ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ビザを申請して 3日目の朝に IDカードが 届きました。

封筒を開けてみると・・・・。

ホームオフィスで 撮った写真が IDカードに使われるんですね・・。

それに 申請用紙にサインした字も IDカードに載っています。

働いてもいい という許可の文字と、

裏を返せば

「NO PUBLIC FUND」
の文字が・・・・。

そして 裏にも 自分の写真が 小さく入っています。見る角度によって 見えるようになっています。

偽造をふせぐためでしょうね。

私は 10分位 ずーーっと 自分のIDを見ていました。

彼にも みせ、彼の家族も 興味深げみ 見ていました。


こ、このカードに £730・・・。

っつーか ここまで どんだけ 金かかったと 思ってんのさ・・・。

日本からの フィアンセビザ申請費用が たしか 約9万円・・・。

渡航費用だって 10万位だったし、

なんたって 弁護士費用だって 20万くらい ふんだくられたんだから。

あの、弁護士のやつ その上 スパウスビザも £950プラス 別途税金と 諸経費とか言いやがって。

ほんとに ふざけた野郎だ。

スパウスは 自分達で やって 本当によかった!!!!


私達の 場合は フィアンセは 弁護士を使いました。

これも 今になってみれば もしかしたら いらなかったのかもしれません。

難しく考えずに そのまま書類を提出してたら もしかしたら 通っていて フィアンセが貰えたのかもしれません。

はたまた 本当に 却下されていたのかもしれません。

そして もっと 面倒なことになっていたかもしれません。

これは 終ってしまったから言えることで 本当のところは 誰にも 分からないと 思います。


けれど やはり フィアンセビザをと取得して 結婚してしまえば スパウスは 簡単だと思います。

私は ネットで調べまくって

「2年間 暮らせる保障がなくてはいけない」



「パブリックファンドは 貰いません」

って言う所に サインさせられるとか 

いろんな情報を見ましたが そのようなことは なかったです。


私の見解では やはり 最初の申請は 慎重にやった方がいいと思いますが 特に 問題がないのであれば それほど 神経質にならなくてもいいと思います。

私の友達で 今年の5月にフィアンセビザを取得した友達は イギリスに入国拒否をされた事があったそうです。

フィアンセの申請用紙に そのことを書かなければいけませんよね。

でも 彼女たちは なんの問題もなく フィアンセを取れました。

ですから 普通に 何も やましい事がないのであれば 大丈夫です!!

絶対に。


もちろん、ビザの戦いは まだまだ 続きます。

スパウスビザは 2年しか 有効ではありません。

2年後には また 新たに 申請しなけれなりません。

2年後には 永住権も 申請することができます。

そのころには また ビザが 今より もっと厳しくなっているかもしれません。

ですが ここに、イギリスに住んでいる証拠を かかさず集めて ファイルしておくことが 需要だと思います。


とりあえず、フィアンセとスパウスビザの 戦いは 終りを告げました。

私達にも やっと 平和な時間が 流れ始めました。

ビザの事で 何回 ケンカして 泣いたことでしょう・・・。

最近、イギリスの王子が 婚約しましたが 私が まっさきに思ったことは

「いいなー、ビザの心配なく 好きな人と 結婚できて・・・」

と 思いました。

ビザの事は 本当に ストレスがかかります。

どうか みなさまも 余裕を持って 準備されることを お勧めいたします。


これから また 銀行の口座取得などで 戦わなければならないかもしれないので その様子などを 書いていこうと思いますので これからも よろしくお願いいたします!!!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2010-11-23 02:26 | スパウスビザ | Comments(14)
20分位待っていなければならなかったので 私は トイレに行きました。

戻ってくると 彼が

「もめてる・・・。」

と、言っています。

「え!!!???何が!!??」

私が 驚いて聞くと、どうやら 最初の入り口の時に 私達の前にいた 白人夫婦でした。

最終審査も 私達より早く 始まったのに まだ 終っていません。

窓口の所で 言い合っています。

私「何?何?どうなってんの?」

私は 野次馬根性で 彼から 聞きだしました。

彼「なんかねぇ・・・。住所が 一致しないみたい。それが 問題みたい。それと・・。」

住所の 証拠がないって事か!?

彼「旦那さんの方の 銀行にお金が ほとんどないみたい。それで 奥さんの方が 共同名義の口座を見せてるんだけど それが オリジナルじゃなくて コピーだから ダメとか 言われてるみたい。」

私「あの人達、 何人?」

彼「多分、オーストラリア人だと 思う。」

ほぉーーーー。

っつーか、UK Borderを なめすぎなんだよっ!!

