ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

こんにちは。otankoです。(爆!)

これ、やっていいのか ちょっと 悩んでしまいました。そこで イチイチ マジつっこみしないでね。
R指定でもつけようかと思っている今日この頃です。

いやー、前回の ドス黒いブラックジョークをやったら ブログ村の海外生活記事で1位になってしまって そのお陰で アクセス数が ものすごく莫大になり 怖いので ブログ村 ランキングに参加するのは止めました。(笑)
現在、やっと 通常のアクセス数になったので ほっとして 記事が書ける次第でございます。
あ~、怖かった!



もともと、最初は なんの考えもなく 適当に ブログ村の「国際恋愛」カテゴリーに入れてたんですけど あまりにも 浮いてるブログだったのと あそこで 上位になってしまったため 今までの人生、テストの点数から 何から すべて 底辺をさまよってきた私としては 非常に居心地が悪くなってしまったため カテゴリーチェンジをしたく どこでもいいから 探した結果、イギリス情報カテゴリー方達は ものすごいアクセス数と、INポイントになってたため 私のブログなんて 埋もれて 期待通り、底辺をさまよってくれるだろう・・・と思ってチェンジしました。


期待通り 底辺らへんをさまよっているブログでよかったんですが 記事書くと 記事ランキングで1位になる っていうのも 非常に心地悪いんですよね。

だって やっぱり 周りのブログの方とは まったく 違う、浮いてるブログなんで。
でも、面倒だから また 放置し、いつの間にか バナーとかいうのも いちいち 記事に貼るのが面倒になったりして、どうでもいいので ヨコの方においやったんですけど 前の記事の影響だかなんだか 誰か とっても 心の広い方が ランキングのボタンを押し続けててくださってたんですね。

で、どんどんINポイントが入ってしまって、また ランキングが上位になっちゃうと 何言われるか 分からないので すっぱりと ランキング、止めました。


いや、実は 罠??って思ってしまったんですよね。私、疑い深いんで。
誰かが 私を陥れようとしている!!!←被害妄想風に・・・。
裏で悪人が(なぜか 黒い覆面をしている人たち) せこせこと ランキングバナーを押して 私を上位に押しあげて 血祭りの刑にしようとしている・・・!!!??
ふっ・・・。お譲ちゃん、その手には のらないぜ。

と思ったのかは ともかく メンドクサイし、別にランキングのコダワリもないんでね。
それでも、バナークリックしてくださる方達、ありがとうございます。ランキング関係ないと 純粋に嬉しいですね。
ブログ村、退会しようとも思ってるんですけど 面倒だから また 放置してあるという 超 ぐうたらな 私です。
また、不都合が出てきたら おもーい腰をあげて 退会しようと思います。

なんか、さっぱりしましたね。
サラリーマン辞めて、独立した気分のような すがすがしさがありますね。


それと ファン申請をくださった方が 何人かいて、さすがに この時期の ファン申請って きょわい・・・!と また 疑い深くなっているので ファン申請してくださった人に メッセージをさしあげました。
ご自分のプロフィールにログインすると メッセージが見れますので 見てみてください。
そして メッセージくださいね。

あ、それと メッセージを送りたかったんですけど プロフィールを作っていらっしゃらない方もいて メッセージが送れないんです。作っていただけると 嬉しいな。

いや、あんな記事の後なので ファン限定記事には もっと 暴言吐いてるかと楽しみにしている方もいると思いますが、くだらないことしか書いてないんで 期待しないでくださいね。
それこそ
「おめー、一体 何がいいたいわけ?ぐちぐち 言ってんじゃねーよっ!」
って記事も 多いので あしからず。そんな事 ぶちぶち言ってるのが みっともないので ファン限定記事にしているだけなのです。



ファン申請の文に なぜ 私のブログに興味があるのか 書いてくださっている方、とっても 好感が持てるんですけど、ただ 一言、
「楽しみです」
みたいなのだと やっぱり 疑っちゃうんですよね。

他のみなさんも お気軽にメッセージくださいね。





[PR]
by otanko-aubergine | 2014-03-30 23:44 | ファン限定ブログについて | Comments(28)
ファン限定記事には書きましたので ファンの人は 分かっていただけると思いますが、パロってみました。
知らない人でも すぐに この題名で ピーン!と来ることでしょう。

とにかく、私が嫌いなブログ、ブロガー達は 次の通りです。


① ブログの書き出しに いちいち自分の名前を入れる

私は これが 非常に嫌いです。特に 有名になりたい人や 商売絡みのブログに多いのです。 毎回 記事の最初に うざったく 「こんにちは!」という文章の後に「○○です」などの 自分の個人名や、お店の名前などを書くブログ、更にメールアドレス付き を よく見かけるのですが、
「分かってるよ!あんたってことは!あんたのブログ見てるんだから!」って 叫びたくなります。
非常に 名前を浸透させ、売りたい気 まんまんな野心むき出しな所が 私には 逆にやぼったく感じられ、読みたくなくなります。そんなに 有名人になりたい??


