ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

訛り

あまりにも テレビ番組がつまらないもので・・・・。

昨日は 日本人友達から 借りた、DVD鑑賞しました。

トム・ハンクス主演「ターミナル」 です。

私は 前に一回 この映画を見たことがあったのですが カナリ前だったので 内容を忘れましたので もう一回 見たくなったのです。
ハートウォーミングな映画だったのは 覚えていたんですが、細かいことは 忘れてしまいましたので・・・。

で、久しぶりに見て 改めた感想。

トム・ハンクスの あの 東ヨーロッパ訛りが ものすごい!!!天才的というか、秀才的!!というか。

もう、ただただ、それに つきます。

私、マジで トム・ハンクスって 英語が話せないのかと思ったくらいです。

東ヨーロッパの人のアクセントって ああいう感じで英語を話すし、また 彼の役の母国語も トム・ハンクスが アドリブで 作り上げた、実在しない言語だそうで。

でも、でも 完璧でした。

あのアクセントから 何から、 もう 溜め息もんです。

旦那も 絶賛してました。

インタビューで 普通に トム・ハンクスが英語を話してたことに 驚いてしまった・・・・・。

当たり前ですが・・・・。


それで言うと、イギリスに来てから もう 何十回もテレビで放映されている

「ブリジット・ジョーンズの日記」

の、主役・ブリジット役のレニー・ゼルヴィガーも 完璧なイングリッシュ・アクセントですね。私、イギリス人だと思ってましたよ・・・。


反対に 不思議に感じるもの。
ディズニ―映画でない、実写版「ピーターパン」

これも ウェンディ他 子供はイギリスアクセントなのに ピーターパンだけが ものすごい 強いアメリカンなアクセントなので 興ざめします。

だって、あれって イギリスのロンドンの話でしょ・・・?何故に ピーターパンが アメリカ人・・・???

と。

それと、
「メリーポピンズ」

の、バートおじさんの ディック・ヴァン・ダイク。

どっから どう聞いても アメリカ人の声にしか 私には 聞こえないのですが 旦那を含める、イギリス人からすると 一生懸命イギリスの ロンドン、コックニーアクセントを真似しているようで、しかも ぜーんぜん ダメで、
ものすごい 笑えるそうです。


それと、この前 久しぶりに レオ様主演の「タイタニック」を見たのですが、 彼の役は アイリッシュの役だと思ってたので これにも レオ様の バリバリアメリカ英語にひきました。

ぜんぜん アイリッシュじゃないやーーん!!!

って。そこに 興ざめしてしまうんです。

でも、後から 調べたら レオ様の役は アメリカ人の役なんですね。
けど、どうして あの時代に 旅人でアメリカから イギリスに来たのか 設定に無理があるような・・・・。

と、思ってしまいました。
立派に へんくつ婆さんの道を 歩んでます。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2013-01-06 22:40 | イギリス生活 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

by otanko-aubergine