おめーらっ!!!

よく ホームページを 読めっちゅーのっ!!!

「私達は オリジナルしか 受け取りません」

って、書いてたんだろーにっ!!英語できない 私だって 読めたわよ!!!

それに あんたら、入口で 申請用紙を 書いてたわよねぇ?

それだって 舐めすぎです。

それぐらい 家で 書いてきてください。

ま、書類は 膨大に持っていたけど コピーじゃ お話になりません!!!


そうこう しているうちに もう一回 私達は 審査をした 若い坊やに 呼ばれました。

私達は 緊張して もう一度 窓口まで 行きました。

すると 審査員は IDカードの説明をし出しました。

審「スパウスビザとは このような カードが送られます。パスポートにシールは 貼られません。ですので 外国に行く時には パスポートと一緒に携帯してください。
そのカードに書かれるのが これですから スペルなど 間違ってないか よくチェックしてください。」

その他 何点か 説明があり・・・・。

めでたく!!!

私達は ビザゲットになったようです!!!!!!

なんだか 知らない間に 終ってました。

ここまでの所要時間 ホームオフィスに入ってから 約2時間半。

結局、オーストラリア夫婦達は 私達が 帰る時も まだ揉めていました。

みなさん・・。

こーゆー人も まれにいるようなので 気を付けましょう!!

後は 郵送されてくるのを 待つばかりです。

その若い坊やの審査官から 手紙を貰うのですが その手紙の 最初に

「Mrs.Otanko-aubergine」

と、なっているのです。

それを見て 私は じーんとしてしまいました。

私達は 特別 大きな式をやったワケでもなし 結婚式から 一緒に住んだわけでもないので 特に実感はありませんでした。

が、この手紙をみて しみじみとしてしまいました。

長かった・・・。

本当に ここまでが 長かった・・・。

たかだか 同じ国同士の人だったら こんなに 大変な思いをすることないのに 違うお国というだけで こんなにも 複雑で 大変なものとは 思いませんでした。


ただ、まだ スパウスビザという名のIDカードが 送られてきていないので なんとも 言えませんが・・・。

なんだか 信じられません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2010-11-22 01:58 | スパウスビザ | Comments(2)
さて、バイオメタリックが終わって 時計を見ると この時、すでに ホームオフィスに入ってから1時間半が 経過していました。

ここからが 待たされました。

彼が トイレに行きたいというので 行ってもらっても 全然 大丈夫な感じでした。

と、いうのも バイオメタリックの時、私達の前の人達は 入口で 私達の前んび並んでいた、申請用紙にその場で 記入していた、白人夫婦だったのですが その人達は まだまだ 呼ばれていなかったので 私達も 彼ら達が 呼ばれるまでは 呼ばれるはずないなーと、思っていたのです。

