ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

カテゴリ:単なる 独り言( 63 )

前の記事で英語について書いたついでに 海外に暮らしてみて、私なりの 日本の英語教育に対する考えを
調子ぶっこいて書いてみようと思います。

よく 日本人は 中学、高校と合わせて6年間も勉強しているのに 英語が喋れないのは 日本の英語の教育が悪いからだ!!!
とか言われてますよね。

そして 私も もちろん ここに、数年いたって いまだ 英語で苦労している・・・。

なので みなさん、私が さぞかし日本の英語教育に恨み、つらみを持っていると思うでしょう・・・・。

残念でした。
私は こんなに英語が出来なくても 日本の英語教育のせいとは思ってません。

というのは そんな何十年も前の大昔の事、たいして よく覚えてない!!!というのが本当の所です。(爆)


たいがい、
日本の教育が悪いから あんなんじゃ 英語なんて 喋れるようになれない!
海外に来て 日本の教科書で学んだことなんて まったく意味がなかった、
だから 日本の教育はだめなんだ、
とか言って その理由をこまごま書いてるような人は 留学したり、ワ―ホリしたり、もともと英語に大層興味があって 英語が大好きな人たちなんです。

私は はっきり言って 英語なんて なんの興味もありませんし、夫と出会わなければ、夫が あのまま日本に住み続けていたら、英語なんて 一生縁がなく、普通に 日本語オンリーで暮らしていましたね。そして フツーに一生を終えてたでしょう。

英語がとにかく大好きで 英語を使った仕事がしたい、とか海外に住みたいとか そういう人達は別として、大概の人は そうなんじゃないですか?
英語なんて 関係ない職種の方もたくさんいるでしょうし。実際、私もそうでしたし。

英語を使う時と言えば、海外旅行に行った時に 英語が喋れれば、もっと楽しめるのに・・とか、たまたま外人が道を聞いてきて それにうまく答えられなかった時に あぁ 英語が喋れれば・・・。
なんて気分になることはあるでしょうが。
でも、その程度でしょ。


よく主婦の方で これから英語を使う会社に再就職したい とかいうわけでもないのに 「英語くらい」話せるようになりたいからって 英会話を習ったりしてますが そもそも せいぜい海外旅行に行くくらいで 英会話を高い金だして 習う必要があるのか?
とさえ、思ってしまいます。


英語大好きな人達の言分には 日本の教育は 文法ばっかりだとか 話す事が圧倒的に足りないだとか なんだとか言いますが、そもそも 話せるための英語なのか?って話しなんですよ。私にとっては。
だって 古文とか数学とかと同じく、「一般教養」としての英語なんだと思ってたんで。
当然、それだけで 喋れるようにならないんじゃない?とか 思ってしまいます。

なので ペラペラ話せるようになりたい人は 受業外で個人的に特訓したらいいんじゃないの?
だって 学校で、当然、毎日何時間も英語の授業だけ してるわけにもいかないんだからさ。
それがやりたい人は 個人で 英語の専門学校にでも行ってよ と。

話す事を中心の授業にする っつったって、
今は1クラス、何人いるのかしれませんが うちらの時は40人くらいでした。
それで 会話しろって言われてもねぇ~・・。
どうやって??って感じだし、
隣の席の日本人同士で 会話しろっつったって こういう、私のように英語に 特に興味のない生徒っつうのは 恥ずかしいわけですよ。
そりゃ 英語大好き!!発音とかも 自信ありあり!の人は そういうの やりたくてしょうがないでしょうが。
だいたい、イギリスに住んでたって 日本人同士で英語で話すって バカみたいで嫌ですもん。例えば 誰か日本語の分からない人が混じっていて その人のために 日本人同士でも英語で会話する っていうのなら分かりますけど・・・。

なので 例えば日本の学校教育の中の授業で会話を取り入れたとしても、
英語の出来る人が ぺらぺら~って すんげーいい発音で話して みんな すげーー!!ってなって 
私だって それくらい出来るわ!っていう人達が 後からペラペラ対抗して話してきて、
うちらみたいな英語ダメ人間は 誰も この人達の後に話したくないよ~みたいになって もっと英語が嫌いになって 授業が終るんじゃないですか?予想ですけど。


でも、不思議なのは 
グローバル化だか 国際人だか知りませんが 今や小学生から英語教育が始まってるとのことだし、
小さい頃から英会話に通ってる子供はたくさんいるし、
おまけに英検2級とかも 椅子に座ると床に足の届かないような小さな子供が受けて受かるという時代らしいし、
若者はみんな留学だの、ワ―ホリだの海外によく行くし、
みんな 英語、英語、騒いでるし、
これだけやってりゃ、そりゃ みんな 昔より英語出来るようになってんじゃないのぉ? 

