ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

私の嫌いな10の海外生活ブロガーたち

ファン限定記事には書きましたので ファンの人は 分かっていただけると思いますが、パロってみました。
知らない人でも すぐに この題名で ピーン!と来ることでしょう。

とにかく、私が嫌いなブログ、ブロガー達は 次の通りです。


① ブログの書き出しに いちいち自分の名前を入れる

私は これが 非常に嫌いです。特に 有名になりたい人や 商売絡みのブログに多いのです。 毎回 記事の最初に うざったく 「こんにちは!」という文章の後に「○○です」などの 自分の個人名や、お店の名前などを書くブログ、更にメールアドレス付き を よく見かけるのですが、
「分かってるよ!あんたってことは!あんたのブログ見てるんだから!」って 叫びたくなります。
非常に 名前を浸透させ、売りたい気 まんまんな野心むき出しな所が 私には 逆にやぼったく感じられ、読みたくなくなります。そんなに 有名人になりたい??


② 最後に必ず ブログ村だか なんだかのランキングのボタンを押せと 強要してある

「励みになります」「応援よろしくお願いします」「ありがとうございます」などと 綺麗事を並べてたりしていますが 要は 「ボタンを押せ」と言っているのですよね。 横の方に 自分が今 ランキングで何位なのかを貼り付けてみたり 「ブログ村で×位です!」なとと、得意気に書いてある様子から 単に競争大好きで 参加しているランキングの上位を 虎視眈眈と狙っている競争心が強い人という感じが見受けられ そうなると へそ曲がりな私としては 絶対に押してはならぬ!という心の声が聞こえてくるのです。


③ やたらと「生の情報をお届けします」「役立つ情報が満載」などと 自分は正しい情報を常に届けていると勘違いしている人

ブログとは情報発信!とか のたまわって、どこのお店が どうだの、ここの店が こうだの、なんとかのケーキだか アフタヌーンティーが どうとか。
そして 必ず食べ物の ドアップな写真。
自分は「情報」とやらを届けているつもりでしょうが、単なる、「私、こーんなステキなお店知ってます!ここは 私の庭なのよ。」と言う事を皆さまにお届けしたいだけと言う、自慢のことも多々。
お店などは 店の雰囲気など、個人の趣味があると思うのですよね。小汚い古くさいような所が好きな人と、モダンで綺麗な所が好きな人のように。そして 実際に目で見るのと ネット上の写真で見るのと まったく違ったりするし、自分の目と足で探す楽しみ という 昔ながらの方法が一番だと私は思うのですが。
「こういう時は こうしたらいい」「ああしたらいい」という情報も 上から目線で物を言っているにすぎないように聞こえるこもともあるからです。
それと どうでもいい、このスーパーに日本の製品のナントカが売ってるとか 何が 何ポンドで買えるとか。そんな情報、ほんとに 読者は知りたいの?


④ ル―大柴状態のブログ

やたらと英語がちりばめてあるブログのことです。
私は英語が大っきらいなので 英語の単語すら目が拒否します。しかし、よく見てみると、
「今日 shopping に my friend と行きました。cuteなsweaterをget! 」とか
「今日は my favorite cakeを食べました☆ delicious!」
そんくらい、日本語で書けば??というような もんばっか。しかも ほんの数行で 終わってたりする。
これは どうやら大体 海外に来たばっかりの 最初の数か月以内に起こり、比較的 英語力がない人に起こる 基礎英単語すら日本語に変換する能力がなくなる という病気のようです。
「It's 4me!」「Are U alright?」など やたらと テキストの省略形を使いたがるのも この人達の特徴。for とかyouくらい 書けよ!って思うし、「i am ....」など 小文字になってるままだったり そんくらい大文字にしたらいいじゃん!
ぶっちゃってさぁ~・・・って 含み笑いしちゃいます。
しっかりとした英語力を持っている人の文章って ものすごく日本語も きちんとしていて 正しくて、美しいんですよね。


⑤ 「イギリスは」「イギリス人は」など その国の雑学講座状態のブログ

よく「イギリス人は紅茶を飲む」とか「英国紳士なので ○○だ」だとか「イギリス人は列を作るのが好き」だの、「イギリス料理はまずい」だの「ほんとは美味しいだの」「イギリスでのイースターは こうする」「こうしない」だとか そういうような いちいち うざったいネタ。
日本人だって 日本茶飲む人と コーヒー飲む人といると思うし、何にしても 人種じゃなくて その人の経験によると思います。
私は「イギリス人は こうする」「こうしない」とか しかも どーでもいいようなネタが 大嫌いです。どっかの旅行本に書いてあるような事を さも おもしろおかしく書いてあったりすると 面倒くさくなって 途中で終了します。
本人達は 得意気に「イギリス人ってこうなのよ~。あなた達、知らないでしょ~?私、イギリスに住んで たくさんのイギリス人と接しているから 分かるのよ。」とでも 言いたいように聞こえます。
「何人は○○する」「日本とは 違ってびっくり」とか こういうの、好きな人は好きですよねぇ。
それと同時に 「イギリスでは こうします!」話も 嫌い。
私には「ほら、イギリスでは こんな風にするのよ!あなた達、知らなかったでしょ~?経験したことないでしょ~?ふふ、私は 経験して 知ってるの。えっへん!」というような声が聞こえてくるからです。これも ほぼ途中で終了します。


