ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

この前、私が日本で仕事していた業界の人と 会う機会があったんですね。

その人は まだ 若者の未熟者。

その業界での イギリスにあるエリート学校に在籍中なのか 卒業したのか 知りませんけど そんくらいの、ほやほやの子供です。

日本の私の分野の人達からすれば 憧れの学校なわけですよ。

みんな こぞって そこの学校に留学したがります。
私だって 憧れてたことあります。ずーっと 昔に。 夢のまた夢で ありえない夢でしたけどね。

そんな人と 出会えるっていうのは 超貴重な機会で 私がイギリスに来て 初めてかもしれません。
4年かかりましたけど。

んで・・・。

お仕事を拝見してみると なんだか とっても 変な箇所があったので その人と話した時に やんわり指摘してみました。

「いろんな やり方の人がいるけど、あなたの学校では どのように習ったの?」

世界トップクラスのエリート学校なわけだから きっと そのスタイルがあるんだろうなー・・
ふふ、どんななんだろ??
日本に帰ったら 超ー知ったかぶりして
「イギリスにいた時にぃ~~」
「一見、変に見えるけどぉ~ これが イギリススタイルなのよねぇ。」
って、同じ業界の人に ふんぞり返って 話しちゃうぜ!イメージ的に たばこでもふかしながら・・!(私は吸えないんですけど・・・涙)
わくわく!!

と思ってたんですが、その若者から返ってきた答えは、

「えっ・・・(絶句)学校では ちゃんと習わなかったんだけど。とりあえず やってみろ!って感じで・・・・。逆に どうしたらいいんですか?教えてください。」

・・・・・・・・・・・・・・・。
まじっすか。

日本のみーんなの 憧れのエリート学校なのに ちゃんと教えてくれないの???

わたし、かなりショックでした。

んで 日本のやり方なんですけど 教えてあげました。

その若者は よくいう事を聞く 素直な いい子でした。

で・・・。
思ったんですよね。

「学校」といっても そこに行けば 手取り 足取り 教えてくれるわけじゃ ないんだ・・・・って。

「学校」に行ったからって それで 全てが完成されるわけじゃなくて 自分で経験を積む場所を作り、貪欲に吸収していかないと エリート校を卒業したからって 全ての人が 即戦力的で 素晴らしい人材になるわけでもない と。

「語学学校」がいい例ですよね。
たとえ、どんなに 素晴らしい語学学校に行ったからって、そこに行きさえすれば、授業を受けさえすれば 英語が出来るようになるか と言ったら 答えは もちろん「ありえません!」ですよね。

学校に通う プラス、自分で 試行錯誤して 英語を使う場所を作り、失敗しながら 経験しながら 時間をかけて学んでいくもんだと思うんです。 

日本から 何を勉強しに来るのであれ、留学する人達の
「学校で 何を教えてくれるのかしら?わくわく!」という 受け身じゃ ダメなんだなぁ~~~ って つくづく思いました。多分、日本の人達からしたら 物足りなく感じるんじゃなかろうかと・・・。
日本は 手取り、足取り、世界中で一番 丁寧なんじゃないかと思うくらい。

きっと、自分で 先生を利用して授業を作る くらいの勢いじゃないと「留学した」という事実だけで つまらない授業で 実りのない留学生活になるんじゃなかろうか・・・と 考えさせられました。


それと、だいたい、こっちでは みんな ボランティアワークから始めますよね。
経験を積むために。

その若者も ボランティアでお金は貰ってないと思います。
でも、そうやって「経験」という どんなにお金を払っても 買えないものを 自分で作り上げられ、それは その人の財産になると思うんです。
そのために こんなヘンピな田舎まで来たんでしょう。


日本って そのてん すごい。
未経験者でも 最初から 給料を貰える。やったこともないのに 
「がんばります!」
「やる気は 人一倍あります!」
「これから 一から 勉強しなおします!」
「諸先輩方、色々 教えてください!」

という言葉で 信用されて 会社からお金を貰えるじゃないですか・・・。
これって ある意味 すごい って思います。
未経験ってことは その人が 海の物とも 山の物とも 本人でさえ分からないのに ほとんどイチバチで 採用するって事なんですからね。

だったら ボランティアででも 働いて、経験して ある程度 使えるようになってから 対価をもらって 働きなさいよ!
と、某政治家なんかにも いいたくなりますよね。



「留学」について もう一つ、ネガティブな事言うと、私の業界の人達なんかは 口を揃えて
「留学生は お金」
という ショックな事実を聞かされます。
だって EUの人達からは ヨーロピアンユニオンってことで お金を取れないんですもの・・・。
そうなると NON-EUの人達の料金を吊りあげて そこから お金を取るしかないんですよね。
要は いいお客様なわけです。
だって 卒業したって 自分の国に帰っていただけばいいんですから 別にこっちで 就職にあぶれたって しったこっちゃないし・・。

きっと 日本の留学生は受け身で静かだし いいお客様なんだろうなぁ・・と 想像がついてしまいます・・・。

日本人は きっと 夢いっぱいに溢れて 留学するんだろうけどね・・・・・。



[PR]
by otanko-aubergine | 2014-09-24 20:26 | 単なる 独り言 | Comments(14)
ご存知の通り、イギリスには いろんな国の人達が住んでます。もちろんEU民が多いですけど。