30分位たったでしょうか・・・。

白人夫婦が 呼ばれて 窓口に行きます。

いよいよ、決選の時が 来ました。

私達は 気合いを入れました。

すると、やはり その後、5分か、10分後に 私達の番号が 呼ばれました。

言われた窓口に行くと 隣の隣の窓口は あの 白人夫婦でした。


2人で 座ります。

係り員は 今度は えらく 若い「男の子」って感じの人です。

「こ、こんな ひよっ子かよ・・・。」

正直な 私の感想ですが もちろん そんな事は 心の中にしまっておき、むりやり笑顔で挨拶してみせます。

係「パスポートと、結婚証明書を見せてください」

彼「分かった?」

私「もちろん」

私は すぐさま パスポートと 書類を出しました。

係り員の人は パスポートをチェックし、そして 結婚証明書を広げて じーっと見て、少し 照明の方に紙を向けて、入念にチェックしていました。

係「申請用紙と 銀行の取引明細書」

私「はい!!!」

また、すぐさま また 係り員に渡します。

彼は 申請用紙に目を通し始めました。

結構 パラパラと 早くめくって チェックしています。

あぁ・・・・。神様、うまくいきますように。

私達は 食い入るように 係り員の行動を見つめています。

すると、係り員は あるページでストップしました。

そのページは・・・・・。

もちろん・・・・・。

「あなたのパートナーは 働いていいますか?」  「いいえ。」

「あなたのパートナーは 国からのお金を貰っていますか?」  「はい」

「どの種類の国からのお金を 貰っていますか?」 

のページの所です。


係り員は じーーーっと、見ています。

私達も 息を殺して その様子を 凝視してしまいました。

その時間が 私にとっては 30分か、1時間位にも 思えました。

そして、係り員は また次のページをめくって そこを 通りすぎて行きました。

私達も やっと 息をする事ができます。

一通り、フォームの確認が終わると 係り員の人は こちらに向き直して 言いました。

「どのくらい・・・」

私達は 何を聞かれるのか 身を乗り出しました。

係「どの位の時間、日本語をマスターするのにかかった?」

私達「!!!?????」

一瞬、なんの事を言っているのか 分かりませんでした。

私達は もちろん、会話は 100パーセント日本語ですので それを聞いての 彼への質問でした。

彼「・・・・。あ、私は 16年間も 日本に住んでいたし・・・~~~」

どーでも いい話で、私は ほっとしました。

私は 医者の診断書やら なにやらを すぐ出せるような状態を 保っています。

すると、係り員は 銀行の取引明細に目を通すと 

係「これで 多分 大丈夫だと思うので 20分くらい うしろの椅子で 待っててください」

!!!!!

どうやら 審査って これだけで 無事に終わったって事!!???

彼と 喜びいさんでいると、彼は

彼「まだ、喜ばない方がいい。後で、”やっぱり・・・・”とか 言われたら 悲しくなるから。まだ、終ってないから。」

確かに まだ 確かなものではありません。

70%位でしょうか。

しかも、やけに簡単でした。

住所の証明も 提示されずに 私が 提示したものとは 

2人のパスポート

結婚証明書

彼のバンクステイトメント

申請用紙

だけです。


ほんとに これで 大丈夫なのかしら・・・?

半身半疑のまま 私達は 椅子にこしかけて 不安なままな気持ちで 待っていました・・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2010-11-19 03:32 | スパウスビザ | Comments(0)
次の部屋に入る入口に 係り員が 立っていて

「12番に行って」

と、言われて 12番の窓口までいきます。

まるで、チケットオフィスのような感じです。

係「パスポートと、申請用紙と 銀行の取引明細書を 見せて」

私は まとめていた、書類ケースから 慌てて 言われた書類を 出して 渡します。

係りの人は パスポートや 用紙をチェックし出します。そして

係「あなた、いきなり イギリスなんかに来て、カルチャーショックだったでしょ?」

と、言われました。

確かに、私は 今まで イギリスに留学した事があるとか では 全くなかったからです。

私「うん、うん!!」

思いっきり うなずいてみせます。

係「ハイ!!あなたの 番号は これだから。じゃぁ 2階に行って お金払ってね。」

番号を貰い、渡した書類を返されます。

私達は 書類を持って、イギリス式に言うと、1st floor、つまり 2階に行きました。

またもや、映画のチケット等を買うような 感じです。

私は フォームを差し出すと、一緒に クレジットカードを 渡しました。

あぁ・・・。これで 730パウンド、1パウンド、135円計算で 日本円にして 約98,550円が 飛んでいきます・・・。
さ、さよなら・・・・・。どんだけ イギリスに私のお金は 吸い取られるんでしょうか・・・?