って 英語を知らない、私なんかからしたら 思っちゃうんですけど。

だって 私らの時代なんて ここまで英語の教材も氾濫してないし、そもそも英語にふれることだって 少なかったと思うんですよね。
ゴダイゴが英語の歌詞で歌ってるのを見て かっこい~!!!って、衝撃を受けてた時代ですから。
いやー、古くてすみませんが。
知らない人は ゴダイゴをぐぐってね。


なので、私なりの持論。
みんながみんな、そんなに英語、英語言わなくていいんでないかと思うし、
学校の授業の英語だけで ペラペラ話せるようになんて 当たり前だけどならないんじゃない?
英語環境にいる私だって いまだブロークンなんだから・・・。

イギリス人だって フランス語を学校で習ってたって ほとんど喋れないし。
そして フランス語は諦めて、英語に近いスペイン語に変える人が まぁ なんと多いことか。
なので フランス語が出来る人は 日本で言う所の「英語が出来る人」のような扱いで 尊敬、憧れの存在であることが この人達の言動や行動を見ていれば分かります。


ちなみに 日本の教育で ちょっと こうしてほしかった・・・っていう所を あえてあげてみるならば・・・

文法用語も英語で教えてほしかった
ということと、

短い作文でも、英語で自分の気持ちや意見を表現することを 宿題なり なんなりでやれば よかったんじゃない?ってこと。

あとは、歴史の、条約の名前とか人名を 英語で教えてほしいし、人名に関してはフルネームで教えるべき って思います。
例えば 1853年 黒船でのペリー来航。
ペリーさんは 誰もが知ってると思うんですが フルネームがマシュー・ペリーなんて知りませんでしたわよ・・・。




[PR]
by otanko-aubergine | 2017-09-19 20:02 | 単なる 独り言 | Comments(0)
今、エレベーター付きのフラットに住んでいて エレベーター利用しています。

で、この前 エレベーターに乗ってた時に、このエレベーターのメ―カ―は何だろう?と、ふ、と疑問に思ったんですよね。
まさか・・・。
シンドラー社じゃぁ・・・???
と、思いましてね。

で、見てみたんですが シンドラー社ではありませんでした。
それはいいんですが、非常ボタンの所に「24時間サービス」となってたんですね。
まぁ 当然ですが。

でも・・・。
私、イギリスの24時間サービスって 全く信じてないんですけど みなさん どうですか?

「24時間いつでも電話OK」って 結構、よく見かけるんですが、私 笑っちゃうんですよね。
だって 絶対にウソですから。
だって ここ 日本じゃないのよ?
イギリスよ?
絶対に ないでしょ~~。


前にうちのエレベーターが故障しました。
出先から帰ってきたら 修理中だったんですね。
で、前にも そういう事があって ちょっと待ってたら すぐに直ったので 待ってたんです。
というのも、私は 階段で上がれますが 夫が無理なので。

しかし、待てど暮らせど 直らない。
作業員は
「これ、明日の朝まで無理なんだけど~・・・。」
とか言いだしまして・・・。
そこで ここの事務所の人が慌てだしましてね。
だって 夫が階段を使えないのは前提でここに入居してるわけなので、うちらは家に帰れない ということになってしまうわけなんです。

一応 作業員は頑張ってましたが、諦めた時間、夜の7時。
ちょっとー、7時なんて まだ宵の口じゃないのー・・・って感じなんですが 事務所の人が救急隊員をよんで 夫を運んでくれるのを見届けると 速効に帰って行きましたね。
で、次の日も 半日は直らず 午後から やっと 使えるようになったんですが・・・・。

これを見ると 24時間対応ったって 絶対にないでしょ って思います。
たとえば 夜中に利用して閉じ込められた場合でも
「こんな夜中にエレベーターなんて使うから悪い」
と、多分 こちらに非があるような事を言われるでしょうね。


