ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

<   2012年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今は 便利な時代になりました・・・。

ネットの普及で、簡単に 海外にいる友人などに コンタクトを取れる時代。

メールや 電話、skyp・・・・。

こんなのがない時代だったら 切手を貼った、手紙のみの やりとりになっていたのでしょうね。。。



でもね・・・・。

私、思うんですが 日本のみなさん、忙しすぎて メールなんて めったに くれません。

みなさんのお友達は どうか 分かりませんが、私の友達は ほとんど メールなんて くれやしません。

考えてみりゃ、みんな メールが苦手な人達、ばっかりだったかも・・・・・。

いや、嫌われているのかも・・・・。

それでも 支援物質は してくれたりする友達もいて もちろん 友達には 変わりないんですが、なんとも 疎遠になってしまう気分になるんですね。


けれど、確かに 「結婚」すると なんか 悪い気がして あまり 連絡をとらなくなるかも・・・・。
と、自分自身にも 覚えがあるのですが・・・。

そういえば 前に 一人の友達がそうでした。 学生の時からの友達で、家が近いのもあって とても 仲良かったのですが、結婚したから まぁ いろいろ 忙しいだろうし と思って その前の 結婚式の準備だ、なんだから 忙しそうだったので あんまり 連絡をとらなくなっていました。

っていうかさー、女の場合、やっぱり 彼氏が出来ると 人にも よりますが、それが 一番最優先になって ただ 友達と、夜飲みに行ったり、ご飯を食べたりするのが 後回しにされるので 仕方ないというか・・・とは 思ってましたが。

そして 私の その友達は 結婚して ますます疎遠でいたら ある時 電話がかかってきて 2人で ランチしたんですが、 ものすごーーーーい家族などの愚痴を 永遠8時間くらい聞かされていたのを覚えています。

でもって 彼女は
「結婚したとたん、誰からも連絡が来なくなって・・・・。寂しくて・・・」

なーんて 言ってたんです。で、そこから また友達関係を再会して 彼女の家に行ったり うちに来たり、愚痴を聞いてあげたり、楽しい時間を過ごしていました。

彼女は 子供を待ちのぞんでおり、子供が出来ない苦しさなども、私は いろいろ 聞いてあげたりもしてたんです。

で、ある時、ついに 彼女に 待望の赤ちゃんが出来ました。

赤ちゃんが 生まれてから 数か月後、私 ハッキリ言って 赤ちゃんには 全く 興味ないのですが(みんな同じ顔に見える!) 一応 赤ちゃんを見に行くわ という理由で 彼女の家をたずねました。

すると・・・・。

「otankoちゃん、今日、悪いけど2時間くらいで 帰ってね。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!

わたしゃ、驚きましたよ。

そりゃー、言われないまでも 夜とかまで おいとまする気は さらさらなかったですけど、さんざん 旦那の家族の文句や、子供が出来ない辛さなどを 何時間にもわたって 私にぶちまけといて 子供が出来た途端、手のひらを返したように 「さよなら」って・・・・。

で、今も メールしても 全く 返信はありません。

申し訳程度に お互いの誕生日の日だけ、メールを やりとりしますが、 それで、いろいろな事を聞いても 一切 無視。

なんかね・・・・・。

分かりますよ。子育て、忙しいですもんね。 なんだかんだと、あっと言う間に 時間が過ぎて行ってしまうんですよね。

子供が生まれると 世界が180度変わりますもんね。

もちろん、生活も、付き合う人も、話題も 何もかもが 変わりますもの。

しょうがないんですけど、だから、子供がいる人と 付き合うのって 面倒だから 敬遠してしまうんです。


と、いうような話しを 旦那にした所、

「えー、それ 昼間に行ったから 悪かったんじゃないの?夜に行けばいいじゃん。夜は 大人の時間でしょ。うちのお母さんとかは そうしてたよー。」

って言われましたが、日本の場合、そんなことしたら それこそ「常識」を疑われますよねぇ???