② 最後に必ず ブログ村だか なんだかのランキングのボタンを押せと 強要してある

「励みになります」「応援よろしくお願いします」「ありがとうございます」などと 綺麗事を並べてたりしていますが 要は 「ボタンを押せ」と言っているのですよね。 横の方に 自分が今 ランキングで何位なのかを貼り付けてみたり 「ブログ村で×位です!」なとと、得意気に書いてある様子から 単に競争大好きで 参加しているランキングの上位を 虎視眈眈と狙っている競争心が強い人という感じが見受けられ そうなると へそ曲がりな私としては 絶対に押してはならぬ!という心の声が聞こえてくるのです。


③ やたらと「生の情報をお届けします」「役立つ情報が満載」などと 自分は正しい情報を常に届けていると勘違いしている人

ブログとは情報発信!とか のたまわって、どこのお店が どうだの、ここの店が こうだの、なんとかのケーキだか アフタヌーンティーが どうとか。
そして 必ず食べ物の ドアップな写真。
自分は「情報」とやらを届けているつもりでしょうが、単なる、「私、こーんなステキなお店知ってます!ここは 私の庭なのよ。」と言う事を皆さまにお届けしたいだけと言う、自慢のことも多々。
お店などは 店の雰囲気など、個人の趣味があると思うのですよね。小汚い古くさいような所が好きな人と、モダンで綺麗な所が好きな人のように。そして 実際に目で見るのと ネット上の写真で見るのと まったく違ったりするし、自分の目と足で探す楽しみ という 昔ながらの方法が一番だと私は思うのですが。
「こういう時は こうしたらいい」「ああしたらいい」という情報も 上から目線で物を言っているにすぎないように聞こえるこもともあるからです。
それと どうでもいい、このスーパーに日本の製品のナントカが売ってるとか 何が 何ポンドで買えるとか。そんな情報、ほんとに 読者は知りたいの?


④ ル―大柴状態のブログ

やたらと英語がちりばめてあるブログのことです。
私は英語が大っきらいなので 英語の単語すら目が拒否します。しかし、よく見てみると、
「今日 shopping に my friend と行きました。cuteなsweaterをget! 」とか
「今日は my favorite cakeを食べました☆ delicious!」
そんくらい、日本語で書けば??というような もんばっか。しかも ほんの数行で 終わってたりする。
これは どうやら大体 海外に来たばっかりの 最初の数か月以内に起こり、比較的 英語力がない人に起こる 基礎英単語すら日本語に変換する能力がなくなる という病気のようです。
「It's 4me!」「Are U alright?」など やたらと テキストの省略形を使いたがるのも この人達の特徴。for とかyouくらい 書けよ!って思うし、「i am ....」など 小文字になってるままだったり そんくらい大文字にしたらいいじゃん!
ぶっちゃってさぁ~・・・って 含み笑いしちゃいます。
しっかりとした英語力を持っている人の文章って ものすごく日本語も きちんとしていて 正しくて、美しいんですよね。


⑤ 「イギリスは」「イギリス人は」など その国の雑学講座状態のブログ

よく「イギリス人は紅茶を飲む」とか「英国紳士なので ○○だ」だとか「イギリス人は列を作るのが好き」だの、「イギリス料理はまずい」だの「ほんとは美味しいだの」「イギリスでのイースターは こうする」「こうしない」だとか そういうような いちいち うざったいネタ。
日本人だって 日本茶飲む人と コーヒー飲む人といると思うし、何にしても 人種じゃなくて その人の経験によると思います。
私は「イギリス人は こうする」「こうしない」とか しかも どーでもいいようなネタが 大嫌いです。どっかの旅行本に書いてあるような事を さも おもしろおかしく書いてあったりすると 面倒くさくなって 途中で終了します。
本人達は 得意気に「イギリス人ってこうなのよ~。あなた達、知らないでしょ~?私、イギリスに住んで たくさんのイギリス人と接しているから 分かるのよ。」とでも 言いたいように聞こえます。
「何人は○○する」「日本とは 違ってびっくり」とか こういうの、好きな人は好きですよねぇ。
それと同時に 「イギリスでは こうします!」話も 嫌い。
私には「ほら、イギリスでは こんな風にするのよ!あなた達、知らなかったでしょ~?経験したことないでしょ~?ふふ、私は 経験して 知ってるの。えっへん!」というような声が聞こえてくるからです。これも ほぼ途中で終了します。