他にも、知り合いの人が言ってましたが ボイラーの故障ってのも 結構 ある話しなんですね。
私も 前に住んでた所で 経験してます。
しかも、1回どころじゃないです。 数回ありました。 数年のうちで・・・。(どんだけの頻度??って感じですが)
でも、すぐに直らなくて 真冬の暖房ナシは辛いので 義姉の家に数日、避難したこともあったっけ・・・。
ボイラーが故障すると、暖房だってつかないし、お湯もでない という、真冬だったら 最悪な事態になるわけですから。

なので、24時間対応の保険に入る方も多いんです。
その方も そのために保険に入ってたそうです。
で、壊れたのは 真冬の日曜日の午後。

早速 電話しますが まったく繋がらない・・・
いろんな所に電話をかけて あちこちと たらいまわしにされた揚句に すぐに直しに来てくれるわけでないことは確定。
もちろん、日曜日ですもんね・・・。しかも午後・・・。日本じゃありえませんが、イギリスに住んでる人だったら うなずけるでしょう。

そして そこから 地獄のような手続きやら なにやらが始まり、結局 いくらだったか 多大なる額を要求されたらしく 納得できないと、その方 すんごい怒りまくってました。
だって 24時間対応というのに そうではない ということと、更に金額を払って 直さなくちゃいけない という2重苦ですもん。
で、永遠と保険会社とやりあっていて
「え??まだ 直ってないの??」
っていうくらい 数か月は直ってませんでしたから。

それを聞いた別の人が
「ボイラーはねぇ~・・。○○ガスがテレビのコマーシャルでは すぐにトラブルがあったら来るような事言ってるけど そんなことはない って言ってた人がいたわ。」
とか、ほんと、この24時間対応っていうのを信じちゃいけないんですね。イギリスでは。


それに比べると、日本は 素晴らしすぎるというか。
そこまで素晴らしくなくてもいいんじゃない?って 今や 思ってしまうことも多々。

24時間営業のお店、そこまで必要??って思ってしまいます。
ファミリーレストランとか ありすぎるコンビニや、朝5時まで営業の居酒屋とか・・・。
普通に11時閉店でいいんじゃないか と、今や10時には寝てしまう私は思ってしまう 今日この頃・・。




[PR]
by otanko-aubergine | 2017-09-03 22:14 | 単なる 独り言 | Comments(4)
もう、夏休みも残りわずか。

気づけば 8月に記事を1つも書いてないことに気づきまして 記事を書いています。

えー、もちろん、夏休みと言えば お盆休みなどもあり、旅行のシーズンです。

で、これ よく聞かれるというか、言われるんですが、
「日本人を知っている」
「知り合いに日本人がいる」
みたい感じの、変化球で

「友達の日本人が 旅行でイギリスに来るんだ」

というもの。
この前、突然 言われたんですけどねぇ。

ただ、今まで 日本人の友達がいる、と、聞いたことがないので 友達といっても その日本の方が、留学だかワ―ホリかは知りませんが、なんらかの理由でイギリスに来て 知り合い、帰国され、その後、facebook等で繋がってるだけの友達とかと思われるんですが。
だって もし 懇意な日本の友達がいれば もっと前に私に言ってるだろう と、思うからです。

で、突然 そう言われましても、
「あぁ、そうなんですか・・・・」
としか言いようがないんですが・・・。

これって みなさん、なんて返してますか?
どんなリアクションすればいいのかも悩みます。

それに、こっちは全く ナニも知らない人が来ようと、来なかろうと、ぶっちゃけ 無興味・・・。
しかし、何と言ってほしいんでしょうか??

・・・・。
で、考えたんですが 日本人とひとくくりに言いましても 北の人か、東の人か、西の人か、南の人か、で 大分 違うじゃないですか。
なので、
「へー、その方、どこに住んでる人なの?」
って返してみます。 でも、大抵・・・
「知らない。」
と言う答えが帰ってきます。

知らないって・・・・!!!!