なんでだろ?

だいたい、赤ちゃんを一人で 寝かせる ということが ないでしょう。 日本だったら・・・・。

うちの旦那にしたら 日本で 家族が みんな 川の字になって 寝る ということも どうしても 理解できないようでが。。。

で、日本の場合、旦那も帰宅が遅いから 旦那の帰宅に合わせて ご飯作ったり、忙しいからかしら・・・・。

いわゆる、「大人の時間」というのも ないですよね。

レストランは ファミリーレストランに 行く。

でも、子供連れてこられると 話なんか 出来ないんですよね。

話し出すと 子供が ギャーギャー言って すぐに 話が中断する。
それを 何十回とされると 「もう いいわ」と 諦めの気持ちになって ただ 子供を見守って 帰ってくる・・・・

という事になるのです。


フォローしておくと、友達の中でも そうじゃない人もいます。

実家で子供を見てもらって 一緒にお昼ご飯食べたりした 友達もいました。

そういう人は なぜだか 普通の話が出来て、楽しくて、友達関係を続けていけるんですが そうでないと やっぱり 子供が出来ると もっと もっと 疎遠になって もう 一生会えない くらいの勢いの 疎遠になってしまう感じがするのです。


そして 日本を離れちゃうと もっともっと 疎外感を感じてしまうのです・・・・・。

なんか、日本に戻っても もう 居場所がないような・・・・。

そんな気分になります。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2012-11-28 21:46 | イギリス生活 | Comments(2)
私は 旦那を 脳卒中の人のためのジムに 週2回、連れて行ってます。

で、もちろん みなさん 旦那には奥さんが、奥さんには 旦那が付き添って来ています。

で、クラスを行っている時に 奥さん同士は お茶して 話したりしています。

でもさ・・・・・。

それが、年よりばっかりで なーーんか 入りにくいのよね・・・。その輪に・・・・。

だって それが たったの1時間なんです。1時間なんて あっと言う間で 特に 何も出来ず、なんか 中途半端なんです。

前は life in the UKのテキストと問題集を ずーっとやってました。

で、その時に チラっ と聞こえたんですけど・・・・。

その奥さま会合は 向こうのテーブルで 行われていて、私は 離れたテーブルで 一人で勉強してました。

私は 最初は 集中して勉強してたので たいして その会合の話を聞いてなかったのですが、途中から 気付いたのですが 色々 考えると、こういう話でした。

私から見たら おばさんだったんですが、今から 思うと体型がおばさんなだけで 多分 私より若いのかもしれません。その人が、

「私は 大変なのーー!!」

と、みんなにぶちまけていました。

「旦那は あんなだし、子どもたちの世話もあるし、何より 仕事もあるの!!!でも、旦那の両親なんて なんも 手伝ってもくれないのよ。私は これを ぜーーーーんぶ 一人でやらなくちゃいけないのっ!!!私の 気持ち 分かる!!!???」

と それは それは その人 一人で 吠えまくっておりました。

で、そのうちの誰かが

「アナタ、仕事なんて 辞めりゃーいいじゃない。ケアラーが貰えるんだからさぁ。」

イギリスは 誰かをcareしていて 仕事出来ない人に ケアラーというお金が貰えます。(ちなみにしつこいですが、配偶者ビザのうちは もらえませんので 私は もらってません!!)

すると その人、

「ふん。みんな そうやって ケアラー貰ってるわよね。外国人とか それが目当てでね。あの中国人だって そうでしょーよ。」

・・・・・。それって 私のこと・・・・??

まぁね・・・。この発言にも もう 慣れました。慣れるって どうよ??って感じなんですが、旦那が まだ 元気だったころを知っている人も 何人もいるし、私が結婚をした後、旦那が 倒れたって 知ってる人もいるし、もう 私は 「知る人ぞ、知る」で いいです・・・・という 心境に達していたのです。


すると また 誰かが

「あの子、中国人じゃないわよ。日本人よ。日本人と 中国人は 違うわよ。」

アンタ、えらい!!!