ちなみに 私の後ろの おっさんは 現金で払うと 入口で言ったら 変な、たすきみたいなのを かけられ 特別に扱われていました。


お金を吸い取られる、じゃなくて、払い終わると レシートをくれます。

直観で これは もっとも 大切な物だと 感じました。

レシートを 大事に 持って 次は もう一つ 上の階、2nd floor、つまりは 3階へ。

ここは なんだか 雑然としていました。

ベンチが たくせんあって、窓口も たくさん。

どのようなシステムなのか さっぱり・・・・。

銀行のように 自分の番号が 呼ばれて 何番窓口に 行ってください と、アナウンスされるよう・・・・。


私達は キョロキョロして どこに座るべきか 悩んでいました。

そして 適当に 座ってみました。なんだか 落ち着きません。

ふと、見ると テレビモニターがあって 表示されるようにも なっています。

いつ、自分の番号が 呼ばれるのか 気がきでは ありません。

座って しばらくすると 割と すぐに 自分の番号が 呼ばれました。

私達は 緊張して 窓口まで 走っていきます。


すると、やる気のなさそうな 若い女の子が 退屈そうな表情で 座っていました。

女「パスポートと、お金を払った、レシートと 銀行の取引明細を見せて」

私は すぐさま 差出します。

その、やる気のなさそうな 若い女は つまらなそうに パスポートを見て 番号をコンピューターで 打ち込み、入念なチェックをいれます。

もちろん、彼のパスポートも同じです。

5分か、10分経ったでしょうか。

黙って パスポートと 今までの書類を つきかえされました。そして、

女「今度は バイオメタリックに行ってください」

と、言いました。そうは言われても バイオメタリックが どこなのか さっぱリ分かりません。

ふと、見ると 一番 端っこに バイオメタリク用の 小さな 部屋みたいなのが もうけてあります。

私達は すぐさま そこの部屋に押し掛けましたが これも 番号が呼ばれるようでした。

私達は 入口に立って 待ってました。


自分の番号が呼ばれて いよいよ、バイオメタリックのチェックです。

私が 座ってみると、係員は インド系のおばちゃんでした。

おばちゃん「あなた、以前にバイオメタリックを受けた事ある?」

私「はい、あります。」

おば「じゃ、YESにチェックして。」

私「はい」

おば「どこで バイオメタリックを受けたの?」

私「日本で」

おば「じゃ、ここに JPNって書いて」

私「はい」

おば「なんの ビザのため?」

私「ふ、フィアンセビザのため」

おば「じゃ、それも 書いて」

私「ハイ」

おば「じゃ、指紋とるから 4本指を 揃えて右手から」

右手が終わると、左手、左手が 終ると 親指だけ また取ります。

おば「後、写真だから。ハイ、横むいて」

右側を向くと、カメラがあり 椅子を回して 顔写真を撮ります。

おば「はい、終りよ、また 番号が呼ばれるまで あそこで待ってて」

どうやら、バイオメタリックは 終ったようです。


さて、ここまで まだ パスポートと銀行の取引明細書を 見せただけで まだ 結婚証明証を見せてもません。

審査は まだ 始まってもいないのです・・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2010-11-17 03:07 | スパウスビザ | Comments(0)
私達は ショッピングセンター内の セルフサービススタイルの イタリアンフードの店で 昼食を済ませました。

なにせ、ビザ申請に行くと、みなさん 口をそろえて 

「時間が かかった」
「待たされた」

との情報です。

「腹が 減っては 戦はできぬ!!!」

これ、日本人の常識ですよね!!!


トイレも済ませ、時間を見計らいながら、「30分前に来るように」と、書いてあったけど 40分前に ホームオフィスに到着しました。


入口で 予約確認書を見せ、 ビザ申請のために来たと 係りの人に告げます。

すると、係りの人は ぶっきらぼうに 予約確認書を取り上げて チラッと見ると、「入れ」との指示をしました。

私達は 緊張したまま 入ると、中には 他にも 数組のカップルや 一人で来た人やら 何人かが 座って待っていました。

私の前に並んでいたのは 白人のカップル。

よく見ると 申請用紙も FLR(M)で 私達と同じ申請用紙を持っています。

しかも このカップル、その座っている場所で 申請用紙に 書き込んでいます。

・・・・・・・。

あのー・・・、私なんて 鉛筆で 下書きまでして 何回も間違いないか 確認してきたんですけど・・・。

ここで ちゃ、ちゃっと やっているのね・・・・。

あ、あなた達は・・・・・。

しかし、このカップルも 多大なる書類ケースを持っています。

そして、それを テスコのエコバックに入れて 持ってきたようでした。

ものすごい分厚かった・・・・・。

私は 心配になりました。


「みんな、こんなに書類を持ってきているんだぁ。私、大丈夫かなぁ。」

人のは よく見えます。


しばらくすると 列が進みだしました。

どうやら セキュリティーチェックを 次の部屋でやるようです。


部屋に入ると、まるで 空港と同じでした。

荷物を ベルトコンベヤーに入れて 中身を チェックされます。

更に ベルトなどは はずして 荷物と同じ、ベルトコンベヤーへ。

金属に反応する所を くぐるようになってます。


私が 通ると

「キンコーン!!!!」

と、音が鳴ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。やっぱり・・・。

係りの人は 虫眼鏡のようなものを あてて どこから 反応したのかを 調べます。

どうやら 金属は ブーツのチャックだったようです。

「行ってよし!」の 合図を受けます。

すると、おばちゃんが 待っていて、自分の番号を言わされるのですが 私達は すぁっぱり なんだか 分からなかったのです。

すると、

「携帯のテキストに 送られているはずなんだけど」

と、言われました。彼は 慌てて 携帯のテキストのページを 開こうとしましたが 焦って 変な所を開いてしまって 時間がかかってしまいました。

おばちゃん「はぁーーーーーーー!!!!!!」

思いっきり、ため息を つかれました。

しょーがねーだろ!!こっちだって 一生懸命なんだよ!