いや、これ 前に日本に住んでた っていう人にも聞いたら
「・・・・。忘れた。」
って言われたんですけど、東か西かくらいでも 覚えてようよー。自分が住んだ所なんだからさぁ・・と思ってしまいました。
いやー、私だったら 生涯、この場所を忘れられないけどねぇ・・・。


ま、そんなで 非常にリアクションにこまります。

案外、その人は その旅行者にも
「日本人の知り合いがいる」
とか言ってるのかもしれませんねぇ。
そして その方も、
「あっ・・・そう・・・」
と 返答に困っているかもしれません・・・・・。






[PR]
by otanko-aubergine | 2017-08-26 23:06 | 単なる 独り言 | Comments(8)
よく「日本人はNOと言えない」と巷で言われてますよね。

でも、「YES」の返事を期待されている時に、NOと言いづらく、なので「言えない」、っていうのは 人として普通なんじゃないかと思う、今日この頃。

というのも、この前 脳卒中グループの おばあさん達とだべっていた時に へぇ~と思ったんですが

みなさん、結構 お隣さんのお世話とか 好意でやってあげてるんですよね。

お隣さんが 寝る時だけ、ベッドに寝かせるのを手伝ってくれ と頼まれたりだとか 電話がかかってきて これしてくれって 頼まれて 家まで行って やってあげたりだとか。

お金を貰っている という方もいましたが もちろん 長年、お隣さんとのお付き合いがあるから と 完全に好意だけの方もいます。

で  みなさん言っていたのは
「だって Noって言えないもの・・・・」
「そうなのよね。 頼まれたらねぇ・・・。断れないわよねぇ。」

おっ!!
日本人だけじゃないではないか!!
イギリス人だって NOと言えないって 言ってるよ!!


そういえば・・・・。

習い事の後に パブに行って一杯飲んで帰る って時の会話でも・・・。
「行きましょうよ!!」
「私は行けないわ。帰らなくっちゃ。」
「えー、そんなこと言わないで、一杯だけ。」
「ダメよ。 今日は 帰らなくちゃいけないの。」
「ほんのちょっとだけ。」
「えー、無理。」
「10分だけは?」
「・・・・・。しょうがないわねぇ・・・・(しぶしぶ)」

ってな具合な会話も何回も目にしました。



「日本人はNOと言わないから よく分からない」
「海外に行ったら はっきりとNOと言いましょう」
「Noと言えない人は 海外に行くべきではない」

などなど、言われてましたが こっちの人だって NOと言えない時だってあるんです。
Noを 遠まわしに言ったりしますし、婉曲表現だって使います。
NOと言えなくて しぶしぶやったり 断ったのに 断り切れなかったり。
日本人と同様だと思います。


日本にいても 宗教勧誘さえ断れなくて 壺を買ってしまったり 高いエステや化粧品を 断り切れなくてローンを組んでまで買ってしまったりするような人は別ですが みなさん 大抵 それ位は断れるでしょ~??
まぁ お金がない私には 金絡みには 所詮「NO」と言うしかないんですが・・・。

ただ、外交に於いては違います。
日本は遺憾の意ばかり表明してないで 強くNOと言って 意思表示をしてほしいです。




[PR]
by otanko-aubergine | 2017-05-25 22:43 | 単なる 独り言 | Comments(2)
新緑の季節になりました。
ついこの間まで 丸坊主だった木々は 緑の葉をこんもりとまといつけ、すっかり 夏の洋服に衣替えしてます。


スーパーマーケットは もう バーベキューの季節!!!とばかりに バーベキューの物を押し売り状態。
その割には 寒くて ここ、数日は やっと 暖かくなったものの これでも 庭でバーベキューをする気合いの入った人達は すごいぜ・・・!と 思ってます。

それと、もう一つは ガーデニングの季節・・・。
お庭に 綺麗なお花をたくさん咲かせて 美しく飾りましょう!!
ということで、たくさんの鉢植えやら なにやらが 売られています。

ガーデニングが好きな人は けっこういます。

素敵なお庭を自慢するのって イギリス人は好きですよね。

しかし 私が付き合いがあるのは 年寄り、しかも ご主人が脳卒中などの病気をもっている、年寄りばかりなので みなさん、庭仕事も一人でやらなくてはいけないことに 不平、不満をぶちまけている方、多いです。

特に 庭に池をお持ちの方。

クリーニングだ、なんだで大変で 昔は旦那の仕事だったけど 自分しかやる人がいなくなって 他にも やらなくちゃいけない事、てんこもりなのに、そんな事 やりたくないっ!!ので お金を払って業者に頼むしかない・・・・
という事で、池をつぶした方もいますし、庭の手入れ自体も面倒になって 引っ越した方もいましたね。

