にも 次の日にも その受付の人から 電話がかかってくることは なかったのです。

ので また 直接聞いてみようと思って GPに出向けば 受付の人は また違う人。
「かくかくしかじかで・・・」
と またもや一から話すと 調べてくれるも 同じリアクションで
「調べておくから!」
で、終り。

いや、この時 決意したね。
こいつら、なんの責任もなく ただ「調べとく」って言って ぜってー調べてないね。
だから 私は 毎日でもGPに通ってやる。
そうすれば 同じ人が 嫌でも受付にいるだろうから 問い詰めやすくなるしね。
こうなったら 根競べだわ。
なめんなよ~~~!!!

その日から 私はGPに毎日通いました。
数日後の受付の女。
特に 嫌なやつで 私は 嫌いな人だったんですが、そいつは めんどくさそうに話を聞いて
「知らない。うちらは なんも出来ないし。」
と 言い放ちやがったんです。

いや、私らだって なんも出来ないんですけど。
私はブチ切れましたね。
一体、どこの病院に行くのか、専門医が誰なのかも 知らないのに うちらが どうしろっつうのよ!!??
(ちなみに過去にも 2か所の病院に行っていたので そもそものシステムがよく分かりません)

すると その女、
「あぁ 病院はねぇ・・・」
と言って 近くの病院であることと 医者の名前と 医者の秘書の電話番号を メモに書いて、私に渡してきました。
「はい!!あんたが電話すればいいんじゃない?」
と 不適な笑み付きで 言いました。

・・・・・・・・・・・・・・。
一体 なんなんだ。 このシステムは。
GPドクターが 専門医に申請するのかと思ってたら 個人的に 電話して 予約って 取るもんなの???

キツネにつままれた思いで 外に出ようとすると 偶然にもGPドクターに会ったんです。

「あー!先生!!」

「ハ―イ。あんたの旦那の様態はどうだい??」

「いや、旦那は大丈夫なんですけど、それより まだ 病院の予約が来ないんですけど!!今、受付の人に言ったら 自分で電話しろ って言われたんですけど・・・」

「ええ!!まだ 予約が来てないの!?僕 先週、専門医に電話もしたし、FAXもしたんだけど。」

「はい。来てません。」

「信じられない・・・!何回も電話したし、早くしろ って話したんだけど・・!!・・・・よし!僕が もう一回 電話しとくから!!」

あぁ、、、やっぱり ドクターは頼れる。
いや、頼れないドクターもいるけど、この人は 良い人だ。
あ、このドクターが人気がなくて 予約が取りやすかったので ずっと前に 勝手に このドクターに変更しただけなんだけどね。

そして 晴れて 予約の手紙が来ました。

しかし、予約日、な、なんと、3月の初旬。
さ、3月ですよ??
スキャンは 11月の終りだったんだけど・・・。

○ぁっきん あんびりーばぼー・・・・
(ゴードン・ラムジー風に どうぞ・・)



[PR]
by otanko-aubergine | 2016-03-26 23:37 | イギリス生活 | Comments(2)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2016-03-09 23:52 | ファン限定記事