⑥ イギリスの(自分の住んでる国の)愚痴を言う

すみませんが、私からしたら ほとんどが どーでもいいような事なんですよね。
電車がまた遅れただとか 旅行会社で頼んだら担当者が適当だった とか プラマーの仕事が遅かったとか そういうの。
私も愚痴書くので 自分も含めますが、軽いタッチで それを 大きい字にしてみたり、カラーで書いてみたり、そこまで笑いに出来るようなら 別に深刻でもなんでもないし。
「こ~んな目にあった自分の話、おもしろいでしょ~?イギリスって 違うでしょぉ?あなた達、知らないでしょぉ?」と これまた言いたいだけのように思えるからです。
マジに深刻で 生死を常に覚悟して今まで来た私からしたら そんなアホらしいこと、どーでもよくなります。っていうか そんな 下らないこと言って、平和で幸せでいいわねぇ って嫉妬さえ覚えます。

前に「イギリスの不動産屋はもうすでに物件が借りられてて ないものまで まだ貼ってある。さすがイギリス。」っていうの読んだことあるんですけど 苦笑しましたよ。日本でも そんなのは不動産屋では普通にします。ってか、まず よく 日本でも社会勉強してください。
日本だって たらいまわしや 腹立つカスタマーサービスの人もいますしね。


⑦ 家族の愚痴を言う

夫のことを 動物に例えた愛称で呼んだりし、更に あーだの、こーだの、何してくれないだの、何してくれすぎてイヤだとか、ケチだとか ケチじゃないとか これまたメンドクサイ愚痴がいつも書いてあるブログ。
あんたは 幸せだから そんな呑気に夫の愚痴なんて言ってられるんだよ。と、シリアスな病気の旦那を持つと、これも 軽く、いや強く嫉妬し、そんな事言ってる人にケリの一つでも入れたくなりますね。
まぁ これは「私ったら こんなに幸せ~。愛されてるしぃ~彼って ステキでしょ~?ちょっと変な所までぇ~それさえも、愛おしくて笑えちゃう!」というノロケなんですよね。ハイハイ、ご馳走様 って言って終了ですね。愚痴で誰かに言いたい というよりも、幸せすぎる私を誰かに自慢したい ってことですね。

義理家族、特に 義理両親の愚痴も 多々見かけますが、私には 義理両親がなく、そのような経験がないので 言えるのかもしれないのですが どっちもどっちなんじゃねぇ?って思ってしまいます。
義理両親の立場に立って考えてみる ということは 一切許されず、常に 義理両親側が我儘、常識がおかしい、そして それに耐える自分 という構図になってます。
まぁ 日本人同士だって 義理両親とは 色々あるし、お互いの言分を聞かないと 物事っていうのは 分かりませんよね。これを 「外人の義理両親」というフィルターを通して 更に「文化の違い」だのなんだの もっともらしい事を言ってる所が 私は嫌いです。変な人は どこにでもいます。


⑧ セレブ(ぶってる?)ブログ

根本的に世界が違うし 全く 興味もないので よく見たこともありませんが 誰とかの豪邸に招待されて、パーティーしただの、素晴らしく料理上手な私の作品等をアップしたり、クソ高いレストランに行って、これまたドアップの料理の写真、そして コスメやネイルが どーとかで 小奇麗にしている自分が大好き!そのため 自分のステキな写真も もちろん載せている。更に しょっちゅう 小旅行だの旅行だの行って 得意気にその様子をアップしたりしているようなブログ。しかも、それも「情報だ」と言い切り ただの自慢アピールに気付いていないような人達。
まさに「私は 素晴らしいイギリス生活を満喫しているの~!あなた達は したことないでしょ~?見て見て~!私って すごいのよ~!!イギリスで、こんなに綺麗な奥さんしているの!」と 叫んでるように見えるんです。
こう言う人は facebookなどにも連結して どんんどん自己自慢に邁進しているように見受けられます。そして その取り巻きと日本にいる純粋無垢すぎる善人達が「イイネ!」ボタンを連打。おきばりやす。