でも 業者に頼んで 庭をキープしている方もいらっしゃいますし、ご夫婦ともども 元気なら そんな心配は無用なんでしょうけどね。


私の今のフラットに 自分専用の庭なんて ありません。
ただ、バルコニーはありますので 鉢植えなどは飾ることができます。

昔、住んでいたフラットは バルコニーさえない、屋根裏の女中部屋だったため(だから格安でしたが) 今の所に引っ越してきた時には 鉢植えなんかをバルコニーに置ける!なんて 夢が広がっていたものです。

でも・・・・。

私には むいてないのかも・・・・。
ぼそっ・・・。

私の両親とも、しかも 両祖父母とも、庭いじり、つまり、ガーデニングは大好きという、サラブレットだというのに どうやら 私もふくめ 兄姉は 誰も その血をひいてません。

今までにも 鉢植えとか 頂いた事はありました。

でも・・・・。

水とか最初のうちはあげてるんですが だんだん その鉢植え自体が オブジェと化して 目に入らなくなっていき 忘れるんです。

それっていうのは 例えば、いらない物を とりあえず、その辺の邪魔にならない所におくと、最初は目障りなのに だんだん 目が慣れて来て そこにブツはあっても 目に映らなくなるじゃないですか。

そういう感覚になるんです。

で・・・・・。

あっ!!!!す、すっかり 忘れてた!
と、思って水やりますよね。

そうすると、しばらく後に夫が
「あ、今日 お水あげといたよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・。
なぜ、今まで気づかなかったくせに 今日に限って あんたは気づくんだっ!!!

ってことで うちらは 忘れている期間も 水を上げるタイミングも 全て かぶっているので まったく 草花にとっては迷惑な話で そんなんで 育ちません。


ガーデニングの超初心者バージョン!
ハーブ!!!

パセリだとか バジルなんかは どうかと、前にプレゼントにいただきました。

でも・・・・。
ちょっとは 発芽したんですが 上記の理由で育たず・・・。

もう一度挑戦しようと 今でも 土入りのカップがそこにあります。

・・・・。
が、種を植えるのでさえ めんどう・・・・。

で、カップに土が入ったまま その辺に放置してあります・・・・。
なんと ぐーたらな・・・。


・・・・あぁ ガーデニングが趣味とか 言ってみたい。

なんて 素敵な響き・・。ガーデニング。

イギリスに住んでまして 趣味はガーデニングなんですの。おほほほほ。
ええ、英会話も少々・・・・。

これで キラキラ・ブログの仲間入りになれるかな・・・?








[PR]
by otanko-aubergine | 2017-05-17 23:09 | 単なる 独り言 | Comments(4)
やっと イースターホリディも終って 世の中 通常に戻った・・・と思ったら もう4月も下旬ですね。

日本では4月から新生活・・!!という心機一転な月というイメージがあるのと 同時に 自分の事も振り返ってみたところ・・・・。

新年明けての今年のひそかな目標に 週1でブログを更新する・・・というのがあったのですが あっさり 挫折・・・。

実は 最近、ネット回線を整えたのですが・・・・。 
それまでは すぐにネットが切れるし、動画は見れない、そもそもネットに繋がらない 繋がるまでに30分以上かかることもある というヘレンケラーもびっくりの3重苦だったのですが それも、回線がよくなるまでの辛抱・・・。回線が良くなったら・・・・・と、たら、ればで考えてました。
でも 実際、回線がよくなったら よくなったで、あまりの嬉しさに 下らない事にネットの時間を費やしてしまい ブログなんて そっちのけ・・・。
ほんと、更新する、する、詐欺ですね。


それと、つい最近、今年のダイアリー手帳を発見したんですね。 
それは 去年 クリスマスプレゼントに誰かにもらったもので そういえば 今年から 日記をつけてみよう!と思ってたんです。

で、つけてました。 たしかに・・・。
すっかり 今では忘れてた。。。。

で、手帳の中身を見てみると・・・。

1月の最初は綺麗に几帳面な文字で日記が毎日書いてあります。
で、、、1月の中旬になると とびとびのなぐり書き・・。
さらに 1月28日の 一言日記を最期に 終わってました・・・・・

1カ月すら続いていないという・・・・。
この手帳を発見するまで すっかり 存在すら忘れていたという・・・。

ほんと 私って 何をやっても続かないダメ女なのねぇ・・・。
と これまた 自己嫌悪です。

そして、半年が過ぎ、もう 半年が過ぎちゃった・・・とか言って、9月になって もう今年も残り4カ月・・・とか言って・・。
そんで 1年が終って また 今年の目標・・・の繰り返し。
ほんと、何やってんだ・・・・。私は・・・・。脱力・・・。