⑥ イギリスの(自分の住んでる国の)愚痴を言う

すみませんが、私からしたら ほとんどが どーでもいいような事なんですよね。
電車がまた遅れただとか 旅行会社で頼んだら担当者が適当だった とか プラマーの仕事が遅かったとか そういうの。
私も愚痴書くので 自分も含めますが、軽いタッチで それを 大きい字にしてみたり、カラーで書いてみたり、そこまで笑いに出来るようなら 別に深刻でもなんでもないし。
「こ~んな目にあった自分の話、おもしろいでしょ~?イギリスって 違うでしょぉ?あなた達、知らないでしょぉ?」と これまた言いたいだけのように思えるからです。
マジに深刻で 生死を常に覚悟して今まで来た私からしたら そんなアホらしいこと、どーでもよくなります。っていうか そんな 下らないこと言って、平和で幸せでいいわねぇ って嫉妬さえ覚えます。

前に「イギリスの不動産屋はもうすでに物件が借りられてて ないものまで まだ貼ってある。さすがイギリス。」っていうの読んだことあるんですけど 苦笑しましたよ。日本でも そんなのは不動産屋では普通にします。ってか、まず よく 日本でも社会勉強してください。
日本だって たらいまわしや 腹立つカスタマーサービスの人もいますしね。


⑦ 家族の愚痴を言う

夫のことを 動物に例えた愛称で呼んだりし、更に あーだの、こーだの、何してくれないだの、何してくれすぎてイヤだとか、ケチだとか ケチじゃないとか これまたメンドクサイ愚痴がいつも書いてあるブログ。
あんたは 幸せだから そんな呑気に夫の愚痴なんて言ってられるんだよ。と、シリアスな病気の旦那を持つと、これも 軽く、いや強く嫉妬し、そんな事言ってる人にケリの一つでも入れたくなりますね。
まぁ これは「私ったら こんなに幸せ~。愛されてるしぃ~彼って ステキでしょ~?ちょっと変な所までぇ~それさえも、愛おしくて笑えちゃう!」というノロケなんですよね。ハイハイ、ご馳走様 って言って終了ですね。愚痴で誰かに言いたい というよりも、幸せすぎる私を誰かに自慢したい ってことですね。

義理家族、特に 義理両親の愚痴も 多々見かけますが、私には 義理両親がなく、そのような経験がないので 言えるのかもしれないのですが どっちもどっちなんじゃねぇ?って思ってしまいます。
義理両親の立場に立って考えてみる ということは 一切許されず、常に 義理両親側が我儘、常識がおかしい、そして それに耐える自分 という構図になってます。
まぁ 日本人同士だって 義理両親とは 色々あるし、お互いの言分を聞かないと 物事っていうのは 分かりませんよね。これを 「外人の義理両親」というフィルターを通して 更に「文化の違い」だのなんだの もっともらしい事を言ってる所が 私は嫌いです。変な人は どこにでもいます。


⑧ セレブ(ぶってる?)ブログ

根本的に世界が違うし 全く 興味もないので よく見たこともありませんが 誰とかの豪邸に招待されて、パーティーしただの、素晴らしく料理上手な私の作品等をアップしたり、クソ高いレストランに行って、これまたドアップの料理の写真、そして コスメやネイルが どーとかで 小奇麗にしている自分が大好き!そのため 自分のステキな写真も もちろん載せている。更に しょっちゅう 小旅行だの旅行だの行って 得意気にその様子をアップしたりしているようなブログ。しかも、それも「情報だ」と言い切り ただの自慢アピールに気付いていないような人達。
まさに「私は 素晴らしいイギリス生活を満喫しているの~!あなた達は したことないでしょ~?見て見て~!私って すごいのよ~!!イギリスで、こんなに綺麗な奥さんしているの!」と 叫んでるように見えるんです。
こう言う人は facebookなどにも連結して どんんどん自己自慢に邁進しているように見受けられます。そして その取り巻きと日本にいる純粋無垢すぎる善人達が「イイネ!」ボタンを連打。おきばりやす。


⑨ なぜかいつも ポジティブなブログ

いつも、ポジティブ。ちょっと庶民的で高感度をさらいつつ、きらびやかなイギリス生活を送っていて、基本的にネガティブな自分は嫌い☆ もっと頑張らなくっちゃ!私! というようなブログ。
この手の人達は まるで 見える世界が違うかのようで、何一つとっても 例えば そこら辺の小汚い中古品でさえ 魔法がかかったように
「アンティークってステキ!」「アンティークって可愛い!」みたいな反応で、そこまで ポジティブな見え方するんだぁ と感心すらしてしまいます。また 「頑張る」のが大すき。常に「頑張っていて」そんな 頑張っている自分が大好き。そして そんな自分にちょっと何かが 振りかかれば たちまち悲劇のヒロインのように。
そこに ヒロインを励ますコメントが押し寄せ これまたヒロインの如く立ち直っていく という。
また、「読者のみんなに心配させちゃってごめんね」と 軽く芸能人気分。
まさに ヒロイン・ヒロコ系のブログとでも 命名しましょうか。


⑩ 武勇伝が多いブログ

世界の何カ国旅してきて得た経験とやらだの、「海外」で働いていて仕事が忙しく休みがない、私って、オレって こんなにすごいんだぜ ブログ。
こういう人タチは もうすでに 自分が偉人になったかのように錯覚しており、ブログに ツイッターやら何やら こんもりSNS系がリンクされている。 始終 なにかしらつぶやき、時には 相田みつをのような格言をのせ、自分って すごいんだぜアピールに 更に磨きがかかっている。
こんなに仕事で疲れきっている私、オレや、こんな危険な事も挑戦する私、俺などの証拠写真などをのせてあるんだけど どう考えても 自分で自分の姿を写真に撮っているか、誰かに命令して撮らせているかであり、あまりにも滑稽で笑えてしまう。
また、わたしってオレって こんなに外人の友達が多いんだぜ!的な写真や記事も多く 絶対に写真にはピースだかグッドだかのポージングをとっていて 恥ずかしげもなく全世界に公開。
そして うざったいほどに 努力すれば何ゴトもかなうだの 言ってみれば お前らは努力が足りない という趣旨の 努力・根性の体育会系論を布教しようとする。
ワタクシの経験では 物事には いくら努力してもかなわないこともあり、その反面 適当にやっても どんどん評価されてしまうこともあるのです。それが 人生なのです。



