ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

なんか 色々と ありました。

ってか Web上で・・・・。

私が好きなブロガーさんが 休止してたかと思ったら・・・・

ブログ引っ越しして 新たに ブログをされてたり・・・。

他の私の好きなブロガーさんの ファンの方と たまたま知り合って 色々 裏を知れてしまったり・・・・・。

なんか すごいっすね。

Web上っていうのは・・・・。

まぁ 私のブログなんて どーでもいい、なんの役にも立たないブログと思ってるんで どーでもいいんですけど 色々 有名ブロガーの方っていうのは 大変なんだなぁ と思った次第です。

色々な事を 裏でばらされたりするんですもんね・・・。

普通が いい。 一番 いい。

特別に、有名にとか ならなくていいよ。

ランキングとか どうでもいいし。


で、そもそも ブログって なんなのか??

って 問題に やっぱりなっちゃうんですよね。

例えば、道で いきなり 自分語りし出しても 誰にも聞いてもらえないけど、ネットの上だったら 誰かが 聞いてくれるんですよ。10人くらいとかは。

だから それに 嬉しくなる っていうのは ありますよね。

だから 言いたいけど言えない自慢話し。

言いたいけど 言えない愚痴。

言いたいけど 言えない 秘密の話し。

等などが ブログを始めるきっかけになるんじゃないでしょうかね。

それには もちろん、自分目線で 一方的に書けます。 自分自身の言い訳といえば そうですし、まぁ 話しを膨らませて ファンタジー入ってるのもありますよね。

そして 読者が勝手に妄想して そのブロガーのキャラを作り上げる っていうのもあるし。



私も 最初、ビザがあまりにも大変で、ネットをむさぼるように 探したけど 当時は そんなになかったんですよね。
で、私と 同じ時期に ビザに苦労した、戦士達・・・。

その人達も 結局 見てるブログは 同じで あの人はこうだった、こう書いてあった、この人は こうだった・・・
と、最近のものから 過去の すっごい昔の 知恵袋の質問まで 探して ほじくり出しては 怯えてた あの頃・・・。

意外に イギリスに留学とか、ワーホリだとかしたことある人の方が ビザに まーーったく 無頓着で 私のように そんなもん初めて!って言う人の方が ものすごく 神経質なような気がします。

なので 自分で ブログ設立して 吐きだすように書いたんですが、今は 私が戦った時とは 変わって もっと厳しくなった模様だし、それ自体も だんだん 自分に降りかかってくることじゃないので 興味が薄れて行く、今日、この頃・・・。

そして 私のころから 苦労されている方が 五万といるので たくさん ブログに書かれてますよね。
あれを 提出した、これを 提出した・・・って。

今更
「イギリスのビザは ものすごい大変!」
なんて 言われても

「はぁ??知らないの???」
と言いそうになるし、まぁ でも 結局 なんだかんだで 取れんでしょ とか思っちゃうし。

けれども 私の所に相談に来る方は 脅すようですが ビザが却下になった方も たくさんいます。

取れるのが 危ういので 相談される方もいます。

で、私がお世話になった 弁護士さんを ご紹介してますが その後 どうなったのかは 知りません。

私の紹介した弁護士さんを 使わなかった方もいらっしゃいますし、その後 連絡がない人は 多分 イギリスに来れてるんでしょう・・・と 勝手に思ってます。

あまりにも 多くて 誰が誰だかも 覚えてないくらいですけど・・・。


何か とりとめもなく書いてしまいましたが 色々 ブログについて 考えてしまった最近でした。
[PR]
by otanko-aubergine | 2015-02-19 21:00 | 単なる 独り言 | Comments(4)
この前、掃除機を買ったんですが、考えてみれば 私の人生の中で 掃除機を買ったのは 初めてでした・・・・!

日本にいた時にも、イギリスに来てからも なぜだか 掃除機は 貰い物だったんです。

イギリスに来て、掃除機をくれたのは 義姉。

私が思ったのは、小学校の時に 使ったような ものすごく でかくて 古いタイプの掃除機でした。

が、特に 不満もなかったので 使ってましたが、すんごい 重い!!!