[PR]
by otanko-aubergine | 2017-04-23 21:17 | 単なる 独り言 | Comments(2)
くだらなくって すんませんが 大人になってから 見ると 色々と視点が変わってる事に 自分で気づきましてね。 どーでもいいんですが 忘れないうちに 書いときます。

全部見て 一番どこで泣いたかって やっぱり ハイジがフランクフルトで自分の国を思いだして泣くところでした。

昔は おじいさんとの再開の場面やクララが歩いた時に一番泣けたんですが 今の私は 突然 他の国で暮らす大変さを経験しているので ハイジの気持ちが痛いほど分かるというか・・。
ハイジが誰にも言えず、涙を流す所など もう嗚咽もんでした。

だから ハーグ条約って出来たのか?って思いましたもん。


でも、思ったのは ハイジがフランクフルトに馴染めないのも 環境の変化ももちろんあるけど、「クララのような車椅子の人の相手をする」ということが そもそも 一番のストレスなんじゃ・・・

だって ハイジは駈け出したり、動物が好きな 普通の子供。
車椅子の人の相手をする って 動けないわけですから 行動が限られ、ほんと 駈け出したりするのが趣味じゃなくても ストレスたまりますよ。外に行きたくなります。
それが 外に行って駆け回るのが好きな人が それが出来なくなるわけですからね。
そのストレスたるや 簡単に想像できてしまうという・・・・。


そして ともかく、子供の時は 大嫌いだったのは、ロッテンマイヤーさん。

でも、今見ると ロッテンマイヤーの気持ちが すごく分かってしまうという・・・・。

ロッテンマイヤーのセリフの
「アーデルハイド! クララお譲さまをこんなに 疲れさせて・・・!!」

これも 分かるんです。
身体が不随な人っていうのは 疲れやすいんです。で、疲れると これは みな そうでしょうけど、不機嫌になる、話ができなくなる、何事も集中できなくなる・・・

という風になるわけなんです。

そうなると クララの場合、勉強にも差し支えるでしょうし 疲れて 寝てばかり となると やはり 身体ももっと悪くなる

ということで あまり疲れさせないように 遊べよ と言いたくなる気持ちは ものすごーーく分かります。

ただ、クララの足の病気は 脳から来てるわけではない ということ。
単なる 足だけ ということ。
すなわち、両手は使える。

これって 大きいって思ってしまいます。
だって 両手を使って 裁縫だとか人形遊びとかはできるわけだし、転んだって なんだって 手でかばえるじゃないですか。

脳卒中で半身が不随になると 片手、片足が不自由になり、逆に 片手、片足しか使えなくなるため 出来る事が 限られるし、転んだりしたら 手でかばえませんから もろに 頭をうったり ダメージが大きくなりますからね。

なので クララがアルムの山に来て 歩けるように練習するとき 転んでも たいしたことなくて いいなぁ って 思いましたね。

けれど、歩けるようになっても あの山の斜面は無理でしょ って思いましたけど・・・・。
そこは マンガ。分かってますけどねぇ。
足が悪い人にとって ほんの少しの傾斜、上がりでも下りでも それが 一番 大変なんです。恐怖さえ感じるようですし。
実際に そう言う所で バランスを崩して 何回も転んでます。

それと、車椅子。
車椅子で山は 不可能に近いです。
ああやって どこにでも 車椅子で行けそうな気がするでしょうが、車椅子なんて スーパーマーケットみたいな 床がすべすべで 完璧に平な所に限ります。
おじいさんの家に入る時だって アニメは アニメですから すっと 入ってますが あの 敷居を越えるのが どれだけ大変か っちゅー話です。 ハイジの力では無理だし、押してるだけじゃ 敷居は越えられないんですね。 足元を持ちあげないと。
足元の車を まず、上げないと 逆に危ないです。

そして 山の上の平な所 といえども 本当に押すのは 大変。
私は 夫を連れて 庭園みたいな所に行ったことはありますが ナショナルトラスト管理だと 車椅子のタイヤがマウンテンバイク仕様になった いわゆる マウンテン車椅子を無料で貸してくれます。
それだと ものすごく 楽です。