しかも、初めてで 勝手が分からないし、緊張してんだよ!!!!

やっとの 思いで 番号をテキストからのを 見せると 私達の紙に その番号を 書き入れました。

そして、その次の部屋に 入る前に ながーい列が出来ていて、それはそれは まるで 遊園地のアトラクションを待っているかのようでした。

しかも、全然 進まない!!!

なんなの!!!!

イライラしていると 2組前にいた 一目見て もろ 中国人同士の カップルが 私に 微笑みかけてきます。

いや・・・。私、 中国人じゃないんだけど・・・・。

あまりにも 長い時間 そこで 列を作って待っていたので その中国人は ついに 私と目が合うと 話しかけてきました。

「どこの国の人?」

「日本!」

「えーー!!??本当!?私、絶対に 同じ中国だと 思ってたわ!」

イヤ、ごめん、私は 絶対に あなた達は 中国人で 私とは 違う国籍だと 思ってた・・・。

ほー。私って 中国人に見えるんだぁ・・・。初めて言われたわ。


そんな事を 言っているうちに 列はノロノロと 動きだし、次の部屋に 入れるようです。

さて、この部屋は 何をするのでしょうか・・・?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2010-11-15 07:12 | スパウスビザ | Comments(2)
ビザ申請日、当日 ものすごい気合いの入れようでした。

それは 結婚式よりも 上をいっていたかもしれません!

起きて、シャワーを浴びて まず 服のチョイスから!

私「ねぇ、貧乏そうに見える格好は止めてよ。」

彼「わかってるよ。これで どう?」


これ、意外と 重要だとの 情報です。

例えば、空港でのイミグレでも あんまり 貧乏そうな格好をしていると 止められる と、聞いた事あります。

かといって スーツなんかで行く必要もないし・・・・・。

とりあえず、印象を良くみせるため 日本でいう 「キチンとした格好で」は はずせません!

ただでさえ 難アリなんだから・・・。

私らの場合・・・・。


私達が住んでいる所から クロイドンのオフィスには 遠い為 午後の予約をとったので 朝は わりと ゆっくりできます。

しかし、いつなんどき 電車のアクシデントがあるとも 限りません。

調べた情報によると、クロイドン・オフィスの前には でっかいショッピングモールがあり ほとんど みな ここで 時間を潰すようなので 私達も 予約時間の2時間も前に着くように 電車に乗りました。

まるで、入学試験のようです・・・・。

因みに わたくし フィアンセビザを取るべく、東京ビザセンターに行くのに 1回、下見に行きましたから!



電車のトラブルも 何事もなく 予定通り 時間の2時間前に着きました。

クロイドンのオフィスは ウエストクロイドンの駅から とても 近いです。

が、私達は イーストクロイドンから 歩きました。

そんなに 驚くほど遠くなく 15分以内には 着ける距離でした。

イーストクロイドンの駅に着くと

「ホームオフィス」

と、看板が出ていて 迷う事なく 到着できます。

まず、場所を確認してから 私達は 例の向かい側のショッピングセンターに行きました。


私が 今、住んでいる所は とっても 田舎なので 白人しかいません。

アジア人の私がいると、子供などは ぎょっとして 怪物を見るかのような目で 私をジロジロ見ます。

しかし、クロイドンは もちろん、ロンドンだから 当たり前だけれども 様々な人種がいて なんだか ほっとしてしまいます・・・・。

あぁ・・・。町のゴミゴミした感じも 懐かしい・・・・。


しかし、そんなに浸っている気持ちに 余裕などありませんでした。

ショッピングモールの中に カワイイ靴屋さんや 洋服屋さん等があって 普段の私だったら 目を輝かせて ショッピングしちゃう所なのですが 今日に至っては 全く そんな気分になれません。