っつーか、日本が 中国の一部だと思っていないこと自体に 驚きなのに(レベル低っ!) そんなに 中国と日本の違いを知っていてくれるなんて アンタ!えらいっ!!!!

と 称賛のまなざしを 間違えて 送りそうになりました。

そして そのときは また 他の誰かが

「あなた、そういうの 他の機関に訴えてみたら?そういう相談を聞いてくれる所、あるでしょう?それが いいわよ。」

というような事を 言っていて終ったんです。

その後の 私へのフォローなんて なーんも ありませんでしたけどね。

聞こえてないと思ったのか、英語なんて 分からないと思われてるのか。知りませんが。

ま、英語 よく 分からないんですけど なぜだか 悪口とかは 分かってしまうのですよねぇ・・・。これが 。不思議なことに。

で、私も 面倒なので 何ゴトもなかったかのように 接しておりました。


で・・・・。何週間か後・・・・・。

いつもジムの アシスタントの女の子が 辞めることになりました。

彼女は 大学を卒業して ボランティアとして ここで 経験を積んでいた子なんですけどね。

いっつも 100点満点の笑顔でニコニコしてて、はきはき喋ってくれて とっても いい子だったんです。くらーい、どんよりとした 年よりばかりのクラスが ぱっ!!と 明るくなるような・・・。

ほんとに 例えるならば ひまわりのような子だったんです。

その、おじーちゃん達のアイドル化としていたその子は ものすごく みんなから 惜しまれ、誰かの案で その子に カードと 何か ちょっとしたプレゼントをあげよう という事になりました。

誰かが 商品券かなんかを買ってきてくれて お別れの日に あげました。

で・・・・。

私、気付いたんです。私達、お金払ってない・・・・!!!

まーた!!「貧乏アジア人は やっぱり ケチ!」とか言われちゃ イヤなので、勇気をもって そのおばさん会合に乗り込んでいきました。

その中には あの 私の事を中国人発言した人もいて・・・・。

たいそう イヤだったんですが、ごちゃごちゃ言われても イヤなので

「あの、私 お金はらいますっ!!いくら 払えばいいんですか??」

と言いました。すると、

「えー・・・・。(絶句)いくらでも いいんだけど。」

これさー、いくらでも いい っていうの、ものすごく イヤなんですけど。いくら づつって アンタら 決めてくれよー。

平均値も よく 分からんのですが・・・・。

「えー・・・。いくらでも いいって言われても・・・。」

と もじもじしていると、

「ほんと なんでもいいだけど。みんな 大体、£1とか 払ってるんだけど。」

と言われました。は??£1??に、日本だったら まぁ 500円か、1000円か。。。って所じゃないですか??

なので 私は ちょっとびっくりしました。
で・・・。

財布を見てみると 生憎 小銭がなかったのです。で、£10しか 札もありませんでした。

私「あの・・・。£10しか ないんですけど・・・。」

ちょうど その人達が お茶を買っていたので お釣りをもらいます。でも、£7しか 細かいのかありません。

私「え、じゃぁ いいです。£3払った ってことで。」

みんな「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

私「ほんと、いいです。これで。じゃぁ また のちほどぉー!!」

と言って 私は £7だけ受け取り さっさと ジムの玄関まで。これで この人達と 1時間過ごすなんて もー考えられない!どっか スーパーでも いってくらー!!!!!

と 出口に向かうと・・・・。

「普通、みんな 払いたくないもんだけどねぇ。・・・ひそひそ・・・・」

という話声が・・・・・。

たった£3で いいなら お安いもんです。

ほんと、こーゆー煩わしい事って やっぱり どこの国にでも あるんですねぇ。


で・・・・。のちに なぜだか みんな ものすっごい笑顔で 接してくれるようになったんですけど・・・・。

こ、これって £3の 力なんですかね・・・???

