ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2016-02-27 00:03 | ファン限定記事
前回の日本食の話で思い出したことがあるんです。

「日本食」といえば ヘルシーと言うのが 世の常識ですが、いつも この国で言われるのは

「塩分が高すぎる」

ということを 鬼の首をとったかのように言われます。

「醤油」は塩分が高いし、まぁ そりゃ その通りなんですけど、

で、でも・・・・・
ちょっと 思いきって 言っていいかしら。

うちら、日本人は あんたらみたいに そんなに ドバドバ醤油かけないからっ!

と マジに言いたい。

いや、かける人もいるのかもしれないけど、普通、日本で醤油を多用するってことは
「料理がまずい」
というアクションですよねぇ。

刺身にしたって そんなに醤油に浸して食べたら 刺身の味が分からなくなるじゃないですか。

でも こっちの人は 池のようななった醤油に ドボドボ浸して、寿司食べますから。

他にも 醤油を だぁーーーーーーーーーーーーーっと まわして かけてる人を見たことありますけど。

びっくりしましたよ。

それを見てるだけで 喉が渇きます。

そりゃ、あんた、塩分高いっしょぉ~・・・。
そんな食べ方してるあんたらに 「塩分高い」とか したり顔で言われたかないのよね。

そして そういう人に 日本食を語る資格ナシッ!!!って 声を大にして言いたい。

素材そのものを 味わう日本食と、ソース命の欧米食との違いなんでしょうけどね。

最近に 特に なにがいけない、かにがいけない って言うけど それをどんだけの量、摂取してるのか っていう方が 重要だと思うんですよね。私は。



[PR]
by otanko-aubergine | 2016-02-26 00:51 | 単なる 独り言 | Comments(2)
なんのひねりもなく、タイトル通りなんですけど、ムショウに 日本食のなにかが食べたくなることありませんか??

私の中で 今、ムショウに寿司が食べたいんです。

こはだとか、あじとか いかとかの 生魚のにぎり寿司。
べつに トロとか 高級食材にはこだわってません。

すし太郎とか、手巻き寿司じゃ ダメなんです。
「握り寿司」が食べたいんです。

どうせなら やっぱり プロが握った 米の温度や握り具合、ネタの新鮮さはもちろんのこと、ネタとご飯の大きさの融合具合までパーフェクトである寿司が食べたいけど、
このさい、ダイエーとかの スーパーに売っている、ちょっと固まってるご飯のパックの寿司で 全然OKなんだけどなぁ。

あ、かんぴょう巻きとかには 興味がないけどね。

この国のスーパーでも なんちゃって 寿司パックは もちろん あります・・。

ずぅっと前に 食べたことがありますが 予想通り 期待を裏切る味でした。
期待してはいけないと言い聞かせて食べたのに 知らぬうちに目から情報を得た脳が 勝手に期待をしていたんでしょうねぇ。
大バカな私の脳ミソ・・・。


この国の生魚なんて ぜんぜん 信用できないので 絶対に食べたくないです。
スーパーに売っているぐったりとした魚はもちろんのこと、魚屋の魚だって 目が真っ赤だったり 「こんな色のマグロなんて 見たことない」とうようなものが 普通に売られています。

どっかの オリエンタルレストランで 生魚だかを食べた客の身体に虫が湧いた という 恐ろしい話を 知り合いから聞いて ますます 絶対に食べたくありません。
「絶対に食べてはいけないイギリスでのご飯」指定です。

思うんですけど、「日本の味」を身体が求めている時って 身体的に具合が悪いか(特に胃腸系)、ストレスがマックスの時なんですよね。

あぁ・・・。
「日本の」寿司が食べたい・・・。

そういうときって みなさんも ありますか??



[PR]
by otanko-aubergine | 2016-02-23 06:32 | 単なる 独り言 | Comments(6)
また文句なんですけどぉ・・・。

年を取ると文句しか出てこない って感じですけどね。

この前 医療作業士、所謂、OTてやつが来ましてね。

まぁ 要は安全に暮らせているか というものの チェックに来ました。

っていうか 医療作業士、通称OTっていうのも ここには いろんな組織のOTがいまして ついこの間来た、違うチームのOTは 
「全て 安全に暮らせるように直しました」
という リポートまで 送りつけてきたばっかりなんですけどぉ~・・・・。
そのリポートは もちろん 町医者にも送られたようですけどね。

けれど 今日来たチームのOTは ダメだしばっかり。。。。
また 面倒な事になりました。
面倒な事っていうのは この前の記事にもしたように、いろいろな部品を 頼んでくれるのはいいんですが また それが 配達される日は 私は 一日中 無駄にする勢いで待ってなければいけないんですよ。
しかも いまさらなものばかり・・・。
あぁ 面倒。。。


しかも、一番 解せない発言。

「もし、あなたが転びそうになっても 私は手助けけないわ。だって 私も怪我しちゃうもの。だから こういうものが必要なの。」

・・・・。
ええ・・・・
あんた、うちの旦那が転びそうになっても 手を貸さないんかい!!??
っていうのも さんざん いろいろ 危ない事をうちの夫にやらせておいて・・・!!!
私は あなたがついてるから 大丈夫だと思っていたのに。

これを言われたら ますます 他の誰も信用がおけなくなるんですけど。

私は もう この数年で 染みついてしまってるので もし 夫が転びそうになったら 多分 咄嗟に手が出てしまいます。
自分も怪我するとか そんなの 考える余裕はなく 条件反射ってやつで 助けようとしてしまうと思います。
いや、それが 普通じゃね?って思うんですけど みなさん どうですかね。
転びそうになってても、
「私、怪我したくないから」
って 転ぶのを 指くわえて 見てますか?フツー!!??

でも まぁ 他人だったら そうなのかもしれませんね。所詮、他人ですからね。
やっぱり 家族としたら 転ぶのを指加えて 見ているわけにはいかないのが 普通だと思ます。


それに いつも常に気づかりながら生活してるもんで 条件反射が発達したみたいでね・・。

この前 某スーパーの婦人服売り場を たまたま通りかかったんです。

向こうから おばさんが来たんですが そのおばさん、マネキンに当たってしまったんですね。

そのマネキンは 春ものモデルを着ていて 薄いピンクのピンヒールのような靴を履いていて もともと安定してなかったのも手伝って そのおばさんが ぶち当たったせいで マネキンが倒れ掛かってきたんです。

私は咄嗟に手がでましたね。
気づいたら 支えてました。 マネキンを。
なので 倒れることなく 無事に私の腕に抱かれたマネキン・・・・。

妙に そのおばさんに感謝されましてね。
一緒に そのマネキンを立て直したんですが ハイヒールの影響で うまく立たず・・。
2人で四苦八苦して マネキンを立て直し、手を放して大丈夫そうと見えると すかさず そのおばんさんが
「ここから 離れましょう。」
と 促されて 2人で とっとと 脱出しました。

マネキンさえも 守ってしまう私・・・。
あぁ 誰から 守られてぇ~・・・・・。



[PR]
by otanko-aubergine | 2016-02-13 09:22 | イギリス生活 | Comments(2)