よくある、私が嫌いな海外生活ブログ というのはだいたい、こんな感じで それが 色々と交錯しています。
海外に行く前というのは 期待と不安が入り混じってますから 色々と あーでもない、こーでもない、とネタが尽きないんですよね。やることはてんこ盛りだし、何持って行くだの、荷物はこんだけだの、毎日ネットで 情報収集もかねて いろんなサイトを見ますしね。
なので 海外に行く前というのが ものすごく懇切丁寧なブログになっていて、ブログ更新も頻繁なのです。
そして 海外に渡り、到着した当初というのは 孤独だし、見るもの、やることが 全て新鮮で「海外でこれやってる!」と たかが 日本で言うところのドト―ルコーヒーでコーヒーを飲むこと位のレベルだけでも 感動するような感覚におちいるんですね。

で、生活も慣れてくる、3カ月位後になると 途端に 更新頻度がパタっと 途絶えます。
「海外で初めて○○する」という経験もなくなってくるし、だんだんと魔法が溶けてくるからです。
どこに住もうとも 日常とは 仕事や学校、主婦業などの 単純な連続の毎日であり、日本の毎日と 大差ないことに気づいてくるんですね。なので 特別なネタなど なくなるのです。
特別な事と言えば、誰とかとランチに行った、旅行に行った・・・・日常って その程度なんですよね。どこの国にいようとも。

そして、親や友達が ブログを見ているので 心配かけたくない、海外で元気で楽しんでいる自分を見せたいがため、ネガティブな気持ちや愚痴は書かない、いや 書けない と言う方が正しいでしょうかね。
まぁ これが⑩のような人は それを「私って オレって 愚痴は絶対言わない!すごいでしょ!!?」というような事が ところどころに 散りばめられてますけど。


私が嫌いなのは それを「生の情報だ」とか「本当の情報」だとか のたまわってるブログです。
日常というのは いい事もあれば 悪いこともある。気持ちが上向きで 絶好調の時もあれば 何をやっても うまくいかない、泣きたくなるような日もあるのです
それを いい事ばかりしか載せない「情報ブログ」というのは 立派な情報操作です。要は 隠ぺい工作してる ってことなんですよ。


なので、みなさん、気を付けてほしいのです。
例えば、特に留学・ワーホリ・エージェントブログなんかは いい事しか言えませんよね。商売上。
本当は 留学してお金を落としてくれるのは大歓迎。でもね、イギリスって国は 勉学が終ったら さっさとあんたらに日本に帰っていただきたいのよ。だいたい、最初からたいした英語力もない人が 1年程度 語学学校に通ったからって英語がペラペラ話せるようになるわけないしね。で、永住権を採れる道は 結婚意外、ほぼないからね。なんて 書けませんものね。


けれど、読み手としたら そう言う事を知らずに 夢を膨らませてしまうんです。
そして これから起こる未知な事に不安を抱き、一歩が踏み出せずに 背中を誰かに押して欲しい人が こういうブログを手掛かりに 
「そうだよね!やっぱ そうだよね!」「みんな、よかったと言っているものね!」などと 一方的に解釈。更に コメント入れたりして、ネット上でコミュニケーションを取り、隠ぺい工作している人から 背中を押してもらっているという。
それが 悪いとは言いません。 

ただ、言いたいことは いくら 体験談や経験談を読んで、同じ事をやろうとしも あなたがこれから やろうとしていることは 地球上でたった一人しかいない、アナタがやることなので 人類史上、初めての経験であるということ。
他の人の体験談や経験談など 全く 役に立たない、「本当の」情報なんて この世に存在しない ということを言いたいのです。


今は 誰でも簡単にブログが始められます。
もちろん、ブログっていうのは 好きなこと書けばいいんです。ただの自己満足なだけなんですから。私も 単なる自己満足で書いてます。
別に誰かの役にたつような そんな恩着せかましいブログじゃないですし。
イヤなら 私のように読まなきゃいいだけなので 何を書いたっていいんですけど、あまりにも「役立つ」「生の情報」などと歌って 読者数を煽り ただの下らないおとぎ話のような 自分自慢のことしか書いてないと 腹立ってくるのです。

なので 人さまのブログに うざったい批判コメントを残すのではなく、自分の所で 言ってみました。(笑)








[PR]
by otanko-aubergine | 2014-03-24 02:06 | 単なる 独り言 | Comments(68)
Commented by Selen at 2014-03-24 09:27 x
おっしゃる通りです。
わたしがかつてアメリカに住んでいた時も、強烈なホームシックにかかったのですね。
アメリカは進歩的な国ですが、わたしの故郷ではないので…。
そもそも、母国語でない英語で勉強するのはものすごいストレスでした。