そして その人達も やっぱり英語の壁にぶちあたってるんですよね。

例えば EU民、同じ国同士の夫婦で イギリスに移住してきた場合、

もちろん家の中での会話は 自分の国の言語。
仕事をしてなければ 家しか世界がない。
仕事をしていても そもそも英語なんて必要ない仕事しか 英語が出来ない外国人は出来ない。
なので 英語が上達しない。
友達は同じ国出身のご近所さん。
家でのテレビも自分の国のテレビを衛星放送で見れる。

ということで たいして英語に触れずに生活できるんですよね。

これ、日本人夫婦に置き変えてみても分かるかと思いますが。
駐在さんなんて 典型でしょうね。

子供がいれば 現地の学校に通わして お母さん同士の交流も出来るとは思いますが まぁ どれだけの交流のレベルか っていうのは こっちに住んだ事ある人だったら 想像しやすいと思います。

どっかの小説か成功者留学経験者とかだと、
すぐに 現地人の、すなわちイギリス人のお母さん友達が出来て その人が手取り、足取り、色々な事を教えてくれ、更に英語まで教えてくれて 仲よくなって 英語も出来るようになって 楽しい、夢のような海外生活を送った って話しが一般的なんでしょうけど まぁ このブログを読んでるような人は そういう事は起こりえないでしょう!
きっぱり!


それは 日本人だけじゃなくて 他の国からの移民の人も 同じなんですよね。

みんな 友達になるような現地人、すなわちイギリス人がいない。

だから 彼らの言分は

「私だってね、イギリス人と一緒に住んだら 絶対にすぐに英語が話せるようになるはず!!」

・・・・・・。
こういう間違った妄想というのも 世界共通って すごいなぁー って思います。

イギリス人と一緒に住んだからって「英語がすぐに話せるようになる」なんて 妄想は みなさんお分かりの通り ありえませんよ。

ただ、友達曰く ラテン語から派生した言語の人達、イタリア人とかスペイン人とかは 語彙が似ているので 英語がどんどんうまくなるのは 早いです。これは 日本人の比ではありません。
ものすごく難しい言葉なども 彼らは よく知ってます。


多分、一緒に住んで英語力が伸びるというのは ある程度 出来る人が一緒に住んだら ある程度まで伸びるんじゃないでしょうかね。

でも たいして英語も喋れないのに 一緒に住んだって すぐに話せるようにはなりません。

なぜなら そんな、下手くそで 何言ってるか分からないような英語を辛抱強く聞いてくれると言う人は 非常にマレで 奇特な方という意外ないからです。

一緒に住んだら なおさら 疲れてる時に 意味不明な英語らしき言語を推測しながら 辛抱強くなんて 聞いちゃいられないというのは 想像しやすいですよね。だって「一緒に住む」って 生活なんですから。

外国人同士の方が ハードルは低くなるとは思います。

なので、彼らは 利用できるものなら なんでもします。

名目は「英語を使えるから」。

なんだかね、私も一応 ご近所さんでお友達ですけど ただ 彼らが英語が話したいだけに利用されてる気分なんですよね。
だって 話の内容は ちっとも面白くもなんともないし 面白いであろう話でも そんな しどろもどろ つっかえ、つっかえ話されてもねぇ。。。多分、この人が日本人であったら 特に絶対に友達にはならないタイプでしょうしね。

外国人の次は 次にハードルが低い 年寄りなんですよね・・。誰か 知り合いにお年寄りがいれば 引っ越しの手伝いだ、家の掃除をしてあげる、何してあげる と言う名目で 英語を話す機会を作りたがる んですよね。 もうね、ここまでくると 拍手もんです。


で、思い出したんですけど うちの夫も日本に住んでるころ、よーく言ってました。

電話かかってきて 話が終わった後に
「友達?」
って聞くと、
「友達っていうか、この人は ただ 僕と英語が話したいだけ。そういうのって分かるじゃん?ただ 英語が話したいために利用されてるって ほんとやだ」
ってセリフ、何回も聞きましたね。

私はこれを知ってるからかもしれませんが 余計に「利用する」ってことが出来ません。

これが 多分期間が限られた留学生とかだったら がむしゃらにするのかもしれません。
だって どうせ 期間限定ですもんね。

それでも やっぱり 私も感じるように「利用されてる」感っていうのは 絶対に 分かると思うんですよね。
ランゲージ・エクスチェンジとかだったら 「お互いに利用しあう」という事が成り立っていての事だから いいんだと思いますが やっぱり 普通の人を 英語のためだけに 利用する・・・ って どうなの??って思います。


私の場合は たまに 道での 宗教の勧誘とか 電話でのセールスとかの時は 英語の練習と思って 利用させていただきますけどね。
そういえば 前に 携帯電話のセールスで 英語の練習のために「今日は決められないから また 明日かけてください」って 数日間続けたら 「あんたには もう こんなに猶予をあげたでしょ!今 決めて!」って 軽くブチ切れられました。(笑)やっぱり セールスの人も 気付いたんでしょうね。





[PR]
by otanko-aubergine | 2014-09-13 23:54 | 単なる 独り言 | Comments(10)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2014-09-03 09:29 | ファン限定記事

by otanko-aubergine