い、偉大だわ。£3・・・。

でも、やっぱり あの奥さま会合は 怖くて入れません!!!


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2012-11-24 22:30 | イギリス生活 | Comments(6)
この間、訪ねてくれた上司に言われたことなんですけど・・・。(その記事の詳細は こちらから


「otankoちゃん、2年もイギリスにいるんだから 英語が 話せて 当たり前でしょ?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

い、いたすぎます・・・・。もうね・・・・。この言葉を聞くなり ものすごーーく 憂鬱な気分になります。
そして 反論したくなります。

でも、フツーは そう思うよねぇ。

仕事とかして 毎日 もまれてたら そうなるんだろうね・・・。

けれどね・・・。私、行くのは ジムに旦那を連れて行ったり、病院に行ったり、するだけなので たいして発言なんかしません。
旦那とは ほとんど 日本語だし・・・。

しかし、この上司、
「でもさー、暮らしてれば 買物とかしなくちゃいけないし、必然的に 英語が出来るようになるでしょー??」

けれど、反論させていただけば、買物なんて 指を指せば買えるし、レストランに行ったって 指させば、オーダー出来る。
おまけにスーパーなんて 今は 無人で セルフキャッシャーが たくさんあるし。

違う上司が
「うちの息子も アメリカに1年留学してたでしょ?で、前に一緒にアメリカに旅行に行った時に、日常会話くらいは 困らないくらいに話せるようになってたわよ。」

そういう人も いるでしょうよ。

言ってしまえば もともとのレベルが違う人。

英語が好きで、きちんと基礎の出来ている人が 留学したら それは後は 実践のみだから 伸びるんじゃないでしょうか。

でもね。。。。

言ってしまえば、私にしたら その「日常生活に困らない程度の会話」の定義が分からないんですけど。

先ほども言ったように 買物の時に使う会話なんて たかがしれてます。

英語なんて 喋れなくたって、単語を連呼すれば それが欲しい事は 分かるだろうし、なんとなく 言ってることも分かるから イエス、ノーで かわせるし。


じゃぁ その他の「日常生活に困らない」って何??

私は 日常で困ってます。

だって 病院に行ったり役所に行ったりして 色んな事を説明しなければならない時・・・・。

一所懸命説明しても 分かってもらえず 最後に高圧的態度をとられ、途方に暮れることも多々あるので、今は・・・・・・。

行く前に 一人で寸劇のように 会話練習を繰り返し、旦那に聞いてもらって、
「そこの説明、いらない。」
「もっと 簡潔に言わないと 」
などなど 指摘を受け、練習をし、本番に臨みます。

でも、言いたいことを言って終り。あとは
「あ、そう」
ってな感じで いろいろやってくれますが、もし 予想しない答えが返ってきた場合は 「は??」だし。

看護婦なども 予測が出来る内容の話なら いいのですが、いきなり 突拍子もないことを言われたりすると

「は???」

となるし・・・・。

人との会話の内容なんて いろいろ幅があって、政治・経済の話から ゴシップ程度の下らない話まであるじゃないですか。

或る時は ものすごく分かるけど、あるときは ものすごく分からない・・・・・。


「日常会話が出来る」って、ただ 自分の要求を言うだけじゃなくて、ただ単に 話を聞いているだけじゃなくて、それについて 対等のレベルで話して 会話が成り立つ ということだと私は 思うのですが・・・・。


私??