これはどこへ行っても同じだと思います。
例えばフランスに行ってカフェでのんびりしたい。
旅行だけならいいですが、毎日やると飽きがきますよね。

それよりも、京都や奈良の文化遺産を見るのが好き。
電車賃がかかりますがw
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-24 21:32
Selen様
Selen様も ご自分で ブログを始められたらいかがですか?私のブログのコメント欄のみで 自分の考えを発表するより ご自分のブログの方が 好きなことかけますし、文字にも制約がないですし、同じ悩みの方に 出会えるかもしれませんよ。
Commented by Selen at 2014-03-24 22:10 x
わたしの意見、しつこかったですか?しつこかったら言ってください。
けれど、まだ未成年ですし、学業もあるのでブログは書けないなあ…。
まだ社会人にもなっていないですし…。

すみません、今はまだいいです。
Commented by penedescat at 2014-03-25 01:52 x
いつもながらOtankoさん、まとめるのがお上手!
とってもお洒落な毎日を綴っているブログなんて、本当はどんな生活してるんだろうと勘繰っちゃいます(笑)
外食ネタばかりだと、この人本当に自炊することあるのかと疑問にも思うし。。。

私が一番苦手なのは、自分の顔は絶対に公表しないのに、外国人パートナーや自分の子供(主にハーフ)の写真はどんどんアップしてるパターンですね。あれはすごく嫌らしい自慢の仕方だと思います。
自分の顔をさらけ出すと、一気に日常間が出るから載せないのか不思議で仕方がない。

確かにブログは自己満足の世界なのですが、意外と人間性が現れるものだなあと思って見ています。
Commented by cityofangeles at 2014-03-25 16:21
私は普段話す人(夫以外)がいないので、ブロガーさんたちと交流しています。私も自分のブログ記事を書いていますが、otankoさんがここに例に挙げた中には私自身も「そうでありたくない!」というのも多々あります。それに、あ、それ私だ!という部分もあります。(笑)私は自分の経験は書きますが、それが全てのように書かないように気をつけていますし、自分の生まれ育った国も良く知らないのに、移住して来たこの国のこと「この国の人は・・・」とか、わかったかのように語れません。というか、私がいるところは移民が多すぎて自分の生まれた国を主張している人が多いですから、この国をひとくくりにして語るのは無理です。(笑)そうそう、私は自分のブログに「独断と偏見、自己満足炸裂ブログ」と記してあるので、自分のブログの風紀を乱すと思われるコメントは有無を言わさず削除します。私の場合、近くの牧場の牛とか馬とかの写真を載せたら、なぜか?変態コメントが沢山来ました。セクシーなものを感じさせたのか?なぜだろう?(汗)
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-25 18:58
Selen様
ブログ開設、楽しみにしてますね!
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-25 19:08
penedescat様
確かに~~!よく、配偶者の写真のみで 自分の顔は絶対に映ってないってありますね~!! 「見て見て!うちの旦那、ガイジンよぉ!子供は ハーフちゃんよぉ!」って感じなんでしょうか??(笑)

同じネタでも 「がんばって!」って応援したくなる人と、「やっぱりね。」って鼻で笑っちゃうような人と いるってことは おっしゃる通り、やっぱり 人間性が文章に現れるんでしょうね。
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-25 19:15
愛美様
ブログなんて 好きなこと書いて 好きな人が読めばいいんですけど 私は あまりにも 読者数を煽って 耳障りの良いことだけを書くブログが 嫌いなんですよね。

でも、なんで 牛と馬で発情??ネットの住民は あれに 発情するのかしら・・??ネットの世界は 謎だぁ・・・・。
Commented by organicfarmvlc at 2014-03-25 19:32
気をつけます。(爆)
でも、ブログって、ある意味ナルシストじゃないと書けない(書かない?)とも思います。何でも程度の問題でしょうが。
私もある程度気をつけていますが、自分のものだし、自己満足だし、でも誰かに聞いてもらいたいような、そうでもないような、書いた後で自己嫌悪に陥ったり。。。10年後に自分で読み返したいと思って自分のために書いています。懺悔。(笑)
Commented by Sele-n at 2014-03-25 23:03
>私が一番苦手なのは、自分の顔は絶対に公表しないのに、外国人パートナーや自分の子供(主にハーフ)の写真はどんどんアップしてるパターンですね。あれはすごく嫌らしい自慢の仕方だと思います。

うんうん、わかるわかる。
ハーフをモノ扱い。

ハーフだとかいっても単なる子どもじゃん?って思うんです。
両方の文化に接することはできますが、そのかわりどちらの国の組織にかかわるとなると疎外感を感じますよ。

今はまだ学生の身分なのでぶらぶらしていますが。
Commented by Sele-n at 2014-03-25 23:07
そういえば、わたしの母も、わたしがハーフであることを鼻にかけてる部分があるのですね。ブログなどにアップなんかしなくとも。

父はしっかり者ですが、母はギャグマンガとかに出てきそうな典型的ミーハーかあちゃん。お笑いみたい。吉○新喜劇に出てくるかも…(苦笑)。

ハーフの子供をつくるのが悪いんじゃなくて、それを自慢の種にするのはやめてくれ、と言いたいです。
Commented by Mono at 2014-03-26 02:30 x
Otankoさんにとって面白いと感じられるブログって逆にありますか?世の中に溢れてるブログの多くがこの10項目の幾つかに当てはまる気がします。
いきなり不躾な疑問ですみませんが、「当てはまらない方が少ないような。。」と思いまして。
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-26 07:16
organicfarmvlc様
そうそう、結構 自分で書いたブログを後から 読んでみると、「なに、こんな下らないこと 書いてんだ!?」とか 後悔すること 多いです。(笑)
ブラックジョークを 分かってくれてありがとうございます!
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-26 07:43
Mono様
本当に 唐突に、不躾ですね。(笑)
「あります!」と答えて、私が面白いと思うブログを紹介すれば いいのか、それとも、「全部 面白いと思わない!」といえば いいのか、 どっちでも Mono様の 求めている通りの答えで良いですよ。
Commented by きのこ at 2014-03-26 09:10 x
初めまして。あまりに負のオーラ全開のタイトル&内容で、妙に感心してコメントを。ブログを書く人も読む人も、好みは千差万別。だからotanko-aubergineさんの嫌いなトップ10も貴方なりに理屈のある事なのだと思います。