掃除機をしまってある場所からの 持ち運び、大変でした。

おまけに 古くて・・・・・。
4つ付いている 車のうち、1つ取れ、2つ取れ・・・・。

車がとれるだけじゃなく、そこについてる車輪部分が 割れて 壊れて とれるため、吸い込みが悪くなる。

で・・・・。
ガムテープではって 直して 使ってました・・。

それと、吸い込む所の チューブも 古いから どんどん ちぎれてきて・・・・。

それも ガムテープ貼って 直して 使ってました。

でも、直しても、直しても ガムテープの下から ちぎれてきちゃうんですよね・・・。
やっと くっついて 今度は 完璧!と思ってると また その上の部分が ちぎれる・・・という具合に エンドレス・・・。


もう いい加減、 買え!!!っつう 話なんですが・・・。

まず、この、バカでかい掃除機を まず 捨てないといけない・・・。

リサイクルセンターに持っていくのは 私・・・・。

このバカでかくて バカ重い掃除機を えっちら 4階から 1階まで 運び、道路を渡った駐車場の車に積むのも 私・・・・。

リサイクルセンター、前に行ったことあるけど すっかり 忘れた・・・・


ということで なかなか 重い腰が上がらず・・・。


そんな時に またまた 義姉から 掃除機を貰ったんです。

義姉も 伯父さんが ケアホームに入る時に 貰ったものだったらしいんですが・・・・。

「これ、好きじゃないから もし まだ 買ってないなら あげるわ。」

といって 掃除機を またまた くれたんです。

私は 喜びましたよ。

だって・・・・!!!

これで お金がういたぜ! ラッキーー!!


喜び 勇んで もらった 掃除機を車に 押し込み、えいやっと 4階まで 運び、ついでに ガムテープだらけのボロボロの掃除機を 車に詰めて リサイクルセンターを調べて やっとこさ、捨てることを達成!!!


それに 新しい掃除機は 今風のモダンな形であり・・・
もちろん、紙パックがないタイプの シリンダー・・!!
かっこええ!!!

コンセントを 差し込み、 いよいよ 新しい掃除機を 使う時が 来ました。

どきどき・・・・・。

・・・・・・・。

あら・・・????

す、スイッチは どこかしら??

掃除機の角度が変わるボタンやら なにやら 教えてもらったのに かんじんのスイッチの場所が 分からない!!!

しばらく いろんな所を おしたり ひいたりしてました。

すると・・・・。
突然、

ブイ――ン!!


あまりにも 耳をつんざくような 騒音で びびって スイッチ切りましたよ。

放心状態のまま・・・

一体 今の騒音は なんだったんだ・・・・・ と、自問自答を繰り返し・・・・。

もう一度、心の準備をキチンとして スイッチを押すと・・・。

ブイ――ン!!

やっぱり 音は ものすごい爆音に 変わりありません・・・・。


仕方なく、騒音に我慢しながら 使い始めると・・・・。

ば、爆音のわりに、ちっとも 吸い取らない!!!

そこに 落ちてる、糸くずすら 吸い取ってないんですけど!!!

しかも・・・・・!!!

爆音に加えて、 ものすごい爆風!!!

竜巻がおこってんじゃないか ってくらい、 ものすごい風が おこって そのせいで 掃除機をかけた所を 見ると 余計に汚くなってんですけど・・・・。

で、吸い込みが悪く、ちっとも 吸わない。

爆風のお陰で 余計に 誇りがたって 床に落ちる。

・・・・・。
以下、繰り返し・・・・。

しかも、ヘッドがでかすぎて ソファーの下とか ベッドの下に 入らないし・・・・。

ヘッドをとって 細かい所を かけようにも ものすごい よわ~~~い吸引力で なかなか よく吸わず・・・。
しかも、チューブが ぐんにゃりしてるので 遠くの所も 届かず・・・。

ひろーい体育館のような部屋だったら いいのかもしれませんが、うちは ごちゃごちゃ 細かいものが いっぱいあるので ものすごく 掃除が大変なことに・・。

2倍以上、時間がかかり、ものすごい爆音と爆風のわりには ちっとも 綺麗にならず、私のストレスだけは 溜まっていくのです。

義姉が嫌いだと言ったワケが よ~~く 分かりました。


なので どうしようもなく、諦めて 買うことにしました。

で、買ったんですが・・・・。

いやーーーー、すごいね。
最高だね。

吸いこみはいいし、小回りきくし。
音も 爆音じゃないし。
こうじゃなきゃー!!