⑨ なぜかいつも ポジティブなブログ

いつも、ポジティブ。ちょっと庶民的で高感度をさらいつつ、きらびやかなイギリス生活を送っていて、基本的にネガティブな自分は嫌い☆ もっと頑張らなくっちゃ!私! というようなブログ。
この手の人達は まるで 見える世界が違うかのようで、何一つとっても 例えば そこら辺の小汚い中古品でさえ 魔法がかかったように
「アンティークってステキ!」「アンティークって可愛い!」みたいな反応で、そこまで ポジティブな見え方するんだぁ と感心すらしてしまいます。また 「頑張る」のが大すき。常に「頑張っていて」そんな 頑張っている自分が大好き。そして そんな自分にちょっと何かが 振りかかれば たちまち悲劇のヒロインのように。
そこに ヒロインを励ますコメントが押し寄せ これまたヒロインの如く立ち直っていく という。
また、「読者のみんなに心配させちゃってごめんね」と 軽く芸能人気分。
まさに ヒロイン・ヒロコ系のブログとでも 命名しましょうか。


⑩ 武勇伝が多いブログ

世界の何カ国旅してきて得た経験とやらだの、「海外」で働いていて仕事が忙しく休みがない、私って、オレって こんなにすごいんだぜ ブログ。
こういう人タチは もうすでに 自分が偉人になったかのように錯覚しており、ブログに ツイッターやら何やら こんもりSNS系がリンクされている。 始終 なにかしらつぶやき、時には 相田みつをのような格言をのせ、自分って すごいんだぜアピールに 更に磨きがかかっている。
こんなに仕事で疲れきっている私、オレや、こんな危険な事も挑戦する私、俺などの証拠写真などをのせてあるんだけど どう考えても 自分で自分の姿を写真に撮っているか、誰かに命令して撮らせているかであり、あまりにも滑稽で笑えてしまう。
また、わたしってオレって こんなに外人の友達が多いんだぜ!的な写真や記事も多く 絶対に写真にはピースだかグッドだかのポージングをとっていて 恥ずかしげもなく全世界に公開。
そして うざったいほどに 努力すれば何ゴトもかなうだの 言ってみれば お前らは努力が足りない という趣旨の 努力・根性の体育会系論を布教しようとする。
ワタクシの経験では 物事には いくら努力してもかなわないこともあり、その反面 適当にやっても どんどん評価されてしまうこともあるのです。それが 人生なのです。



よくある、私が嫌いな海外生活ブログ というのはだいたい、こんな感じで それが 色々と交錯しています。
海外に行く前というのは 期待と不安が入り混じってますから 色々と あーでもない、こーでもない、とネタが尽きないんですよね。やることはてんこ盛りだし、何持って行くだの、荷物はこんだけだの、毎日ネットで 情報収集もかねて いろんなサイトを見ますしね。
なので 海外に行く前というのが ものすごく懇切丁寧なブログになっていて、ブログ更新も頻繁なのです。
そして 海外に渡り、到着した当初というのは 孤独だし、見るもの、やることが 全て新鮮で「海外でこれやってる!」と たかが 日本で言うところのドト―ルコーヒーでコーヒーを飲むこと位のレベルだけでも 感動するような感覚におちいるんですね。

で、生活も慣れてくる、3カ月位後になると 途端に 更新頻度がパタっと 途絶えます。
「海外で初めて○○する」という経験もなくなってくるし、だんだんと魔法が溶けてくるからです。
どこに住もうとも 日常とは 仕事や学校、主婦業などの 単純な連続の毎日であり、日本の毎日と 大差ないことに気づいてくるんですね。なので 特別なネタなど なくなるのです。
特別な事と言えば、誰とかとランチに行った、旅行に行った・・・・日常って その程度なんですよね。どこの国にいようとも。

そして、親や友達が ブログを見ているので 心配かけたくない、海外で元気で楽しんでいる自分を見せたいがため、ネガティブな気持ちや愚痴は書かない、いや 書けない と言う方が正しいでしょうかね。
まぁ これが⑩のような人は それを「私って オレって 愚痴は絶対言わない!すごいでしょ!!?」というような事が ところどころに 散りばめられてますけど。


私が嫌いなのは それを「生の情報だ」とか「本当の情報」だとか のたまわってるブログです。
日常というのは いい事もあれば 悪いこともある。気持ちが上向きで 絶好調の時もあれば 何をやっても うまくいかない、泣きたくなるような日もあるのです
それを いい事ばかりしか載せない「情報ブログ」というのは 立派な情報操作です。要は 隠ぺい工作してる ってことなんですよ。


なので、みなさん、気を付けてほしいのです。
例えば、特に留学・ワーホリ・エージェントブログなんかは いい事しか言えませんよね。商売上。
本当は 留学してお金を落としてくれるのは大歓迎。でもね、イギリスって国は 勉学が終ったら さっさとあんたらに日本に帰っていただきたいのよ。だいたい、最初からたいした英語力もない人が 1年程度 語学学校に通ったからって英語がペラペラ話せるようになるわけないしね。で、永住権を採れる道は 結婚意外、ほぼないからね。なんて 書けませんものね。