でも そうでない所だと、もちろん、普段の車椅子を使って行くことになります。
そういう所だと 車椅子アクセスの所は 下にネットみたいのが 張ってあって スムーズに行けるように工夫されていたりします。が、逆に そこしか行けません。そうじゃない所だと ものすごく ごろごろして 押すのも一苦労。汗びっしょりです。
そして 地面のでこぼこさが 直に車椅子使用者は 感じられるため 大変 座り心地が悪いそうで 疲れも倍増になります。

と、介護目線で 見て 色々思ってしまいました。

それと、あんなクララのような良家なのに ドア越しに 召使いや誰かを、叫んで呼ぶ っていうことは ちょっと 考えられない とか・・・。

それでも、やっぱり やっぱり、感動の名作です。

ハイジの無邪気さが可愛い・・・と すっかり おばーちゃん目線・・・。

[PR]
by otanko-aubergine | 2017-04-04 21:19 | 単なる 独り言 | Comments(4)
前のスキンが廃番になってしまったため、しばらくは 真っ白、白だったんですが 新たに スキンも決めたことで また 再出発していきたいと思います。

さて・・・・。

突然ですが パートナーが行う、日本の作法で 我慢ならないのってありません?
しかも 本人はそれが行儀悪いだなんて みじんも思わず、正しい日本の作法だと思っている という・・・・。
特に食べ方・・・。


例えば、私は 日本の方に対しても 鉛筆の持ち方と、箸の持ち方が変だと ちょっと ドン引きしちゃうんですよね。

かの有名なジェイミー・オリバー氏の箸の持ち方が どうしても気になってしまうという・・・。

「一見 正しく見えて実は違う」箸の持ち方なら まだ許せます。日本の方も こういう方 たくさんいますよね。
でも、箸をクロスさせて使ってたり 握ってたり・・・というのは ドン引きです。

でも、私のフォークとナイフの使い方も こちらの方から言わせると違うようなんですね。
きっと ドン引きされてるんでしょう。
私としては どこが どう違うのか よく分からないんですが。。。
誰か 知ってる方 教えてくださいな。


夫は箸の持ち方はいいんですが 味噌汁を飲む時に 箸で下に淀んだ味噌を何回もかき混ぜて飲むんです。

・・・・。

定食屋のおっさんかよ??
誰の真似したんだ・・??どこの日本人が教えたんだ・・・??
と、軽く殺意さえ湧くほど嫌なんですよねぇ。
で、耐えてたんですが 勇気を出して 言ってみたんです。

誰から教わったのかは知らないけど それは とても行儀が悪いことだということ。

そしたら
「え??そうなの?知らなかった。だって 味噌が沈んで お湯だけ飲むみたいになっちゃうでしょ?だから・・・」

いや、そうなんだけど、それだったら 1回だけ静かに 周りに分からないようにかき混ぜるとか なにしろ、得意気にぐるぐるかき混ぜるのは 超ーーーー行儀が悪いから 止めてくれと。

そしたら「分かった」と 言って やらなくなりましたが こういう風に 「これが正しい!」と思いこんでいて 実は全然違うって事って あるんでしょうよね。

まぁ、日本の方でも知らない人がいるのも事実ですよね。
前に 日本の方でしたが、
「イギリス人は きっと 日本人が魚を食べて 小骨を手で口から出すのは受け入れられないと思う」
と言ってたんですが、いや、これ 日本だって れっきとしたマナー違反なんですが・・・と思いましたもん。


因みに 刺身を食べる時も 夫は 醤油にさわびを 箸で溶かして(それも得意気)食べるんですが それも 大嫌いでした。
んな 行儀悪いことしないでくれ~~!!!
って 叫びたい衝動に駆られます。
まぁ もう刺身を食べることはないのでいいんですが ほんと、一体 誰が教えたんだ?変てこな行儀を教えないでくれっ!!
と 憤りを感じますね。


・・・と、まぁ うちの夫は在日歴が長かったのにもかかわらず こうです。
さすがに 突き刺して物を食べたりとかはないですけど。
でも 在日歴が長いので 傷つけないように 言うのは至難のわざなんですが。


なので 常々 思っていたことなんですが 日本に行ったこともなければ 住んだ事もなく 日本の事を何も知らない人と結婚するって 2人とも すごい勇気!!って思います。




[PR]
by otanko-aubergine | 2017-02-26 23:30 | 単なる 独り言 | Comments(5)
明けまして おめでとうございます。

今年も皆様にとって 素晴らしい年になりますように・・!!