しかし、一回かけたら シリンダーに 誇りが3分の1は 詰まったと言う・・・・。

一体 どんだけ 誇りの中で 生活してたんだ???

と びっくらしましたよ。

ま、ガムテープだらけの掃除機と、爆音掃除機のお陰で 今まで まともに 掃除できなかったからかもしれませんが・・・。

たかが 掃除機ですけど されど 掃除機と思いました。
[PR]
by otanko-aubergine | 2015-02-09 09:33 | イギリス生活 | Comments(4)
同じ ご主人がご病気な人達で、 「主人に優しく出来ない」 っていう相談を よく受けます。

私の勝手な分析によると、


① 生死がかかっていない

基本的に 例えば 脳卒中などによって 身体の自由を奪われただけの場合、「死」というものが 顔のまん前の 1cm先に向き合っている というような感覚はないでしょうね。

その 不自由になってしまい、生活ががらりと変わってしまった、苛立ちと共に あと どれくらい暮らしていかなければならないのか、
終りのない、出口のない道で 右往左往しているように 感じるんですよね。


② 金銭的余裕がない


ご主人が倒れた場合、一家の大黒柱ですから それは 一大事です。 女性側が 大黒柱やってる人もいますが、基本、介護にはお金もかかります。しかも、自分が 面倒みているだけではなく 暮らしていかなければなりません。
ご主人の介護をしつつ、自分で働いて 生活費を稼がなくてはならない場合、特に切羽詰まっている場合、相当なプレッシャーを 介護者一人で 背負わなくてはなりません。

また、国際結婚で日本に住んでいる方で、ご主人が 国民年期等に入っていない場合、障害者年金すら貰えません。相当 きついと思います。


③ 患者の人格が変わる

これは ご主人がご病気になられる前に ものすごく 頼れるご主人で「そんな部分が好きだった 」と言う人にありがちなんだと思います。
例えば、問題は全て解決してくれたり、何事もリーダーシップをとってくれ、話も話題がたくさんで 楽しい。

そんなご主人が好きだったのに「何も出来ない」「泣きごとを言う」という変わりように 苛立ち始める。
優しくできないで 突き離していると、もっと ご主人は鬱のようになってしまうでしょう。
病気は人を変えます。
特に「かまって欲しいちゃん」タイプになるご主人に 悩んでる方、多いです。
そして そんなご主人を見るたびに 「でも どうしても優しくできない」と 言っている人が 結構 いるんですよね。

④ お子さんがいる

これも前の③の人格が変わるの 続きなんですが お子さんがいると やっぱり 父親として、しっかりした所を見せてほしい と思うこともあるでしょう。
そして お子さんを育てた経験から 自分の子供だったら 抱きしめてあげられるけど、自分の夫に そんな事は出来ない という事を言ってた人もいました。


⑤ 自分や両親などの闘病を体験したことがない

自ら 病気と闘った人は 患者が どんな気持ちで どんな不安になっているか 簡単に予測がつくでしょう。
また、親や兄妹などの 近しい人の闘病を 間近で見届けてきた人は どんなに 精神的に、影響され つらい思いをするかというのも 想像しやすいのではないでしょうか。


私は どれにも あてはまらないんですけどね。
それでも やっぱり 色々あります。
自分の中で。
たまに ファン限定で泣きごと言ってます。
そんなに 素晴らしい 介護のパンフレットの表紙のような生活してません。

パンフレットの表紙の笑いあってるカップルの写真を見るたびに 腹立て、破り捨ててますから。
実際は そんな 甘いもんじゃ ないですもん。



でも、反対にご主人が奥さんを 介護されるのとは 全く 別物と 私は思います。
[PR]
by otanko-aubergine | 2015-02-05 09:21 | 闘病生活 | Comments(4)

by otanko-aubergine