ショッピングをする気持ちの 余裕もないのです・・・。


あぁ・・・・。

これから どんな事が 起こるのかしら・・・。

今日で ビザの事が 無事に 終る事ができるのかなぁ・・・。

大丈夫、大丈夫。

もし、なんらかの理由で 却下されても その不足の書類を集めて 11月29日の 英語テストの証明が必要になる前に 郵送しちゃって、それでも ダメだったら 今度は ゆっくり 英語のテストを受けて フィアンセビザが残っている範囲で 配偶者に変えればいいんだから。

そう思って、自分を 勇気付けてみます。

あぁ・・・。無事に 終ってくれ。

お願いだぁ・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2010-11-14 06:35 | スパウスビザ | Comments(0)
次の日、早速 銀行に行ってもらって ステイトメントを頼んでもらいます。

新しく作ったアカウントは 
「新しいから これ以上の物はでません」

と、一筆書いてもらって ハンコを貰いました

そして、ステイトメントは 4、5日後に 自宅に送られる と、言われました。

ほら!!!!たかが、ステイトメントで こんなに時間かかるんですけど!!

日本だったら 1カ月前のステイトメントなんて 余裕で すぐに出してくれんですけど。

あー、気がついて よかった!!!!

ふーーー!!!!!

しかし、私は なにせ 書類が 手元に来るまで 心配で、心配で たまりませんでした。


FLR(M)の フォームには まず 鉛筆で下書きをしました。

そして、揃える物・・・。

もちろん、2人のパスポート。

それに、パスポート用の写真、2枚。-自分のと、相方のといります。

私は もちろん、日本で撮った物を使いました。

結婚証明書ーあります。

住所の証明ーフィアンセで使った時の資料に 結婚イタンビューの時に使った書類を 更に追加でいれます。

出生証明ー彼の、バースサティフィケイトと 私は もちろん、戸籍謄本、翻訳付きです。

銀行残高証明書ー彼のは 最新のは まだですが 私は 通帳と残高証明とを取りました。
            取引明細は 取りませんでしたが 通帳記入してあるものを 確認しました。


他に 私は フィアンセの時に使った、ドクターのレターや、パブリックファンドの証明。

更に 私は もし、審査員に

「あんた、何をして働くつもり?」

と、言われたら すぐに出せるように CVまで 一応作りました。


他にも フィアンセの時に使った、二人の関係の証明の書類や 日本での給料明細、前のパスポートなどを入れて 準備万端です。

私も彼も カバン一杯に 書類です。

もちろん、すぐに出せるように ファイル別に整理をします。



結局、彼の銀行の残高証明書が 送られてきたのは ビザアプライの前日でした。

ほんとに ギリギリでした。

前の日に もう一度、申請用紙の確認をして いよいよ ペンで清書していきます。


一応、申請用紙は コピーをとって 更に もう1フォーム、何も書いてない物も予備で持っていくべく カバンに詰めました。


さて、明日は クロイドンのホームオフィスまで 行きます。

数日前に 彼の携帯に

「〇月×日、△時、クロイドンオフイスにて。予約時間に30分前には 来るように!」
と、確認テキストが 2通も入りました。

おーーーっと、そうです。

もちろん、ネットから 予約した時の 予約表の紙も忘れずに!!

あーーー、怖い。

明日で 全てが 終ってくれればいいのだけれど・・・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2010-11-13 03:01 | スパウスビザ | Comments(2)
これで スパウスビザに必要な 結婚証明書も 無事に貰えました。

さて!

本格的に スパウスビザの準備です。

私は 自分の銀行の通帳を 置いてきていたので 母に頼みに頼んで、銀行の残高証明を 取ってきてもらいました。

もちろん、スタンプ入りで。

それでもって 国際書き留めで 貯金通帳と一緒に 送ってもらいました。


しかし、私は 気合いをいれすぎて 超ー早くから 準備をしたため、 銀行のルール、4週間以内、ギリギリでした。

冷や汗ものでしたよ・・・・。


それと、共に 私の銀行証明より 大切なのが 自分の彼、改め 旦那さんの 銀行取引明細書です。

私が 彼に 確認した時、すでに ビザ申請に行く時の 一週間前・・・。

ふ、と、みると 彼の取引明細は 一か月前で 終っています・・・。

私「これじゃ、ダメに きまってるでしょ!!!!?????」

つい、キツく 言ってしまいます。

だって、28日間ルールなんて ビザを一回やった人間なら すでに 常識だべ。


しかも、よく見ると・・・・・。

なぜだか 知りませんが、フィアンセビザを取った後 新口座を開いて、そこに お金を 分けていれた模様・・・・。

今までの 取引明細書の口座から ごっそり お金が減っています。


私は とっても 心配になりました。

私「ねぇ、この前あった お金を証明するために 新しい口座の証明も 取ってくれないと 困るんだけど!!!」

彼「今、そんな ガミガミ言われたって どうしようもないじゃない。明日 銀行に行くから それで 大丈夫でしょ?まだ 1週間もあるんだから。」

1週間しかないのよ!!!