けれど、読み手としたら そう言う事を知らずに 夢を膨らませてしまうんです。
そして これから起こる未知な事に不安を抱き、一歩が踏み出せずに 背中を誰かに押して欲しい人が こういうブログを手掛かりに 
「そうだよね!やっぱ そうだよね!」「みんな、よかったと言っているものね!」などと 一方的に解釈。更に コメント入れたりして、ネット上でコミュニケーションを取り、隠ぺい工作している人から 背中を押してもらっているという。
それが 悪いとは言いません。 

ただ、言いたいことは いくら 体験談や経験談を読んで、同じ事をやろうとしも あなたがこれから やろうとしていることは 地球上でたった一人しかいない、アナタがやることなので 人類史上、初めての経験であるということ。
他の人の体験談や経験談など 全く 役に立たない、「本当の」情報なんて この世に存在しない ということを言いたいのです。


今は 誰でも簡単にブログが始められます。
もちろん、ブログっていうのは 好きなこと書けばいいんです。ただの自己満足なだけなんですから。私も 単なる自己満足で書いてます。
別に誰かの役にたつような そんな恩着せかましいブログじゃないですし。
イヤなら 私のように読まなきゃいいだけなので 何を書いたっていいんですけど、あまりにも「役立つ」「生の情報」などと歌って 読者数を煽り ただの下らないおとぎ話のような 自分自慢のことしか書いてないと 腹立ってくるのです。

なので 人さまのブログに うざったい批判コメントを残すのではなく、自分の所で 言ってみました。(笑)








[PR]
by otanko-aubergine | 2014-03-24 02:06 | 単なる 独り言 | Comments(71)
この前、テスコに行ったときに 入口で ナントカカードの勧誘をする人に掴りました。

日本にいると ものすごい激しい勧誘に合いますけど この国って 基本がやる気ないから ぜんぜん そういうのないし、あっても 「はぁ?」って言ってるうちに 「あー、いらないわね。」とか「無理ね」とか勝手に決められて 去って行くので 断れなくて 困ったことはありません。
日本は しつこく 振り払っても振りはらっても あの手、この手で 契約させようとするのにね。


で、この前は ちょうど カートを持って さて、買物を始めよう! って時に その人に 捕まえられました。
「あなた、○○カード、持ってる?」
「持ってません」

そう答えると その勧誘の人は 更に ほくそ笑むかのように
「ガソリン代、安くしたいと思わない?」
と 言ってきました。 
ガソリン代を安く・・??
そりゃ とーぜんじゃないか!そりゃ 安くなるんだったら 安くしたいに 決まっとるじゃろう!!

ということで 速効に
「したいと思います。」
と答えると その勧誘の人は
「あ、そう思ってる?思っちゃってる?」
と言って 満足そうに、そして 得意気に、1枚のパンフレットを取り出し 説明し始めました。

「え~~っと、まずね、あなたが もし テスコで£50の買物をしたとすれば・・・・」

はぁ~~~????

£50?????

£50って £50??

私は よく 50と15を、聞き間違えるし、言い間違えるので もう一度 確認しました。

「ご、50ポンドですか??」

すると その勧誘の人、何言ってるの?この人 とでも言うように

「ええ。50ポンドだけど それが 何か・・??」

ちなみに £1=170円計算で 8500円くらいでしょうか。

私、勝手にプロジェクトで(その記事はこちらから ) 個人店でほとんど買っているので そんなに スーパーで買うものがないんですよね。

もちろん、紅茶だとか ビールとか そういうものは買ってますけど それで 50ポンドも使いません。
なので 私は
「あの・・。買物で 50ポンドも 使いません。」

と 言ってみました。すると その人 すぐに
「じゃぁ だいたい いくらくらい使うの?」
私「うーん。だいたい 20ポンドくらい?」

そんなに使わないことも 多々ありますが だいたいで 適当に答えました。

すると その勧誘の方、
「はーん。20ポンドね。でもよ、もし あなたが 毎週20ポンド使ったとしたら 1カ月で80ポンドでしょー??そうすると どーのこーので・・・」
ぐちゃぐちゃと 説明され、 ものすっごい これまた 得意気に こう言いました。

「あなたは 2ペンス 節約することができるの!」

に、2ペンスーー!!????

2ペンスって 2ペンスーーー???

私、また 20ペンスってのの 間違いじゃないかと思って 大声で 何回も マンガのように 確認してしまいましたよ。

ねぇ、2ペンス?あなた、今 2ペンスって 言ったわよねぇ?
20ペンスの間違いじゃなくて 2ペンスなの?たったの 2ペンスなのね????