でも・・・読んでて不快感を覚えてしまいました。嫌いなブログは読まずにスルーするだけで良い気がします。他人が良かれと思ってやってる事なので、その趣味を云々する狭量さが残念です。
Commented by Sele-n at 2014-03-26 17:27
まあね、きのこさん。
ブログというのは感化されやすいものなんですよ。
テレビゲームと同じで。

でも実際海外で生活されている方のブログは不愉快なことを隠ぺいしているのですね。
日本のテレビ番組で出てくるハーフたちが決して不愉快なことを喋らないように。
情報規制の一種です。

そこのところを分かって上で読んだらいいと思います。
Commented by Sele-n at 2014-03-26 17:33
追記:
あと、日本が外国人に対して特別やさしいというのは
まるっきりウソ。
組織にかかわるとなると徹底的に排除しますからね。
これはどこの国でも同じですが。

まだハーフがテレビに出てこなかったころ、わたしなんか電車に乗ってて、女子高生にジロジロ見られたり、男子高校生なんかには指さして笑われていました…。

なぜかアメリカで外を歩いているときはそんなことなかったのですが。
と、いうより、わたしを見て
「あっ、アジア人。」
で、あとはプイ。どうでもいいや。

他の国でも外国人は苦労しますが…。
Commented by Sele-n at 2014-03-26 18:08
あと、異常なまでの白人崇拝。
見ていて虫唾が走る。

本屋さんにいっても、欧米系のものはよく売れていて、中国や中東、南米系の文化を紹介するものは欧米系のそれと比べて少ないのですね。

実は、トルコやエジプト、インドの神秘的な文化が好きなので…。

あと、中国の大陸文化。
大陸文化を見ると、日本文化が本当に似ているのですね。

欧米系の文化も、もちろん好きです。
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-26 18:13
きのこ様
私も、自分の自己満足だけで よかれと思ってやっただけのことで 別に だから何って わけでもないんですよね。っていうか、中島義道先生の「私の嫌いな・・・・」シリーズの本を元にマネして書いてみた、ブラックジョークです。
不快でしたら ごめんなさいね。
Commented by まゆ at 2014-03-26 18:32 x
私はブログは読む専門ですが、あなたのブログも同じ様な物だと思います。
なぜそんなに上から目線なのか…ご自身的には、私は他とは違うって感じなんですか?あなたもブログしている時点で自分をアピールしたい人間でしょう?笑
あなたの場合は不幸アピールばかりですけどね。
同じような事してるのに鼻で笑って見下して、滑稽です。
そんなに捻くれず、もう少し寛大に物事を見れればいいですね。

Commented by otanko-aubergine at 2014-03-26 19:30
まゆ様
そうですね。私は異常な心の持ち主なので 多分、心の病気なんだと思います。
なので、人のブログに うざうざ批判コメントを入れるのではなく、自分の所で 好き勝手に書いたまです。

 
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-26 19:36
selen様
ここで ヨコで個人攻撃するのだけは やめてください。お願します。
ここは 私のブログであって、私が 不快だからです。

ネットの世界って 私も含めて 自分の本名や現住所や学歴、職歴を書かずに 好き勝手に無責任な事言えるんです。
いわば、私も含めて 全員 卑怯な人なんですよ。コメントだけを載せるSelen様だけであっても。

Commented by Selen at 2014-03-26 21:24 x
よく考えてみたら調子に乗りすぎていました…。
申し訳ございません。
まだ青二才なので…は言い訳ですね…。

次から気をつけます。
Commented at 2014-03-26 23:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 宮田聡志 at 2014-03-27 06:34 x
こんにちは。ひょっとした事からこのブログに辿り着きました。読みながら、大爆笑してしまいました。自分もブログを書いている時に、貴方の言われている幾つかの特徴に、当てはまっている事に気づかされました。そして考えさせられました。何故自分はブログを書いているのだろう?と。自己満足と、自分の書いた事が他の人の役に立っていて欲しいという願望の狭間にあるバランスの様なもの。自戒の念を込め、更なる向上に役立てたいと思います。有り難うございました。
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-27 08:43
宮田様
ええ~~!こんなの ただの 中島義道先生の方をマネしただけの ブラックジョークなので 本気になさらないでくださいねぇ。でも、笑っていただけて 嬉しいです。
過激な描写が含まれていましたので R指定付けなくちゃダメみたいでした。(笑)
Commented by Selen at 2014-03-27 08:54 x
すみません、これもヨコ攻撃かもしれませんが、
気に入らないブログや記事があったらスルーするのが
正しい対処法なのでは。わざわざ書き込まなくても…。