大体、日本だったら 融通きく所 こっちの国では ほんっとに 信じられないほど 時間がかかるじゃない!

私は 心配で いてもたってもいられなくなりました。

なんてったって アナタの問題で こんなに 手こずってんのよ!

と、またもや 燃えたぎりそうな 心を 無理矢理 沈めて 冷静になろうとしました。

そう、今言っても もう 銀行もしまっているし どうにもならない・・・・。

明日、明日。

明日の朝一に 行くくらいの勢いで 銀行に行ってもらおう・・・。

ほんとに 一週間で 間に合うのかしら・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2010-11-11 07:33 | スパウスビザ | Comments(2)
セレモニーの始まる前に 書き忘れた事がありました。

文句言ってたら すっかり忘れました。

ゲストの人達が入る前に インタビューした人とは 違う人が出てきます。

そして、

「あなたは、otanko-aubergineで、発音あってるわよね?」

と、確認され また

「あなた達、宣誓の言葉は どうする?何バージョンにするの?」

「指輪の交換はするの?」

など、簡単な打ち合わせがあり それがすむと ゲストが 入場してきます。


宣誓の言葉は

トラディショナル、モダン、ショート

から選ぶ事ができました。

もちろん、英語ダメな わたくしは ショートバージョンを 選択します。


イキナリ、しーーーんと 静まり返って 厳かな雰囲気になり 先ほど 現れた 2人目の女の人が 仕切り始めます。

私にとっては 全く 意味が よく分からなかったけれど 厳かな雰囲気に なんだか 熱いものが 込み上げてきて 涙が出てきました。

この、この、セレモニーをするのに 大変だった・・。

本当に イギリス人と 結婚なんてするもんじゃないと 何百回 思ったことか・・・。

でも、今 こうして やっとこさ 式をする事ができているじゃない!!!

よかった・・・。

本当に よかった・・・・。

フィアンセビザと戦った、あんな事や こんな事が 走馬灯のように 私の心を かすめます。


女「では 新郎、新婦は 立ってください」

あぁ、あの ドラマでしか 見た事のない 宣誓が始まります。

女「あなたは 法的に結婚できる立場にありますか?」

「Yes!! I am!」

女「あなたは この人を 夫とし、愛しみ、敬い、ナンタラ カンタラ~~~」

「Yes! I do!!」

これで 終りです。

あー、良かったぁ!!これで一安心。私は 安堵しました。

すると、指輪の交換です。正確には 私達の場合 私の指輪しか ありませんでしたので 交換ではありませんでしたが。

彼の お母さんも 結婚指輪に使っていたというものを 貰ったのです。

すると・・・。

あげる方も 貰う方も セリフがあるのです!!!

私は ビビリました!!女の人が言った後について リピート、アフター、ミー!状態で 言わなければならないのだけれども それ 言えるのかしら!!!???

彼の番が 終って 私の番です。

お互いに向かいあって 手をとりあって 彼の目を見て セリフを言わなくてはいけないのですが 

目を見つめるどころじゃありません。

全神経、ヒアリングに 集中しました。

良く分からない所は 適当にごまかしました。

しかも、結構 長い!!!!!


冷や汗をかきそうになりながらも 無事に 終えました。

すると、今度は 最初のインタビューの時の 机と椅子に座らされ、マリッジサティフィケイトに 2人で サインをさせられます。

おぉ・・・・・。

これが・・・。

これが・・・・。

スパウスビザに 最も 必要な ウワサの結婚証明書か・・・!!!!

そして、証人の2人も サインをさせられています。

この時 役所の人達に カメラを渡すと たくさんの写真を 撮ってくれました。


さて、結婚証明書が 出来上がりました。

それを 役所の人は 封筒に入れ・・・・・

役「これは 普通は 女の人に 渡すものだから、ハイ!!」

と、私に 渡してくれました!!!