2ペンスって 1ペンスを1,7円と計算したって 3,4円。ってか どんぶり勘定にしたって 5円。
たったの5円ですよ!??

そんな苦労して なんとかカードに入会して たった5円のために あくせく テスコで買物するの???

それ、1年貯めたって 60円・・・というか 24ペンス・・・・。

もう来年は 日本に帰っているかもしれないというのに そんな悠長なこと 言ってられませんのよ。わたくし。

で、言いましたよ。

「いやー、2ペンスって ちょっと・・・・。それだけだったら 別に いいですー。」

もう苦笑いしてしまいましたよ。

その人は すごく びっくりしたような顔してましたけど それを見て 更に私も もう一回、びっくりしましたよ。
みんな この2ペンスのために 入会するの??
って・・・・。
メリーポピンズの映画の時代だったら 鳩のエサでも買えるでしょうが、現代で 2ペンスで なんも買えませんよ。



日本でも みみっちい ポイントカードが たくさんありますよね。
私にしたら これも なんだか 上から目線で
「安くなるんだったら あんたら消費者はこの上なく嬉しいに決まってるでしょ?値段が どんなに小さかろうが 文句ないでしょ?」
って言ってるように聞こえてしまって ほんとに 気分が悪くなるんです。
だったら 割り引いていただかなくて 結構です 
と そう答えたくなってしまうという・・・・。








[PR]
by otanko-aubergine | 2014-03-20 02:46 | イギリス生活 | Comments(9)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2014-03-17 22:48 | ファン限定記事
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2014-03-16 21:20 | ファン限定記事
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2014-03-14 09:33 | ファン限定記事
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2014-03-11 10:02 | ファン限定記事
イギリス在住のみなさん!! この前のBBC2でやった ヘアリー・バイカ―ズとかいう2人組の ひげもじゃの人達が 日本に行って いろんな食事を食べたり、作り方を紹介したりする番組、見ましたか??
あのシリーズ、 アジアを紀行して その土地の物をたべつつ 作り方を紹介する番組のようでした。で、今回は日本でしたね。

うちは 義姉が わざわざ旦那に電話して知らせてくれました。(笑)

私、実は この手の番組って 日本の変な所を わざわざ集めたりするから 好きじゃないんですよねぇ。

今まででも、おがくずの中で生きてる大正海老みたいのに 日本人がかぶり付いて見せてみて、みんな驚くとか・・・→ つうか 誰も日本人は そんなことしません。シンプルにグリルで焼いて食べた方が 何倍美味しいか・・・。あぁ、もったいない・・。

粕漬けの魚を食べさせられて 吐いたり・・・→粕漬けなんて癖のあるものは 日本人だって 好き嫌いがありますよね。ちなみに私は 食べられますけど、あまり得意ではありません。

文化的な面では

オタク男が ちっちゃいテレビゲームのような画面に出てくるアニメの女の子を 自分の彼女といい、会話をするとか・・→日本人男の全員がそうかのような伝え方でしたが、そんな人はマレだし、少なくとも 私の知り合いにも友達にもいません。

警備会社に一日入社して 体操したり、大声で叫んだり、体育会系な研修をする → 全部の会社が そうではありません。もちろん。

女のイギリス人が 婚活パーティーに先週する、そして オタクっぽい男と知り合う→ これも みんながみんな 婚活パーティーに行って必死に相手を探しているわけでもないでしょ。大体 サクラもたくさんいます。ああいうパーティーは。

それと お約束の
相撲レスラーと対決させられて 歯が立たない とか、
寿司を食べるですね。



で、今回の番組は(来週は京都に行くそうですが) 料理紀行番組で ベタではありましたが そういう変な所はなかったので 今までの中で 一番マシだったと思います。

いや~、でも どうしても チェックが厳しくなっちゃうんですよねぇ。

え、この曲は日本じゃないっ!とか。なぜ、沖縄民謡が相撲部屋の時のバックミュージック?とか。

寿司食べるのに 素手で 掴んだはいいけど じっくり眺めたりしてるから 
「寿司は ネタの鮮度が命なんだから とっとと 食べて!!ネタがあったまっちゃうでしょ!!!」
とか 思ってしまったり、うまい焼き鳥には タレじゃなく やっぱり 塩で食べてほしいわぁ などなど。

でも、お決まりの相撲あり、寿司あり、新宿の焼き鶏屋にサラリーマンと行って 働きすぎをサラリーマンがアピールしたり まぁ いかにも 「日本」という番組作りでした。

私としては せっかくの料理紀行番組なので 寿司っつったって もっと 奥深いんだから イギリスなどでよく分からない人が 適当にただ握って形だけマネしたのとは 別ものなの!!と、主張したいので そこで マンガの「将太の寿司」でも 紹介して 読ませろ!とか思ってしまいました。