今年もどうぞ よろしくお願いします。

[PR]
by otanko-aubergine | 2017-01-06 01:28 | 単なる 独り言 | Comments(4)
「おばさん」って 単に 中年女の事を言うだけではなく、主に 嫌がられたり、行動が厚かましい人を形容する意味で 使いますよね。

最近、「おばさんしてる」って、結局 日本人でもイギリス人でも 変わらないじゃない と思った事がありましてね。
例をあげてみます。


① すぐに年齢を言う

「私、もう36歳なのよ」とか 「36歳にして」とか 「36年間 こう思ってた」とかなんとか すぐに 年齢を言いだす。
それは 「若い~」って言ってほしいのか、「まだまだよ」とでも 言ってほしいのか、リアクションに困るんですけど。
まわりも し~ん。。。って感じで 何も言ってませんでしたが・・・・。


② とにかく 言い訳が多い

仕事しながらでも なんでも とにかく 言い訳を 早口でまくしたてる。
しかも 全然 関係ない人達にまで 言い訳を言って まわる。 そんなん、言われても 知らないわ。
言い訳はいいから 仕事覚えろっつうの・・・・。

③ 自分の事はお留守で 人の世話ばかり焼きたがる

自分のことさえ出来てないのに 人には 口出しを 年中 してくる。
そんなこと言ってる暇あるんだったら 自分の事 やれば??って 言いたくなります、
いや、自分の事が 完璧に出来ている人が 人に口出しするのは 分かりますが・・。

④ 自分は素晴らしいと思ってる

何さま?女王様? って言う位 自分が正しく、自分に自信があり、出来ないのは ものすごい100個くらいの言い訳がついてくる。
絶対に自分と仲よくしてる人意外は 認めないし、自分が 少しでも認められると 態度 極Lになり そりゃ もう 大変な騒ぎに。

ちなみに 大抵 ちょろっと 過去の栄光で 素晴らしい経歴があったりする。
でも、その経歴を よく聞いてみると ちょっと行って止めた とかそういう感じで それを経歴に入れるな!と言いたい。

⑤ 大きい声で話して たむろってる

例えば 椅子があったら 真ん中とかを デーンと陣取って 荷物を広げて 大きい声で友達と喋っている。
誰かが来ても 気遣う気配、まったくなし。
自分の荷物も片付けようともしないで 場所とり状態。
しかも うるさすぎて みんな 引き気味。
でも まったく 動じないし、感じてない。
だいたい パターンとして その友達は 気遣えるのだけれど 当の本人は まったく 気づいてない。


⑥ 自意識過剰

誰も そんなに ずーっと あんたのこと、見てないよ!って言いたいほど、全てにおいて まずは 自分。
他の人の事は 考えられない。
それゆえに いろんな 言い訳が多く 年中 一人でずっと 喋っている。

⑦ 感謝が足りない

仕方なく合わせてやっているのに それが 当然と思っているのか 感謝の言葉の一つもない。
しかも あんたのせいで こっちは とばっちりを受けているのにも 関わらず まったく 我関せず。
自分は 常に正しく、出来ないのは なにかしらの言い訳があるので 自分は悪くないのです。


と、こんな所でしょうか。

学校を卒業して 就職して そこでも 地位が上がってくると、人から 指摘されたりすることなんて なくなっていくわけじゃないですか。部下に 指摘することはあっても。

そうすると やっぱり 自分に対しての意見とか 自分の能力のなさを 受け入れられなくなって行くんですよね。

なんか そう思うと 「学ぶ」って事は 何にしろ、やっぱり いい事なんだなぁ って思うですよね。

でも、それは 自己流ではなく ちゃんと 人から指摘されること。

それを受け入れて 謙虚な姿勢で 努力すること。

学んでいる「先生」に対して 敬意を持つこと。

これって やっぱり 世界共通だと思うんです。
それが 出来なくなっていくと・・・・。

やっぱり「おばさん化」してくるんだと思うんですよね。

気をつけよう・・・って思いました。
人の振り見て我が振り直せ・・・・でね。

この「おばさん化」って 英語にあるんでしょうか。 誰か 教えてください。





[PR]
by otanko-aubergine | 2016-11-16 00:28 | 単なる 独り言 | Comments(5)

by otanko-aubergine