わたしも海外生活のブログは見ますが、写真を見るだけで記事はあまり読みません。

まあ、身近なものでいったら、気に入らないテレビ番組があったらテレビを消したらいいだけ、気に入らない本や雑誌があったら買わないようにするだけ。

それを買え!って強制されているわけじゃあるまいし。

そこを選ぶのは個人が決めること。
気に入らなかったら相手にしないのが一番です。
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-27 09:08
Selen様
そうなんですけど やっぱりネットって どこの誰かも分からない人に どこの誰かも分からない人が 好き勝手に 無責任な事言う世界なんですよね。だから はっきりいって ブログ書く方もコメント書く方も どっちも 卑劣で 目くそ、鼻くそを笑う 状態だと思うの。
それでも書き込む人っていうのは 単純にどういう反応してくるのかが 楽しいだけですからね。
Commented by Selen at 2014-03-27 09:12 x
それがネットを使う点での問題でしょう。
Commented by Selen at 2014-03-27 09:12 x
(連続投稿すみません)
あと、イギリス(と、いうよりどこの国でも)もそうかもしれませんが、みんながみんなテレビやブログで見るような生活をしているわけではありません。

わたしがアメリカにいたときも、まわりの人たちの生活は日本人と変わりはしませんでした。

学生は学校に勉強に励む(不真面目な生徒も大勢いたのですが、これは日本も変わらないでしょう)、社会人は会社に行って働く。

毎日のようにレストランで食事をしたり遊園地に行ったり、パーティーを開いていません。

と、いうより、そんな遊び呆けた生活をしている人なんて皆無でした。

アメリカ人のすべてがキリスト教を信仰していることはないし(むしろ、信仰していない人が大勢です。たとえ宗派がキリスト教であっても教会には行かなかったり)、ダンスパーティーで踊っているわけではないのですよ。
Commented by Selen at 2014-03-27 09:32 x
あとね、ハーフのみんながみんなテレビで出てくる生活をしていることないんですよ。
あれはハーフのなかでも金持ちのところに生まれた(主に白色人種との)ハーフを取り上げているだけ。

実際、「ハーフだからって調子に乗っているよね」なんてそれこそ言われまくっていたのですが、わたしはテレビに出てくるハーフ芸能人のような豪邸には住んでいないし、ピアノは少々弾けますが、バイオリンは弾けない。
海外旅行にも毎年のように行きません(これは誰でもそうですが)。

学校も普通の公立学校に通っていましたよ。
と、いうより誰もが誰も、私立の学校に通うわけないでしょう?

むしろ、ハーフ芸能人を取り上げられてからの僻み嫉みがうっとうしい。
そんなに純粋な日本人っていけないのですか、というぐらい。

いい加減にしてくれ、マスメディア。

すみません、コメント欄で意見を書きすぎてしまいました。
気に入らなかったら削除してください。
Commented by ボンジュ at 2014-03-27 10:30 x
はじめまして。海外在住ですがイギリスやロンドンのように情報が溢れている国ではないので、日常生活のお役立ち情報や、お店情報を載せているブログはとてもありがたい存在です。そういうブログがなかったら損をしていたこともたくさんあります。何せ言葉ができないので(日本人どうしの夫婦です)自分たちの力だけでは本当に大変なんです。そういう役割もあるということで、、、ご参考まで。
Commented by Selen at 2014-03-27 17:02 x
ボンジュさん。

貴重なご意見ありがとう。

なんだか日本のメディアってアメリカやイギリス、フランスなどといった先進国ばかり紹介していて、それが海外って思う人が多いのですね。

実際にはヨーロッパでも貧しい国なんてありますし(共産主義国だった国や旧ユーゴスラヴィアあたりなど)、南米や中近東、アフリカなんて
それこそ情報が入りにくいのですよ。日本などの先進国に住んでいる限り。

そこに住む外国人って苦労しますよ。

かくいうわたしも、国際都市なんかには住んでいなかったので、学校で苦労しました…。
Commented by sachizoo at 2014-03-27 23:16 x
確かに。
otankoさんのブログは画像もないし
文字を装飾したりも一切ない!
とてつもなく地味‥

でも、文章だけでコレだけ
引き込まれてますアタシ。
笑あり、涙あり、
オシャレな話とか全然ないですが
純粋に面白い読み物として楽しませてもらってます。
何気に失礼な事言ってますかね(^_^;)
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-28 06:40
ボンジュ様
はじめまして。ハイ、真面目に回答くださって ありがとうございます。
Commented at 2014-03-28 06:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-28 06:45
sachizoo様
全然 失礼じゃないです! むしろ嬉しいですよ!読み物としていただいて ぜーんぜん 結構です。つうか それこそが 役者冥利に尽きると言うものです!あ!間違えました。役者じゃなくて ブロガー冥利ですね。(笑)
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-28 06:47
鍵コメ・Aさん
そう、これ 今 みんなに突っこまれてます。(笑)そっちで。
メッセージ、送ります。
Commented at 2014-03-28 15:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by otanko-aubergine at 2014-03-28 18:03
↑様
見てみましたよ。メッセージしますね。
Commented at 2014-03-28 18:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆう at 2014-03-29 17:59 x
>なんだか日本のメディアってアメリカやイギリス、フランスなどといった先進国ばかり紹介していて、それが海外って思う人が多いのですね。


日本のメディアってアメリカやイギリス、フランスなどといった先進国ばかり紹介しているかしら?