ネタの鮮度を保つために寿司職人は だいたい3手で握ることや、寿司ネタとご飯の割合とか 光にかざすと明かりが透けて見えるくらいの、ご飯の握りの強さで扇形に握るとか ご飯の湿り具合とか 全て 計算されてるんですからっ!!
おにぎりのようなご飯の上に ただ ネタをのっけただけとは 大違いなんですっ!!(すべてマンガ「将太の寿司」からの知識です・・・)


しかも、いつも こういう番組を見て思うのですが 出てくる日本人のみなさん、英語がお上手ですねぇ~~。
(焼き鳥屋のおっちゃんは 若干 話しがかみ合ってなかったけど。)

もう ペッラペラじゃん!アメリカンアクセントバリバリで。

あれ、見たら 日本の人って みんな英語が話せるんじゃん!って思っちゃうくらい。

そして 非常に自分のレベルに落ち込むという・・・。

ほんとに 外国にただ住んだって 英語なんて出来ませんから。

誰かが ブログで1年も住めば 日常会話は出来る って書いてあったの読んだんですが 日常会話って何よ!?

日常会話なんて 幅広すぎて 3年以上住んだって まともに出来ないんですけど。

挨拶程度なら うなずけますけど。

でも、それが 出来ない自分に慣れていくんです。開き直るというか・・。で、定期的にショックな出来事に出会い、また凹む→頑張ろうと思う→時間が経ってまたそれに慣れる→またショックな出来事に遭遇→凹む・・・以下 永遠に繰り返されるだけです。
慣れとは 恐ろしい!!!

これから 渡英する方達で、英語が私のように苦手な方!そして 私のように 旦那とは日本語で話してる方!! 私のようにならないように・・・。
テレビに出てきたような人達の前で 間違っても イギリスに住んでますとか 恥ずかしくて言えません。

 

で、番組の最後に
「このように 日本人が食を 大変リスペクトしていることが分かりました」
みたいなこと言ってたんですが 私には さっぱり分からなかった・・・。
「え??どこが???」
って感じだったんですねぇ。

それを言うなら 「いただきます」の意味を この人達に教えてくださいよ。と、思ってしまった。
それが 日本の文化で 食にリスペクトしている 昔からの証拠でしょうがよ。
動物はもちろん、例え野菜だろうが 生きている物の命を戴くからには 感謝と敬意をこめて 食べれる所はなるべく食べ、全てを残さずに戴きます という文化を。
だから 日本の人は 食べ物をムゲに捨てたり、すぐに残して捨てたりしないんです。
まぁ 最近の若者とかは「戴きます」の意味も知らない人も多いみたいなので すぐに捨てたり、残したりしますがね。
それに イギリスのテレビ番組の中では 結構 食べ物を粗末に扱って遊んだりするんですよね。
「日本じゃ、絶対に苦情がくるよ・・・」
と思わずおびえる私がいるという・・・。

捕鯨問題にしたって この文化が根底に私達にはあるんですよ・・・。だから オイルだけとって 後は捨ててしまう 他の国とは違って 生命を戴くからには きちんと戴いてるんです・・・。
と、 この「戴きます」の日本の文化を こういう所からでも もっと世界に発信していくべきだと私は 思っているのです。

焼き鳥だって あの番組では 焼きたてを食べるで 終わってたけど、焼き鳥って そもそも「戴きます文化」だからこそ、レバーやぼんじり、軟骨、鳥皮など 食べれる所はなるべく おいしく食べよう ってことなんじゃないですか??
そこを 伝えないで どうする!!
と、突っ込みそうになりました。

いや、日本だと「好き嫌いがない」って ポジティブな考えじゃないですか。でも、なんか この国で「好き嫌いなくなんでも食べる」ってしてると、特に魚や鳥の皮とか食べたりする私を なんでもかんでも 犬までも食べる野蛮人と 周りの人から 思われるみたいなんですよねぇ~。だから そこを きっちりテレビで言ってほしいんですよ。

留学生の人で 「いただきます」の意味を答えられない人とかいるみたいなので びっくりしたんですが、しっかり!!あなた達が正しく 世界に伝えるという役目を担ってます!語学学校等で 説明してください。

このブログで留学生が見てることはないのかもしれませんが(前にコメントくれた方で1人だけいました!) しっかり よろしく頼むよ!(人任せ~~・・・)

あ、ついでに ご自身か家族か親戚か友達がBBCに勤めていると言う方も よろしくお願いしますよ~~。(完全に人任せ・・・)



