ブログトップ

国際結婚は勧めないっ!!!

otankoaube.exblog.jp

国際結婚、海外生活に憧れている人は 決して見ないでください!! 耳障りの良いことは 一切書いてません!くらーいブログです。

GPでのケンカ

まだまだ GPのムカついたことがあります。

っていうか、私の世界って、家か、病院か、スーパーマーケット位しか世界がないので スビバせぬ・・・。


旦那が前の記事で書いたように ひどい頭痛で救急車騒ぎになったあと、(その時の記事は こちらから)
彼専用のナースに電話で サジェストされたのは いつも飲んでいる薬を もう一つ 余計に飲むこと。

その当時、2錠服用していたのですが、マキシマムで4錠まで OKとの事。

旦那は 次の日から 3錠服用して 症状が改善されました。

で、そのまま 3錠服用してるんですが・・・。

当然、今まで2錠が、3錠に増やしたため 手持ちの薬は 減っていきました。

そして 私は GPに 薬のリクエストをしに行ってました。GPに 薬のリクエストを出すと 近くの薬局に 直接、処方箋が送られて、48時間後だったかに 薬局に直接取りに行けば もらえる。。。。ということになっているのです。

でもって この薬だけ リクエストを出していたんですが 薬局に行けば

「え、まだ、用意が出来てないみたい。だから 明日か、明後日かに また 来てみて。」

とか言われたりもしました。

もちろん、余裕を持って 薬のリクエストを出しているので 緊急じゃないですが ここは イギリスなだけ 私は 心配なワケですが。

あるときは 他の常備薬と一緒に リクエストしても この薬だけ入ってなかったこともあって、文句を言った事も 数回。

それに、

「GPから 処方箋が送られてきてないみたいよ。私達は どうにも出来ないから GPに文句言って。」

と言われて GPに言いに行ったことも 数回。

「あと ○日後に 受理されるから。」

とか今になって 考えれば 意味不明なこと 言われてましたっけ。

私は ここの医療システムとか さっぱり ワケ分からないので そういうものなのか と思ってましたが。


でもってですね、いよいよ 旦那のこの薬が 底をついてきた時に まだ 受理されてなくて 焦ったのです。

っていうのも、この2錠から 3錠に増やした薬を 止めるときには 3錠から 2錠にして 2週間、体に慣らし、2錠から1錠にして 2週間、体に慣らし・・・・・というように だんだんに体に慣らしてから 止めなくてはいけません。
このことは 前に この薬を一回 止めたことがあるので 経験済みです。

ですので、「薬が無い状態」になって 突然 飲めなかったら・・・・・
と、考えると こっちは 気が気では ありません。
もちろん、症状だって また出てきてしまうかもしれないし・・・・。

とにかく 不安でした。

薬局に 行けば、

「GPから 処方箋が来てないから 私達は 何も出来ないわ。だいたい この薬は 今、ウチにないし。2週間後にならないと 入ってこないし。」

とか言われたんですが、もちろん、今の手持ちの薬が あと2週間も 持つはず無いんですけど!!!

血相を変えて GPに 飛び込みます。

「かくかくしかじかで どうしても この薬が必要なんですけど。」

すると 受付のババア、おもむろにPCで 履歴を見て・・・・・。

ババア「あんた、この前は ○月×日に 薬が出てるじゃない。それで 今 何錠飲んでるのよ。え?3錠?じゃぁ 足りてるじゃない。」

でも 実際に 足りてないんですけど・・・。

私「でも 足りてないし、もう無くなるんです。」

ババア「足りてるはずでしょ。だって 84錠入ってるんだから 一日3錠で、ほら、足りてるじゃない。」

私「あ、そういえば その箱 84錠じゃなかったです。56錠入りって 書いてありました。」

ババア「そんなの、私達に言われても 知らないわよ。それは 薬局に言ってよ。私達の落ち度じゃないんだから。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

でもさ、もう その箱の中身、なくなっちゃったんで 箱ごと捨てちゃったんですけど。

それを どうやって 説明するのさ。

でもって いま 現実に 薬がない って言ってるっつうのに それに対して 処置してほしいのよ。

84錠だか、56錠だか もう どっちでもいいんですけど。

押し問答は 続きました。

そして 私も とうとう ブチきれました。

私「っつうか、とにかく 私達は 薬が ない って言ってんの。この薬は ものすごく大切な薬なのよ。
あんた達、旦那のこと 殺す気!!!?????」

もう ラチあかないので わめきました。叫びました。

最終、ドクターが出てきて、

医者「今日の分の薬はある?」

私「ハイ・・・・。今日のは あります。」

医者「じゃぁ 明日には 出るようにするから。」

という、鶴の一言で 終わったんですが、ほんと 不愉快!!!!!

っていうか、私が 理解したことには こういう内容だったのです。

GPの この常備薬は 4週間分の薬が出ているらしのです。で、薬をもらってから あまりに早くに リクエストすることができないらしいです。
私は 2週間をきったら いつも リクエストをするようにしているのですが。

で、この前の頭痛騒ぎがあるまで 旦那は2錠飲んでまして、突然3錠に増やしました。

GP側は 2錠服用していると思っていたので 28日間で 56錠。当然、計算が合わなくなっていったのです。

私達が 3錠飲んでいると、伝えたのは だいぶ、後だったので。

っていうか、こういう薬の服用の数の変更など まったく 裏で繋がってないんですよね。

町のGPと、その病気専門の大きなホスピタルとで。

毎回、行くたびに どの医者も

「で、あなたは 今 なんの薬飲んでるんですか?」

とかって 聞かれますから。ほんと、イチから ぜーんぶ説明しなくちゃいけないんです。


でもって ですから GP側は2錠のつもりの計算だったらしいのです。

ま、だって この頭痛騒ぎで GPに連絡したところ 救急車を呼ばれただけだったのですから。


私は 薬が足りなくなったら リクエストすれば すぐに薬を貰えるものと思っていたのです。

薬の変更があったら いちいちGPに言わなくちゃいけないらしいです。
この 使えないGPに。

でもさ、そんなに計算して 薬を出しているんだったら 私が わざわざGPに薬のリクエストをしなくても よくないか?

勝手に計算して 次の薬がなくなる前に 必ず、ウチに送ってくれ!

と 言いたい。

こっちだって いちいち 手間なんだよ。
リクエストしに行って また 違う日に薬局まで 薬を取りに行かなくちゃならないんですから。


今でも あのケンカした受付のババアと 会う機会が もちろん、あるのですが お互いに 目も合わせません!

まぁ 向こうも ぜーーーったいに

「あ、あの中国人が また来た。」

とか思ってると思いますがね。

もう GP変えたいー。ほんと、あのGP,最悪です。

っていうか こんなにシリアスな病気の状態でGPを変えても なんの問題もないと 思ってしまうくらいヤブです。

だって どうせ 旦那の担当医といわれる人だって 旦那の状態とか 細かく覚えてないだろうし。

むしろ新しく変えたほうが 旦那の状態を把握するために 過去の病気のヒストリーを調べてくれるんじゃね?
と 思ってしまいます。


だからですね。

今、もっとも頼れるのは ホスピスのナースなのです。

24時間、いつでも 困ったら電話していい というサービスは それだけで 私達に安心をもたらせてくれるのです。





にほんブログ村
[PR]
by otanko-aubergine | 2012-06-02 22:53 | イギリス生活 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

by otanko-aubergine