まさか・・・・。ビザに必要だから 私に渡したんじゃないわよね・・・・。

またもや、被害妄想になってしまうワタクシ・・・。

しかし、結婚証明書もゲットしたことだし、これで スパウスビザに また 一歩近づけます。

私は スパウスビザの事を 思うと しばらくじっと その結婚証明書の封筒を 見つめていました・・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2010-11-08 22:48 | 結婚するまで | Comments(2)
イギリスに渡英してからというもの、今までの疲れが 一気に出たのか 私は 毎日 9時間、10時間、寝ていました。日本では 私は あんまり寝ない人で 睡眠時間は 5時間位で 全然 大丈夫だったのに・・・・。

しかし、もちろん 結婚式の当日は すぐに飛び起きました。

前の日も 独身最後と みなから メールが来たけれども、

友達と遊びに行けるわけでもないし、とりたてて 何をするでもありませんでした。

彼の方も 強い薬の真っ最中でしたので 特に ストリップ等に行くわけでもなく フツーな独身最後の日を終えました。



私達の結婚式は 午後からでしたので 午前中は ゆっくりと時間を取る事ができました。

私は シャワーを浴びると すぐに 髪を結い、メイクをしました。

家族の人達は 頼んでいた 生花のコサージュを取りに行ったり シャツにアイロンをかけたり 支度に追われています。

そう!一つ おもしろい!と、思ったのは 結婚式出席者は 全員、生花のコサージュを しなくてはいけないらしく とても 興味深かったです。一輪だけなんですけどね。


ドレスに着替え、いよいよ 電車に乗って レジスターオフィスまで出陣です。

外は とても よく晴れて イギリスでは めずらしいほどの 素晴らしい天気でした。


緊張しつつ レジスターオフィスの中に入り、この前 面接をしたカウンターまで行くと・・・・

もう待ちかまえていたように 女の人が出てきて セレモニーをやる部屋に 案内されました。

これ、後で 予約した紙をよく見たら、

「セレモニーの時間の 少なくとも10分前には 来てください。」

と、書いてありました。私達は 10分まえ ギリギリだったのかもしれません・・・。

フツーは もう少し 早く行くものなんでしょうね。


セレモニーをやるらしき部屋に通されると、私と彼だけ 更に奥の部屋に行かされました。

証人の2人は 最初の部屋で待たされます。


奥の部屋に連れていかれると 座らされ この前 インタビューの時に作った書類を 同じかどうか また インタビューがあります。

が、今度は 2人、一緒です。

名前を言わされ、特に 私は スペルを言わされ、

住所を言わされ

日本での職業や、

父の名前、職業

等を言わされます。

私の彼は ポストコードを 忘れてしまって 言えませんでした。

けれど、彼が ずるで書類を見ようとすると

「ダメッ!!!!」

と、言って 隠されてました。

私の方は なにごともなく 終りました。

確認が終わると 証人の人達というか ゲストが 今の部屋に入ってきます。


「一体、なんだって こんなに 人数が少ないわけ!?」

怪訝そうに 役所の人達が いいます。
だって、私達は 証人の2人しか 呼んでませんでしたから。

更に

「あなた達って 最短で結婚するのねぇ。」

と、イヤミもチクリと言われ もろ、偽装結婚を疑われている感、マンマンです。

けど、仕方ねーじゃねーか。

これ、全部 アンタラのお国のせいで 私達は こんな目に あってんだよ!!!

声を大にして言ってやりたい。

このセレモニーするまでに 一体 ビザの料金たるや いくらかかってると思ってんだよ!!!!

この上、たくさんの人数を呼んで パーティーするお金の余裕なんて 全くないっつーんだよっ!!

全て ビザのせいで!!!

これからの スパウスビザだって あんたら、一体 どの位 かかると 思っての!!!????

しかも、私達が 急ぐのには 理由があるんだよ!もうすぐ ビザの申請をするのに 英語のテストの証明をつけて 申請しなくちゃいけないんだよ。

だから、それが 始まる前に どーしても スパウスを申請しなくちゃならねーんだよ。

だから 最短で 結婚すんだよ!

なんか、文句あるかよっ!!!!!


ぜーぜーぜー・・。

これ、全部 言ってやりたかった。本当に。

言えなかったので せめて ここで ストレス発散をさせてください・・・。

あー、すっきりした・・・。


今日は 一応 花嫁・・・。

怒っては いけません。

心穏やかに・・・・。

イヤミを言われても 微笑み返し・・・・。

さて、いよいよ セレモニーが 始まります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2010-11-06 23:21 | 結婚するまで | Comments(0)

by otanko-aubergine