まだまだ 遠いです・・・・・・。

いまだ、
「ちょっとー、この人の言ってること分からなから あなた ちょっと聞いてみてー」

とか いろんな受付で言われることも 多々ですから・・・・・・。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2012-11-21 23:12 | イギリス生活 | Comments(6)
昨日までの 接待シリーズ・・。(詳細はこちら)


昨日は ネガティブなことを書いてしまいましたが、もちろん、上司達に とっても ステキなことも していだきました。

それは・・・。

仕事仲間だった人や、お客さんからの 寄せ書き・・・・。

なんだかねぇ、涙出てきちゃいます。

で、1回は 読んだんですけど・・・・。

やっぱり ああいうのは 胸がつまるので・・・・。

タンスの奥に しまわせていただきました・・・・・。

なんだか、気分的に 読みたくないんですよね。なぜだか 分からないんだけど・・・・。

あの頃を 思い出すから??

そんなに幸せでない未来と 自分で 知ってるから???

なんだか 嬉しいけれど、複雑な気分になってしまうのです・・・・。


それと、たーーーーんまり 日本食を 買ってきてくれました。

旅行の日程が決まるやいなや、上司に

「otankoちゃん、こっちから買ってきてほしいものリクエスト、間際に言われても 行けないこともあるから 早めに 言ってー!!」

と言われていたので 別に そんなに すごく欲しいものは ないんだけど・・・・。

なんか 頼まれると 嬉しいじゃないですか。 この「買って行ってあげる」シチュエーションに 喜びを感じたことが 私も あるので そこら辺で売っているものを 3、4つ、伝えました。


そして 買ってきてくれたものは ・・・・・・・。 ものすっごい 大量でした。

いや・・・・。ありがたいんですよ。とっても。

でもさー・・・・。

羊羹とか・・・・。そーゆーの 食べないんですけど・・・・。

な、生八つ橋まで 入ってまして・・・・。

で・・・・。

そういうものは もちろん!!!

隣町の 日本人妻30人くらいいるらしい街に住んでいる お友達にあげました。

彼女が食べなくても、30人もいるんだから 誰かが 食べるでしょう・・・・と思いまして。



それと、気付いたことがあるんですが・・・。

私は 本当に ありがたいことに 友達が日本から いろいろ 送ってくれるのです。

で・・・・・。

送ってくれる内容って ほんとに その人の生活が出るんですよね。

仕事で忙しい人は インスタントラーメンとか 酢豚の元 とか そういうもが多いんですよね。

きっと 忙しくて 食事の支度の利便性を求めるのでしょうね。

でも、主婦をきちっとしてる人って すごく 気を使ってくれて 言わなくても 無添加とか、有機ものとかを 送ってくれるんです。

ウチは 旦那が もちろん強い薬を使っているので なるべく添加物とかを避けたいし、私一人で お昼を食べたりすることがないので そういうものや 旦那が興味のない食べ物は 必然的に 隣町の日本人友達へ・・・・・

ということになります。


けれど 最近 近所のスーパーにも 日本のものが売られるようになったのです!!

売られ出したのは、海苔、わさび、寿司ライス、みりん、味噌ペースト、カレーのルウなど。

でも これも 場所によるらしいので みなさんの地域は どうだか 分かりませんが・・・。


でも、もちろん どれも ありがたく受け取らせていただいてます。

この間の上司を始め、いつも みなさん ありがとう!!!って 送ってくれてる方は 誰も このブログの存在を知りませんが・・・・・。






にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2012-11-18 00:30 | イギリス生活 | Comments(0)
接待を終えた、その夜は・・・・。(昨日までの接待の記事は こちらから

上司のためにと、買っておいたワイン、飲みまくりの 打ち上げパーティー状態でした。


なんかね・・・。

私が 感じたのは・・・・・・。

もちろん、旅行者っていうのは 時間がないんですよね。

けれど・・・・・。なんか・・・・・・・。

普段忙しく暮らしているのは もちろん 分かるんだけど、その あまりの忙しさが 人間としての心をなくしているなぁ・・・と 感じてしまったのでした。

彼女達は 2人とも 自営業の社長。

もちろん、会社は順調で たくさんのアルバイトさんも持っています。

ちなみに お2人とも、車は ベンツに BMW・・・・という。

海外旅行に行っては プラダだ、グッチだと、買うのが 楽しみだという・・・・。


なんかさー・・・・・・。

私も ブランド物こそ 買わなかったし、もちろん 車なんて 東京にいた時はなかったけど 私も あっち側の人間だったんだろうか・・・??と とても疑問に思い始めました。