[PR]
by otanko-aubergine | 2014-03-09 18:57 | イギリス生活 | Comments(8)
イギリス生活、4年目に突入しているのですが 色々な面で 心境の変化が・・・。

まず、いつも出身国を聞かれて イライラしていたのですが そういう気持ちもなくなり 
「にいはお~」
って声かけられても、
「ねぇ、旧正月っていつ?」
とか 人から聞かれても、
「あなた どこの国の人?中国人?」
ってあからさまに聞かれても、日本と中国やタイの文化を 一色多にされても 腹も立たなくなりました。
過剰に反応して
「私は 日本人ですっ!!」
「日本は 違いますっ!」
っていうのも なくなりました。

穏やかに、
「いえ、私 日本人です~」
と言い、心の中で「どーせ、あんたらは 日本なんて知らないだろうから どうでもいいわぁ~」と ささやけると言う・・・。
あぁ なんて ストレスフリーになったことでしょう!!
自分の心の成長を 自分で 褒めたい・・・!!!(そして こういう風に 自分に極甘な人間になっているという・・)


いや、最近 こちら側から見ていて すごく 似たりよったりだなぁ って思ったことがあったんです。

前回の記事にも 書いたんですが オリンピックのすごさです。

だって イギリスって 特に冬のオリンピックは ぜんぜん得意じゃないので それほど とりたてて騒がないからです。
ボブスレーの女の人が 金メダルだったので 彼女くらい。
まぁ イギリス南西部の洪水がすごくて ニュースでも そればっかりで オリンピックどころじゃないって感じもありましたが。

前に記事にしましたが、(参照:盛り上がってる?)2年前のロンドンオリンピックでも、3年前のロイヤルウェディングでも、ロイヤルベイビーでも 日本の人から よく
「盛り上がってるでしょ?」
ってメール貰うんですが まったく 盛り上がってないんですよね。
まぁ 一部の好きな人は もちろんいるんでしょうが。テレビで 同じ映像を何百回も見る ということもないし、人々の会話の中にも さほど出てきません。
ちょっとは あるかもしれないけど 日本ほど すごくないです。


日本って 本当に 色んな事にうざったい位に過熱すぎるというか・・・・
って こちらの冷めきった遠い国から見ると 思ってしまうですよね。

思い出したんですけど 日本にいる時に 報道と周りの人がうざいので ほとんどオリンピックなんて見てませんでした。
っていうのを 忘れてました。特に フィギュアスケート。
友達に一人 熱狂ファンの人がいて めんどくさいこと いちいち ぐちぐちバンクーバーオリンピックの前から言ってたけど はっきり言って フィギュアスケートとか たいして興味ない私から見ると その うんちくのうざったさで 更に見る気がしなくなるという・・・・。
で、今回 そんなこと すっかり忘れてたんで、フツーに応援する気持ちでオリンピックを観戦しまして、毎日の日課のヤフージャパンなんかを見ると・・・。

ほんとに すごすぎて 絶句でしたね。
っていうか なんで 日本にいた時は わざとスル―してたのか ということを 思い出したんですよね。

で、いろいろ ぐたぐた みんな言ってるんですが まったく 蚊帳の外からそちら側を見ると、ほんとに やってることは アジア3国、みな同じに見えるんです。

今は 銀メダルだった国が いろいろと納得いってないようなことを見て 日本の人は せせら笑ってますが バンクーバーの時に うざったいほど 日本だって 同じようなことやってたじゃん!って 感じてしまうんですけど。
こういう事言うと 細かいこと 色々取り上げて
「ここが日本は 違う!」「こういうことは やってない!」
とか言いだす人もいるんでしょうが、細かい事情良く知らずに 遠くから傍観していると 同じような事やってんじゃん、これは こっちの人からしたら 同じように見えるわなぁ と思いました。


そもそもが オリンピックに そんなに白熱してないし・・。
オリンピックって 白熱してるの、開催国とアジア3国とアメリカだけじゃないの・・・??って 思ってしまうんですが・・・。いや、アメリカ在住の人にも 聞きたい。そんなに 盛り上がってるんですか?日本のように??


それに「金メダル」のために 義務教育もまともに行かないで そればっかり練習する ってなに?共産主義とか社会主義?中国とかソ連じゃないんだからさぁ・・・って思っちゃうし。

これ 子供が異常に守られているこの国では 立派な児童虐待になるんじゃないかと思うんですが。
だって 義務教育だよ!??義務なんだよ??

・・・・という面で考えても なんだか こちらの人が アジアを混同するのも ちょっと 今回 妙に納得してしまったんですよね・・・・。



[PR]
by otanko-aubergine | 2014-03-06 00:38 | 単なる 独り言 | Comments(25)