個人的にそういう印象はあんまりないです。
テレビをつければブータンやネパール、旧東欧国や南米やアフリカに里帰りしただの日本レストランやってますだの結婚してそういう国々に暮らしていますだの、行ってみたら実はこうだった的なことばかりやっている印象の方が強いです。テレビはメディアに入らないのだったら違うかもしれませんが(笑)。
フランスに幻想を抱いているのって40代以上の人という印象ですし・・・(中高年向け以上の雑誌にそういう特集が多いw)。
そもそも外国に興味が無い人も日本には多いと思いますよ。
Commented by まり at 2014-04-06 10:37 x
イギリスの愚痴を大文字にして書くぐらいは突っ込まないで流してあげればいいのにと思いました。
そういう手法で装飾したブログ書いてる人の目に入った時に嫌な気持ちになるようなことをはっきり書かなくても…
Commented by 通りすがり at 2014-04-17 12:17 x
「他人は自分を映す鏡」ですよ。

あなたはこんなに長々と他人を批判する文章を書いてて楽しいですか?
Commented by べつの通りすがり at 2014-04-18 05:15 x
ここはotankoさんのテリトリーなのですから、好きなことを好きに表現する権利があるが当然のことと思います。コメントで批判的なことを書いてらっしゃる方々の方こそ、流すのが礼儀ではないでしょうか。otankoさんはべつに他人のブログを荒らしているわけでもなんでもないんですから。私も海外在住ですが、個人的にotankoさんの感じ方は、過激でもブラックでもなく、至極普通のことのように思いました。
Commented by んー at 2014-04-21 18:42 x
結婚できない人間の嫉妬にしか見えないような気がするのですが…
Commented by はるもにあ at 2014-04-29 21:03 x
いろんな見方があるとはいえ、読んでいて悲しくなりました。
Commented by 通りすがり at 2014-05-18 04:35 x
確かに昔と比べると欧米先進国を対象にしてばかりのTV報道ではなくなりました
でも欧米相手まで含めて今海外を取材してる番組って基本的に見下し系が多くないですか?日本人がこんなことしてやった、日本のコレコレがこんなに大人気とか・・・日本人っていつからこんなに恩着せがましく傲慢になったのか。昭和~バブル期の報道知ってる40過ぎの自分には本当に気持ち悪いです。日本だって80年代頃までは欧米をパクってばかりだったのにね

日本人のこうした変化は海外にも少しずつ広まりだしてると聞きます。他アジアに比べて米国への日本人留学生が少ないことについて日本人は自分の国が世界一だと思ってるから留学しないんだろうって米国人がコメントしたってネットで見たけど、これ皮肉でしょ
Commented by Sele-n at 2014-06-01 17:10
国際化=欧米化というのは考えものですが、日本人だってアジア系見下すでしょ。

『闇の子供たち』
読んでみてください。

サイト『ブラックアジア』も見てください。

日本人が東南アジアで買春するため、現地人から反感を買われていると思っていらっしゃらないのですね。
Commented by Sele-n at 2014-06-01 17:23
ゆとり教育のせいで、日本人は成長しなくなりましたね。
ゆとり世代がクソなせいでさとり世代が生まれたのですよ。

これだけは言えていると思います。
Commented by ははは at 2014-06-16 04:42 x
みんなそれぞれ、でいいですね。私にはブラックジョークというより、駄目出しっぽい感じで、大爆笑させて頂きました。 
ブログに書くほど嫌いなのがよーく分かりました。R指定というより、ネガティブな人のみ閲覧にした方がいいですねー (冗談ですけど)
Commented by strangerX at 2014-06-22 20:45 x
初めて通りすがってコメントさせていただきます。
嫌いな10の海外生活ブロガー、なるほどうなずけるかと思ったけど、まあ考えたら他のカテブログでも似たような事言えるのかなって10ですね。うん、ほんとネガティブブログ・・・もうちと1記事ずつ短ければ購読したいとこだけど、ダラダラだと1回の訪問でうんざりしました、失礼。。
Commented by ko at 2014-07-21 22:08 x
hahaha-
おれのことか?笑

そもそもブログは、
情報発信してる人もいればしてない人も居るし、
何のために書いているのか人それぞれ違うからなー。



ま、おれもあんたが書いた文に対して
批判するつもりなんて全然ないけどさ、

いやなら読むなって話じゃね?w

Commented by 山下 at 2014-08-04 00:22 x
心が貧しい
Commented by 通りすがり at 2014-08-16 17:42 x
このブログ主は何様なんだ。
心が狭すぎる…
自分だって鼻糞みたいなブログ書いてるくせに。
何でこんなに上から目線なん?

つーか、 Sele-nってヤツもなんなの?
ブログ主では無さそうだけど、ブログ主より目立ってるけど。
私ハーフなの♡素敵でしょ!!って感じ?ここのブログ主より痛い。
Commented by パンダパンダ at 2014-08-16 20:00 x
他人のすることにいちいちケチつけるな。自分はどうなのよ?
愚痴が多いとか情報操作してるとか、それってあんたも同じじゃね。
隣人の悪口書いたり、国際結婚は勧めないって言ったりしてさ。