だって、美しい自然を見て、美しいお城を前に、感動する心すら 持ってないんだもの。

心に響かないんだもの・・・。

2人とも お忙しくて 月に1回の休みも ないことも 多々とか。

忙しい時期になれば 朝から深夜におよんで、そして 休みなく 仕事の日々・・・・。


それだけ いそがしければ・・・・・・・・・・・。

心が 壊れるのも 当たり前なんじゃないかと・・・・。

今の私だったら 思ってしまう・・・・・。

心が壊れたら、美しいものにも 何にも 感動できなくなっていくのは あたりまえだと思うの。

心が壊れたら 何が一番大切なのか 気がつかなくって あたりまえだと思うの。

だって 心の余裕がないんだもの・・・・。


でもさ、それでも 彼女達は 世で言う、お金持ちの部類なんだと思う。

けれど 働いて、働いて、人間の心の大事な部分まで なくして・・・・・。

それでも そんなに お金が欲しいの??と、今の私だと 思ってしまうのです。


お金は 持っているけど、それだけで 休暇の楽しみ方も、ゆっくりすることも 他の事に対する興味も なくなっていて、そのことにも 自分自身で 気付けない・・・・。

休みを たった1週間しかとれず、とりあえず 「何をした」という既成事実だけが重要で、 旅行を終えていったけど、そして 残るものは 写真とおみやげだけ・・・???

と、考えたら ものすごく 不思議な気分になったのでした。


でも もし 私が 日本にあのままいて 忙しい日々を送っていたら 私も そうなっていってしまったのかもしれません。(注:お金はありませんが)


最近、旦那が言いました。

「もしも、私たちが 日本に暮らしたら どんな感じかな。」

私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

私は 一瞬にして その光景が浮かんできました。

私は忙しく仕事をし、夜も遅く帰ってくる。夕ご飯も一緒に食べることができない・・・。
そんな日が続く・・・。

そして、次の日も 朝早く 行かなくてはならなくて 体は疲れ、旦那の事を 考える余裕もなくなっていく・・・・・。

私は 答えました。

私「私、日本には 暮らしたくないの。」

旦「なんで?」

私「だって・・・。だって・・・。あなたも 知ってるでしょ。東京は ものすごく忙しい町なのよ。朝から晩まで 働かなくちゃいけないのよ。でも 仕方ないの。お金を稼がなくちゃ暮らせない都市だから。
でも・・・・。そしたら・・・。そしたら、心を壊れて 何が一番大切かも 見失うわ。 だから イヤなの。」

私は なんだか 想像したら本当に 悲しくなってしまいました。

旦「そんな悲しそうな顔で言わないでよ。でも otankoの言ってること、分かるよ。ほんとに そうだよね。」

旦那は 同意してくれました。


心が壊れる前に・・・・。

イギリスに来て よかった・・・・。

今は お金なんて ないけど、(UKボーダーのせいもあって!) それでも 私は東京にいたころの自分より 少しは 人間らしくなったかな。

そんな自分に 少し 誇りがもてるようになりたいな。



けれど、旦那曰く、美しいものに感動する、しない、ということは 「文化のレベルの違い」だそうです。

確かに、そうかもしれませんね・・・・。

「文化のレベル」って 心の余裕に比例するのかもしれません。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2012-11-17 00:35 | イギリス生活 | Comments(2)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2012-11-16 00:10 | ファン限定記事
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2012-11-15 02:19 | ファン限定記事
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2012-11-14 08:28 | ファン限定記事
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2012-11-12 01:56 | ファン限定記事
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by otanko-aubergine | 2012-11-11 22:27 | ファン限定記事

by otanko-aubergine