それともあんたは誰からも批判されないすんげーこと書いてるの?
ふらりと立ち寄っただけだけど、コメントせずにはいられないぐらいめっちゃ不愉快。
Commented by gragra at 2014-11-25 16:52 x
http://yaplog.jp/abbymama/archive/577 こういうブログのことですね....
Commented by touppie at 2015-03-13 16:34 x
わたしはFaceBookを一応表の顔にしています。ブログを何度か書いては途中で飽きてしまってを繰り返してきました。仕事柄いろんな人間(外国人)に会ってきましたが、日本人は、かなり強烈な劣等感と競争心があると思いました。大人になっても子供のままでいる人が多い気がします。バランスのとり方がへたくそなんでしょうね。大舞台で大見得切ったぐらいの感覚で居られたらいいと思う。外人が亭主だろうが、独身だろうが、人間が悪けりゃ【一緒にいて気持ちがいい人間か】どうしようもない。多少でもお金を稼ぐだけの力があれば、人間もまあるくなるだろうしね。やっぱり、バランス大事!ネガティブなことにエネルギー注ぐのはやめたほうがええで!
Commented by cazorla at 2016-04-15 22:55
おもしろかった。 これ 今まで読んでなかった。
力作。
また なんか こんなの書いて。
Commented at 2016-06-06 01:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ネコ at 2016-07-07 01:19 x
分かります。ほんとウザい国際結婚ブログ多いですよね。私が嫌いなのは子供が何歳になったとか学校でこんなことありました~とか。どーでも良いしって感じです。あと子供がハーフだからって見て欲しいのか平気で顔写真載っけたり…日本に居てる家族に近況報告代わりに書いてるって人もいますがそんなにしょっちゅう報告しないと不安なら国際結婚するなよって思います。
私も応援ポチボタンは絶対押しません。一般女性がどこに誰と住もうがどうでも良いからおとなしくしとけって感じです。
やはり日本で目立てなかったので注目して欲しいのかな?って思います。色々書いちゃってすみません。
Commented by pinokolargo1009 at 2016-07-12 21:06
ネコさん
横入りすみません。
仕方ないですよ。国際結婚した方の
大半は国際結婚が人生の目標なんで
しょうから。例えばスポーツでプロ
入りしたいとかアイドルになりたくて
その夢が叶ったというパターンと
同じなのではと。なのでブログで
思いっきり見せびらかしたいんだと
思います。
私は結婚したての方のお花畑ブログ
ではなく(結婚だの赤ちゃんだの
は特に興味ないんで。)国際結婚
30年、40年目という方のブログ
なら興味あります。
Commented by なかぼん at 2016-09-20 08:51 x
人が好きに書いてるんだから、いいんじゃないですかね。それを面白いって見る人もいるし、自分の現状と比較して、まだまだ私はいいほうだって思う人がいます。
あなたのブログも見てて時折不愉快ですけど、それは私の主観なので、そういうもんだなって。
人はお互い鏡ですもの。
自分の中のストレスとか思いを発散できずに鬱になるよりかは全然いいですよ。逃げ場を作ってあげましょうね。
ちなみにこのような、海外在住者にありがちな人をディスるブログも数多くありますね
Commented by なかぼん at 2016-09-20 08:51 x
人が好きに書いてるんだから、いいんじゃないですかね。それを面白いって見る人もいるし、自分の現状と比較して、まだまだ私はいいほうだって思う人がいます。
あなたのブログも見てて時折不愉快ですけど、それは私の主観なので、そういうもんだなって。
人はお互い鏡ですもの。
自分の中のストレスとか思いを発散できずに鬱になるよりかは全然いいですよ。逃げ場を作ってあげましょうね。
ちなみにこのような、海外在住者にありがちな人をディスるブログも数多くありますね
Commented by なかぼん at 2016-09-20 08:51 x
人が好きに書いてるんだから、いいんじゃないですかね。それを面白いって見る人もいるし、自分の現状と比較して、まだまだ私はいいほうだって思う人がいます。
あなたのブログも見てて時折不愉快ですけど、それは私の主観なので、そういうもんだなって。
人はお互い鏡ですもの。
自分の中のストレスとか思いを発散できずに鬱になるよりかは全然いいですよ。逃げ場を作ってあげましょうね。
ちなみにこのような、海外在住者にありがちな人をディスるブログも数多くありますね
Commented by こんばんわ at 2016-10-05 00:28 x
貴女が嫌いなブログも、貴女のブログも、どこが違うかわかりません。結局ブログは自己満足なんですから。
Commented by Да at 2017-04-07 00:38 x
FF外から失礼するゾ~(謝罪) このブログ面白スギィ!!!!!ブーメランとびかっててクソワロ太鼓ドンドンwwww自分、リプいいっすか? 淫夢知ってそうだから淫夢のリストにぶち込んでやるぜー いきなりリプしてすみません!許してください!なんでもしますから!(なんでもするとは言ってない)
Commented by 駐在妻 at 2017-06-12 23:24 x
こんにちは。とっても前のブログへのコメント失礼します。
先月、夫の仕事でイギリスへやって来ました。
働き詰めだった生活から毎日家でゴロゴロ主婦に変わりました。英語もからっきしであまりに暇というか孤独なので、誰かと繋がりたくて日本では無縁だったインスタとかフェイスブックを始めてみよう!と思い、日本の友達に友達申請をしようとした刹那、もしかしてこのタイミングで始めたら海外生活をアピールするみたいで私ウザいのではないか?と思い、Yahoo!で「海外生活 SNS ウザい」で検索したら、ここにたどり着きました。
ブラック!と思う事もありましたが、8割ぐらいは同意見です。
ブログに、ポチお願いします!とあったら私も絶対しないし。まぁそれはそれでその人の考え方なのかなぁとは思いますけどね。
でもここに書いてある事、日本で生まれ育って海外とは無縁な生活をしている人が見たら多分共感する人多いと思います。
現地人の旦那さんを動物の名前で呼ぶとか以前チラッと見たブログで思い当たるのがあって笑ってしまいました。
とりあえず私がやろうとしてる事、ウザいって思う人いそうだなと。ましてやSNSでやろうとしてるなんて…自分を客観的に見る事が出来た気がして目が覚めました。
蛇足ですが、ハーフに限らず日本にも、自分の子供の写真だけをアップし続ける親はいますよ。
親族に見せたいのであれば、親に送れば自ずと広まるし、友達はあなたの子供に興味無いよ。そのイイね!は社交辞令だよと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

by otanko-aubergine